上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
散策道の脇の丸太は陽射しに暖められて、
ハエやハナアブが日向ぼっこをしています。
アリたちは忙しそうに歩き回っていました。

その中に、チョコチョコと動いている小さなクモ。
アオオビハエトリ 1406-01
撮影  2016年4月10日
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO   1/200   F5.6   EV-0.5   


顔を近づけても、逃げるそぶりを見せなかったので、
これは撮影チャンスかも。
アオオビハエトリ 1406-02
撮影  2016年4月10日
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO   1/200   F5.6   EV-0.5   


という訳で、アオオビハエトリを撮りました。
アオオビハエトリ 1406-03
撮影  2016年4月10日
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO   1/250   F5.6   EV-0.5   


小さなクモに、美しい青いラインが見えました。
スポンサーサイト
2016.04.13 Wed l クモ類 l COM(0) TB(0) l top ▲
久しぶりの更新で、クモネタから。

東浦でトリノフンダマシ(鳥の糞騙し)を見つけました。
トリノフンダマシ 1508-01
撮影  2015年8月23日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/400    F6.3   EV-0.3 


早朝の散策。
公園では他に人影はなく、
そんな中で、
草むらに「鳥の糞(フン)」を見つけて喜んでいるって、
どうなのと思いますが、

トリノフンダマシと卵嚢 (上の写真を少し引いて撮影)
トリノフンダマシ1508-02
撮影  2015年8月23日  
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)   1/350   F5.6   EV-0.5


白っぽい子もいました。
トリノフンダマシ 1508-03
撮影  2015年8月23日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/500    F6.3   EV-0.3 


そして、ちょっと模様の違う子も。
これは、シロオビトリノフンダマシ
シロオビトリノフンダマシ 1508-04
撮影  2015年8月23日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/60    F6.3   EV-1.0 



姿、形が面白くて撮りたくなるクモですが、
愛知県では、
 トリノフンダマシ=準絶滅危惧(NT)
 シロオビトリノフンダマシ=絶滅危惧Ⅱ類(VU)

そんなクモが、ここには居るということですから、守りたい場所ですね。
この自然環境がいつまでも残りますように。
2015.08.25 Tue l クモ類 l COM(0) TB(0) l top ▲
ヤハズハエトリ
ヤハズハエトリ 1407-01
撮影  2014年7月27日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/250    F6.3   EV-0.3  


ススキの葉っぱで見つけました。
マクロレンズで近づこうとすると逃げてしまうので、
いつもの望遠で、彼が顔を見せてくれたシーンにシャッターです。
ヤハズハエトリ 1407-02
撮影  2014年7月27日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/250    F6.3   EV-0.3  


スリムなスタイルに、
白黒の模様。
なかなかお洒落だと思いますよ。

私が好きなのは、この
まん丸の目なんですけどね。
2014.08.02 Sat l クモ類 l COM(0) TB(0) l top ▲
葉っぱに見つけた小さなカマキリ。
カマキリ 1406-01
撮影  2014年6月29日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/160    F6.3  


構図を変えて、ちょっとモデルになってもらいました。
カマキリ 1406-02
撮影  2014年6月29日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/250    F6.3  



さて、
チョウトンボや、ヒメアカタテハを撮って、草むらに戻ると、
ハエトリグモの仲間がいます。
オスクロハエトリのメスのようです。
 (ヤハズハエトリのメスと似ているので、どちらか判別が難しいです)
オスクロハエトリ メス 1406-01
撮影  2014年6月29日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/640    F6.3   EV-0.3


だけど、この葉っぱ、さっきカマキリの子がいた葉っぱです。

葉に透けて、
シルエットになっているカマキリに飛びつきました。
オスクロハエトリ メス 1406-02
撮影  2014年6月29日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/640    F6.3   EV-0.3


でも、これは影です。
それがクモにも分かったのでしょうか、

…葉っぱの表に回って、
  狙いをつけてしまいました。
オスクロハエトリ メス 1406-03
撮影  2014年6月29日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/1000    F6.3   EV-0.3


この後、
クモは一瞬の動きでカマキリを捕らえ、食べ始めました。
2014.07.02 Wed l クモ類 l COM(2) TB(0) l top ▲
探している蝶が見つけられず、ウロウロと歩いています。
そんな時は、日頃は見落としていると思う小さな虫たちを見つけることがあります。

葉っぱ裏に、オレンジ色が見えました。
何だろうと近づくと、どうやらハエトリグモのお腹です。
派手な模様をつけましたね。

ヨダンハエトリ
ヨダンハエトリ
撮影  2012年6月2日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/45  F6.7


葉っぱを揺らしたり、何か警戒心をあたえたりしてしまうと。
すぐに、葉っぱの裏に隠れてしまいます。
ヨダンハエトリ 
撮影  2012年6月2日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/45  F6.7


今回も、そういうことで、数カットでさようなら。
もうちょっと撮らせて欲しかったな。
2012.06.07 Thu l クモ類 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。