上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
会社にある椎の木の根元に、この時期になると、毎年同じキノコが生えます。
それも今年は、例年になく爆生しています。
オオワライタケ 1310-01

黄色いような、茶色いような
(見た感じ美味しそうな子達が)
あっちから、こっちから、
大きな株を作って、モコモコでてきました。

いつも、このキノコは何者なんだろと興味がわくのですが、
なかなか正体がつかめずに、今にいたっています。
オオワライタケ 1310-02

先日、ネットで調べていたところ。
どうやら、『オオワライタケ』に特徴が似ているようです。
オオワライタケ 1310-03

もしも、食べられるキノコだったら、
本当に大笑いしていたかもしれませんが、
ここは、やっぱり毎年の発生を楽しみに観賞用ということで、愛でましょう。

   オオワライタケ
写真は全て
撮影: 2013年10月30日
機材: Canon PowerShot A495
    オート

スポンサーサイト
2013.10.30 Wed l キノコ l COM(2) TB(0) l top ▲
朝から曇り空。
気温も低くて、蝶の姿をあまり見かけませんでした。

公園からの帰り道。
少しでも日当たりのいい場所をと思って、
(日当たりが良ければ蝶がいるかなと思って)
いつもと違う道に出て休耕地に寄り道しました。

その場所で、
なんかのキノコ。
キツネノタイマツ 1310-01
撮影  2013年10月14日  
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)   1/1500   F3.5


見た感じは、スッポンタケに似ています。

調べてみると。
狐の松明 『キツネノタイマツ』 というキノコらしいです。
キツネノタイマツ 1310-02
撮影  2013年10月14日  
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)   1/4000   F3.5


スッポンタケ科、スッポンタケ属。
2013.10.18 Fri l キノコ l COM(0) TB(0) l top ▲
「キクラゲ」で変換すると「木耳」と出た。
木の耳とは、いい当て字だなぁと感心した。

昨年も見つけていた、ハナビラニカワタケ (と思われるキノコ →過去記事参考)
この梅雨の雨で、ふやけてプルンプルンになっていた。 
ハナビラニカワタケ 1006-01
撮影  2010年6月19日 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  1/45  F3.5  EV-0.5



この姿を撮ってから、
そういえば、アラゲキクラゲも傘が広がっているかなと、
キクラゲが生える木を見にいった。
アラゲキクラゲ 1006-01
撮影  2010年6月19日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/30  F6.7  EV+1.0


晴天が続くと、お店の乾物コーナーで売っている姿と同じに、
カリカリに縮んでしまうキクラゲだけど、
雨にあたって、やっぱりこちらもプルンプルン。

なるほど、木の耳だ。

2010.06.24 Thu l キノコ l COM(0) TB(0) l top ▲
食べられるらしいが。
もしもなにかあると、大変なので・・・

写真は、10月3日撮影。
ほんの1cm程度の、小さなゼラチン状のキノコが、
木の幹に張り付いているのをみつけた。
ハナビラニカワタケかなぁ~と思いながら撮った一枚。
ハナビラニカワタケ 0910-01
撮影  2009年10月3日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/20  F6.7 


そして、月末31日の撮影で、
ふと、その木を見てみると、何か異様な塊が出来上がっていた。
1cm程度の小さなキノコは、今は握りこぶしの大きさまで成長をしていた。
ハナビラニカワタケ 0910-02
撮影  2009年10月31日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/90  F6.7 


2009.11.01 Sun l キノコ l COM(0) TB(0) l top ▲
会社でのこと。
工場の中を歩いていると、いろんな発見がある (ちゃんと仕事はしています)

こんなキノコが生えていた。
名称不明 (黄色い奴)
黄色いキノコ
撮影: 2008年11月14日
機材: Panasonic DMC-LS1
露出補正:-0.7  
オート、マクロモード


椎の木の周り、輪を作って群生していた。
食べられる?
食べられない?

もう一つ。
いかにも美味しそうな色、艶、形のキノコ発見。
名称不明 (シメジっぽい奴)
シメジ似キノコ
撮影: 2008年11月14日
機材: Panasonic DMC-LS1
露出補正:-0.7  
オート、マクロモード


ポプラの木の根元から生えていた。
これは、
食べられる? (食べられそうな雰囲気だけど、雰囲気で判断はできません)
食べられない?

一本採って、匂いをかいでみたら美味しそうな匂いがした。
(匂いで、判断してはいけません)


妻に、この写真を見せて、
美味しそうなキノコだったよという話をしたら。
「お願いだから食べないでね」と念を押された。

上の娘に見せたら。
このキノコかわいい~と言ってくれた。

ちょっと、うれしかった。

2008.11.14 Fri l キノコ l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。