上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
8月1日~2日 夜の釣行。

釣れない時間が過ぎて、やっと感じたアタリに合わせると、
自分記録更新 21cmのブルーギル。
20140802 知多 ブルーギル 21㎝

日本産には感じないボディーカラー。
ブルーギルも、大きくなるとこんな感じになるんだ。
そして、次に来たアタリも・・・
ブルーギル
20140802 知多 ブルーギル 15cm
一つ目の池は、ブルーギルDAYで終了しました。


二つ目の池では、小バスがいっぱいだったので早々に移動です。
20140802 知多 小BASS

・・・

今晩、三か所目
ここでは、いきなり。
20140802知多 ブルーギル 16cm

ここでも、ブルーギル。
今日は、そういう日なのでしょうか。

コツッ!
と手元に感じたあたり  ・・・またブルーギルかと疑ってしまいます。
でも、今度のは、合わせてからの重量感が違いました。
やっと、BASSが来ました。
30cmというところですが
20140802 知多 BASS 30㎝

ここからは、短時間であと2本追加
29cm
20140802 知多 BASS 29cm

サイズアップの34cm
20140802 知多 BASS 34cm

今回は、40cmを超えるサイズは出ませんでしたが、
なんか、数だけはたくさん釣ったような気がします (^^
大きなブルーギルも、釣れたしね。
スポンサーサイト
2014.08.03 Sun l 釣りのこと l COM(2) TB(0) l top ▲
さて、BASSを2本獲って、
他の池に移動してきました。

ここは、先日(7月4日)に
ノーシンカーイモグラブのデッドスローリトリーブで、
時々、「チョンチョン」と極小さなトゥイッチを入れる、
というパターンが良かった池です。

でも、最初に投げたのは、いつものゲーリー4inグラブです。

スローに、スローに引いてきます。
あっちのポイント、
こっちのポイント、
順番に攻めていると、

コツン…! と竿先が入りました。

少しスマートな 40㎝ 
20140706 知多 BASS 40㎝

ポイントを変えて、
35cm
20140706 知多 BASS 35㎝

ここで、グラブのしっぽを切って「イモ」です。
先日のパターンを試してみます。

先ほど40㎝を獲った時と同じコースを通します。
スローに、スローに、少しトゥイッチ。
このパターンで、
やっぱり来るんですね。
37cm
20140706 知多 BASS 37㎝

この後、アタリが来なくなったので、
さっきの池で使ったドライブスティックの「イモ」に換えて、
また飛距離を稼ぎます。
いままで届かなかった、ブッシュ脇までキャスト。
着水し巻き始めた時には、もう喰っていました。
33cm
20140706 知多 BASS 33㎝

7月になり、ハイシーズンになって来たこともあるのでしょうか、
40UP×2本、30UP×4本の釣果。
気持ちのいい釣りができました。
ありがとう。
2014.07.09 Wed l 釣りのこと l COM(0) TB(0) l top ▲
7月5日夜~6日にかけて

6日(日曜日)も天気は雨の予報だから、写真は難しいかな。
それで、
先日(4日)に釣に行ったばかりなのに、今晩も知多半島の野池に出かけます。

いつものように、ゲーリー4inグラブを投げますが反応はありません。
一通り、めぼしいポイントを攻めたので、
池の真ん中=水草のど真ん中を狙います。
(先日は、このパターンでいいサイズが来ています)

しかし、投げても、投げてもアタリはありません。
ここであきらめて、別の池に移動するのが通常なのですが、
今晩は、粘って見ようと思っています。

投げるコースを少しずつ変えて、水草の上を通していきます。
そしてやっと …コッ!
すごく小さいアタリでしたが。
38㎝
20140706 知多 BASS 38㎝

今度は、ワームをO.S.Pドライブスティック3.5inに換えました、
飛距離が欲しかったからです。
ルアーのキャストできる範囲を一通り攻めましたが、
何も反応のない時間が続きます。
ふと思い立って、ドライブスティックのしっぽを切って、「イモ」にしてみました。
これで、また少し飛距離が稼げるかもしれません。

これが良かったのか、どうかわかりませんが。
少しだけ遠くまで飛んで着水。
リールを、一回、二回巻いたところで、
コツン・・・と、すごく小さな違和感に合わせると。
43cm
20140706 知多 BASS 43㎝

それから、しばらく粘ってみましたが、
この2本を獲ってからアタリは無く、他の池に移動です。
2014.07.08 Tue l 釣りのこと l COM(0) TB(0) l top ▲
7月4日
写真で出かけようと思って平日休みを取っていたけど。
天気予報は雨。
実際、木曜日の夜の時点で雨は降り出しているので、明日は期待できないな。

であれば、知多半島の野池でバスを狙いましょう。

池に着いたのは、深夜0時ごろ。
この雨は我慢しますが、風が強くて水面が波立っています、
キャストしても、ワーム(グラブ)がどこに飛んで行ったのか良くわからない。
だから、どんなコースを引いているのか見当もつかない。

そんな状況でキャストを繰り返していると、
ひとしきり、雨が強くなって、
いよいよ、車の中に逃げ込むかと考えていた時、
強かった雨が、次第に弱くなり、そして上がりました。
雨が上がると同時に、
あんなに吹いていた風もやんで、水面も静かになりました。

これで釣に集中できると思って、1時間ほど粘りましたが、
アタリは、なんにもなし…他の池に移動です


さて、移動してきた池。
ここでも、風はありません。
気分を変えて、キャストを繰り返しますが釣れません。

・・・
場所を変えて、本日三カ所目の池。
ここでも、1時間ほど頑張ってみましたが、アタリなし。
ただ、もう少しキャストの飛距離を伸ばしたくて、
グラブのしっぽを切って「イモ」にしました。
これで、あの奥のポイントまで届きそうです。

暗い中ですから、正確には狙えませんが、
キャストして、その巻き始め。

竿に感じた、コツッ! という響き。
そのまま合わせると。
やっと、今日の1本目です。
36cm
20140704 知多 BASS 36㎝

その後は、
イモグラブノーシンカーのデッドスローリトリーブで。
時々、「チョンチョン」と極小さなツゥイッチを入れる、
このパターンで、たてつづけに。
35cm
20140704 知多BASS 35㎝

34cm
20140704 知多 BASS 34㎝

33cm
20140704 知多 BASS 33㎝

アタリすらなかった状況から一変して、計4本。
グラブでは反応しなかったポイントで、
今までどこに隠れていたんだろうという感じでヒットしてきました。
2014.07.07 Mon l 釣りのこと l COM(0) TB(0) l top ▲
6月26日は休みでした。

それで、25日の深夜から、バス釣りに行ってきました。
先回、40UPを獲っている池を攻めます。

先回と同じように、水草の脇にキャスト。
デッドスローで、ゆっくり、ゆっくりルアー(グラブ)を巻いてきます。
だけど、このパターンでは反応がありません。
1時間近くアタリが無いと、
今日はダメか、別の池に行こうかなと考え出したりします。

キャストして、
狙いたいポイントを、グラブが通過して、
 (アタリが無い状態が続いていたので、集中力も欠けてきていました)
ルアーを回収しようと、リールを早く巻いて、
グラブが水面に引き波を立て手前に寄ってきたとき。

目の前で、ボコッン!!
という捕食音とともに、水しぶきが上がりました。
ひったくるように走るラインに合わせて上がってきたのは。
40cm
20140626 知多BASS 40㎝

今日は、このパターンかと思って。
いままで攻めてきたポイントを、グラブの表層引きで、もう一度チェックします。
が…何も、反応なし。


ふと、池全体を見渡して。
投げていない箇所は、池の真ん中=水草のど真ん中かなと思い、
グラブのしっぽを切って、「イモ」にして投げます。

1投目、2投目。
水草の引っかかりを感じながら、モソモソと引いていると、竿が重くなりました。
…早々に、水草に引っかけたかな。

ゆっくり竿をあおると、やっぱり重い。
でも、根掛りのような重量感に先に、何かが竿を引き込むのを感じました。

ん!?

そこで、竿を強くあおると。
バシャ!!
水面を割ったのは、魚の暴れる音でした。

それ以降は、水草のまっただ中でのファイトです。
一発暴れてから水草の中に突っ込まれたようで、
魚の引きというよりも、根掛かりのような重量感だけ、
ラインを切らないように少しずつ寄せますが、動かない…

いや、少し寄せられるけど、また動かない。
そんなやり取りをしながら、
やっと、手前まで寄せて来て、水草の重量感がなくなって、
何度かジャンプしながらも、出てきたのは、
44㎝
20140626 知多BASS 44㎝

その後、同じように水草の中を狙いますが、それ以降は何も反応なしでした。


いつのまにか、夜の暗さが霞んで夜明けの気配です。
少し空が明るくなり始めました。 ここで、今日まだ投げていない所は、
あの木の下。
池に張り出してかぶさるようにして立つ木の下は、暗闇では投げきれませんでした。
ちょうど減水しているため、水面と枝との隙間も空いています。

低い弾道で、グラブをキャストすると、
枝の下に吸い込まれて、木の根元、減水で露出している向うの地面に着地しました。
リールを巻くと、小さな着水音がして、かすかな波紋が岸際に立ちます。
そのまま、ゆっくりとリールを巻くと…巻くと…

クンッ! と竿先が入りました。

来た!!
37cm
20140626 知多BASS 37㎝


一つの池で夜明けまで竿を振り続けて3本。 楽しい時間をありがとうでした。
2014.06.29 Sun l 釣りのこと l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。