上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
野の草は、しおれ、
人は、照りつける陽射しにバテ、
朝顔は、お昼を前に咲いた花を閉じてしまう、

・・・盛夏

暑さに、ほとほと参ってしまいますが、

この季節に元気いっぱいなグループを発見。
まるで、木全体から湧き上がるように聞こえてくる鳴き声。
もう、鈴なり。
 (会社・・・(構内の植栽に鈴なりの図))
セミ
撮影: 2008年7月30日
機材: Panasonic DMC-LS1
露出補正:-0.3  
オート、マクロモード、フラッシュ



岩に染み入るセミの声と詠んだのは、芭蕉だったでしょうか。
岩に染み込むどころか、岩を砕いちゃいそうですよ。
暴力的に聞こえるほどのセミの声です。
ちなみに芭蕉は、
この句の頭を「閑かさや(しずかさや)」で始めています。

決して静かではないセミの声。
だけど、この声がないと日本の夏らしくないでしょうね。
海外ではセミを知らない(セミがいない)国もあり。
夏に日本へ観光に来た場合、「日本では木が鳴いている」と驚くそうですよ。
スポンサーサイト
2008.07.30 Wed l コンデジ写真 l COM(6) TB(0) l top ▲
派手な色彩を持つ昆虫
ハンミョウ (ナミハンニョウ)
その翅、どこのブランドのデザインか知りませんが。
昆虫界のデザイナーは、
人の考えの範疇では遠く及ばない存在なのかもしれません。
 (過去の写真ですが)
ハンミョウ
撮影  2007年9月19日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/500  F8.0 



そんな劇的な色使いを見せてくれる彼と同種だと思うのですが、
色の違うタイプを撮影しました。
色違い種を見つけた場所のほとんどがこの色でした。
上の写真のタイプと比べると、
赤く見えている翅の箇所が金色になっています。
ハンミョウ 002
撮影  2008年7月19日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1500  F6.7 



単純にオス、メスの違いとも考えましたが。
どうやら違うようです。
光のあたり具合により見え方が違うのか・・・でもないのです。
ハンミョウ 001
撮影  2007年9月19日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/750  F8.0 



NETを調べてみると。
「変異型」
「黒化型」
という説明が書いてある記事を見つけました。
この色違いは、そういうことなのでしょう。
 
2008.07.29 Tue l 昆虫(その他) l COM(0) TB(0) l top ▲
キリシマミドリシジミを探して (求めて)
再度、発生地を訪ねましたが見事にフラれてしまいました。

先回みつけたクロシジミも、出てきてくれません。
相手は自然の生き物ですから、
そうそう、人の都合に合わせてくれませんね。
 (次回(来年かな・・・)は、蝶の都合に合わせてみようかな(^^

      「蝶の都合とは、なんぞや」 それが分かれば苦労しません。

想い人(蝶)には逢えませんでしたが。
そんな私の前に現われたくれた蝶たちです。

トラフシジミ夏型 
川の中の石の上・・・これだけ暑いと川の水で涼みたくもなりますね。
トラフシジミ
撮影  2008年7月27日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/90  F8.0  EV+0.5


ホソバセセリ
翅にある白い水玉模様が愛らしいです。
ホソバセセリ
撮影  2008年7月27日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)   1/250  F4.0


ホソバセセリ
正面顔!
この写真をみながら・・・
「かわいい~」と言う、私の神経が妻には理解できないようです。 
ホソバセセリ 001
撮影  2008年7月27日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/90  F5.6  EV-0.5




追記・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回の蝶探し中に、大きな捕虫網を持って
クロシジミを採集に来ていた人たち(3人)と遭遇。
少し話しをしてみると。
「先日、仲間が15頭も捕った(クロシジミ)ってことで来てみたが、ぜんぜん出てこないなぁ」
・・・唖然
採集を目的としていないna-giにとっては、 
 (採集を目的とする人たちには申し訳ありませんが)
今日は、姿を見ていないクロシジミ達に、つかまっちゃダメだぞ…と願うのでした。


2008.07.28 Mon l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
『夏休みの友』
小学校の娘がもらってくる、夏休みの宿題です。

土曜日の今日は、
お姉ちゃんは、夏休みのキャンプ。
妻は、仕事。
ということで、下の娘と一緒に、その宿題をやっています。
(撮影には行きませんでした)

夏休みの友を見ていると。
ちょっと気になるページを見つけました。
写真は、携帯電話のため見にくいですが。
 ↓ このページ
夏休みの友
撮影機材:携帯電話

「こんないきものがいたよ」 というテーマで。
・・・生き物の名前
・・・その絵
・・・見つけた生き物の様子
を書くようになっています。


小学校の担任の先生へ。
このページを私が見つけてしまったということは。
とんでもなくマニアックな生物の名前を宿題として提出する・・・
かもしれませんので。よろしくお願い申し上げます。

2008.07.26 Sat l 家のこと l COM(8) TB(0) l top ▲
クロウリハムシ
よく見かけます。
そのせいか、あまり撮影していなかったのです。
時々、集団で葉っぱや花を食い荒らしていたりするので、
農家の方々や、ガーデニングをしている人には、
すこし厄介な昆虫かもしれませんね。

葉っぱをモリモリ食べているせいか、
お腹が大きく膨らんじゃって、メタボリックを心配してしまいますよ(^^
でも、ベジタリアンだからいいのかな。
クロウリハムシ
撮影  2008年7月20日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/15  F8.0  EV-1.0



そんなクロウリハムシに遊んでもらっていると、
今度は、色合いの違うハムシを見つけました。
顔が日焼け?
ヤマイモハムシです。
ヤマイモハムシ
撮影  2008年7月20日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/750  F6.7  EV+1.0



インターネットでハムシ類を調べると、
『害虫』というレッテルを貼られ、
まるで指名手配犯のように写真で紹介されていました。

せめてここでは、『害虫』という言葉は抜きで写真を撮りたい・・・なんて思います。


2008.07.25 Fri l 昆虫(ハムシ類) l COM(0) TB(0) l top ▲
その細い体で枝に擬態し、
ぱっと見では、そこに存在することすら気づかせないほど隠れ上手なナナフシ。
でも。
太陽に透けた葉の表にいては。
ほら、隠れたつもりなんでしょうけど、影が見えていますよ。
影 ナナフシ 
撮影  2008年7月19日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/750  F6.7



ナナフシを掲載するにあたって。
正しく名前を調べてみようと思いネットを探っていると。
『ナナフシモドキ』という種類がいるようです。
    ナナフシ=ナナフシモドキ
    種別上は「ナナフシ」というと『ナナフシモドキ』を指すようです
モドキという名前がついていますが、まっとうなナナフシ。
他種との区別点は触角の長さということです。

ということは。
見つけたのが、『ナナフシ(ナナフシモドキ)』なのか、他の種類なのか。
見つける楽しみ(撮る楽しみ)が増えるということですね(^^

それで、過去に撮影した「ナナフシ」が気になって写真を探してみると。
ありました。
触覚の短い・・・この子がナナフシ (ナナフシモドキ)
ナナフシモドキ
撮影  2006年6月24日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/500  F5.6



触覚の長い・・・この子は、エダナナフシ。
エダナナフシ
撮影  2007年7月28日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/250  F6.7



ちなみに・・・この子は、翅を持つトビナナフシ。
トビナナフシ
撮影  2006年9月30日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/2  F8.0




ナナフシの影の写真を、ちょいっと載せるつもりが・・・
話が膨らんじゃって。
虫の世界は深いなぁ~とあらためて思う次第です。

過去の写真を調べながら。
ナナフシの写真が、こんなにあったのかって
・・・自分自身にビックリしたり、あきれたり(^^;;

そして、話を戻して・・・
最初の写真。影絵のナナフシの正体は、なんでしょう??  

カゲナナフシ ???
2008.07.24 Thu l 昆虫(その他) l COM(0) TB(0) l top ▲
我が家に、サイト友達の たかよさん が来てくれました。
関東から、ありがとうございました。

   たかよさんのサイトご紹介 http://takayo110.gozaru.jp/     
    (現在、ご自身の都合で少しお休みしています)

たかよさんの描く天使のイラストを妻がインターネットで見つけ、
まず、その天使達を好きになり、
そして、展示会でお会いし、お人柄に惹かれ。
お付き合いをするようになりました。

自分(na-gi)の仕事の都合で、東京→名古屋に異動となったため。
いつか、名古屋に来てくださいね・・・というお願いを叶えてくれたのです。
ちょうど、娘たちの夏休みに合わせて下さいましたので。
娘たちも大喜びでした。


妻とトンボ玉を作ったり
  たかよさんは、初めてのトンボ玉作りとのことですが手際がよくてビックリ。
  出来栄えも上々!
トンボ玉
撮影  2008年7月23日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/15  F3.5  WB:蛍光灯



みんなでトランプをしたり。
トランプ
撮影機材:携帯電話



楽しい時間をありがとうございました。

2008.07.23 Wed l 家のこと l COM(6) TB(0) l top ▲
一年中で、もっとも暑さが厳しい時期。
「おおいに暑い」
セミの声は、確実に体感気温を上げる効果があるようです。


そんな夏の雰囲気で・・・

近くにある田んぼの稲は、すくすくと背を伸ばし、
陽射しを全身に浴びて緑が濃くなってきました。
稲の緑を背景にして...

枝の先、草の先は、トンボのお気に入りのとまり場所。
ウチワヤンマが時折吹く風に揺れています。
ウチワヤンマ
撮影  2008年7月20日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/750  F6.7


稲の葉に動くものを見つけたのでカメラを向けると。
マメコガネでした。
本来は、マメ科の植物の葉を食べていますから。
稲の葉先にいる姿は、どこかに翔んでいく途中の翅休めだったかな。
マメコガネ
撮影  2008年7月20日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1000  F5.6



PS:
水の事故、山の事故のニュースが毎日のようにテレビで流れています。
皆様もどうかお気をつけ下さいませ。
2008.07.22 Tue l 昆虫(その他) l COM(2) TB(0) l top ▲
三重県に出かけて見つけた他の蝶も載せたいと思います。

ミスジチョウ・・・
実は、初見初撮り。
高いところを翔んで、高いところにとまる。
 (もう少し撮りやすい位置に下りてきて欲しかったなぁ)
最初の一本目の白い帯がまっすぐで、
二本目の帯に丸くつながっていましたから、
ミスジチョウと判断しました。
ミスジチョウ
撮影  2008年7月19日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/500  F9.5



こちらは、サカハチチョウ。
知多半島では見たことがありませんが、
こうした、少し山間の環境に出かけると、
結構な数を見つけられるのですね。

アジサイのような花は、ノリウツギ・・・かな~
サカハチチョウ
撮影  2008年7月19日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/250  F6.7



もう一枚もサカハチチョウですが。
逆光だったので、フラッシュ撮影で蝶の姿に補助光をあてました。
画面はハイキーに飛んでしまいました。
 (でも、それを覚悟しての一枚なんだけどね)
サカハチチョウ001
撮影  2008年7月19日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/160  F6.7 (フラッシュ)



他にも、何種か蝶の撮影が出来ましたが。
自分的に納得できた写真ではなかったので・・・また、いつかの機会に。
2008.07.20 Sun l 昆虫(蝶) l COM(3) TB(0) l top ▲
帰ってきて、TVをつけたら、
梅雨明けの報道をやっていた・・・どおりで、暑いわけだ。

車で2時間程度。
三重県まで足を伸ばし蝶を探しに行ってました。
お目当ては、キリシマミドリシジミだったのですが、
時期が早いのか。願い叶わずとなりましたが。

偶然にも、クロシジミと出逢うことが出来ました。

「偶然にも」のお話し・・・
あまりの暑さに、連れて行った娘たちは川原に降りて、
水遊びを始めました。
「帰るぞ~」と声をかけても、水から上がろうとしません。
この暑さだし、しょうがないかな。
それに、こんなに冷たくて澄んだ水に触れられる機会も少ないしね。
川原の娘
撮影  2008年7月19日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)   1/2000  F4.5



それで、娘たちに声をかけるのをあきらめて、
川原をなんとなく歩いていたのですが。
石の上に見慣れない蝶がとまる姿を見つけ、カメラで確認すると。
・・・・・ !?
クロシジミでした。
クロシジミ
撮影  2008年7月19日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1500  F5.6


クロシジミ。
環境庁レッドデータ:絶滅危惧Ⅰ類 (絶滅の危機に瀕している種)
こんなこところで逢えるなんて。
いや、それも・・・
このクロシジミがトンボに追いかけられていたから、その姿に気づいたのです・・・(^^;;
2008.07.19 Sat l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
夜、まだ会社をウロウロしておりましたら、
セミの子が、通路をウゴウゴしておりました。
ちょうど、車なんかも通る工場の中央通路だったため。
とりあえず、救出。
 (勝手に拾って、セミの子にとって迷惑だったかなぁ・・・)

工場内を歩くときは、
ほとんどの場合、ポケットにデジカメを入れております。
手乗りセミの子で一枚(^^
セミ 001
撮影: 2008年7月17日
機材: Panasonic DMC-LS1
露出補正:-0.7  
オート、マクロモード


その後・・・
もしかして、このまま手に乗っけていれば、
『手乗り羽化』!?
なんて、変な想像もしましたが。
羽化に付き合ってあげられるほどの時間がないのですよ(仕事中ですから)
近くの木に、つかまらせて・・・バイバイってね。
セミ 002
撮影: 2008年7月17日
機材: Panasonic DMC-LS1
露出補正:-0.7  
オート、マクロモード


そして・・・帰宅する時
ふと気になって、セミの子をとまらせた木を見てみると。
おやおや(^^ 
セミ 003
撮影: 2008年7月17日
機材: Panasonic DMC-LS1
露出補正:-0.7  
オート、マクロモード



おめでとう!  ようこそ地上へ
2008.07.17 Thu l コンデジ写真 l COM(8) TB(0) l top ▲
また、葉っぱです。
そして、再びヤマノイモです(^^
木漏れ日に透けていた姿を撮りました。
ヤマノイモ 004
撮影  2008年7月13日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/750  F5.6  EV+0.5


次は、羊歯。
扇状に葉が広がっている姿に、
造形の面白さを感じての一枚です。
シダ
撮影  2008年7月13日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/350  F6.7



葉っぱを撮る瞬間なのですが。
葉っぱばかりを気にして歩いているわけではないのです。
いつものように散策をしながら (目は蝶を探しているのですが(^^

ふと。葉っぱの姿が目にとまるのです。

見渡せば、視界のほとんどは葉っぱである訳ですが、
そんな中で、
目の端にとまるというか、気がつくというか、
魅せられる葉っぱがある (魅力的な姿がある)

そんな。
心に感じた瞬間が、きっとシャッターチャンスなのでしょうね。

2008.07.16 Wed l 葉っぱ l COM(0) TB(0) l top ▲
葉っぱで、少しゴチャゴチャしています。
おまけに逆光になっています。
蝶は、ジャノメチョウ科 『ヒメジャノメ』
他の蝶のような彩られた翅から比べると、
少し地味かもしれません。
でも、蛇の目の斑紋の美しさ、翅にある模様。
なかなか、地味の一言で片付けるには、
蝶に対して失礼ですね。
自分自身この模様は好きですよ。

今回、この蝶を見つけた状況を考えて。
たぶん、そのまま撮影すると背景の明るさに引っ張られ、
逆光の蝶の姿は、暗くつぶれてしまうことが予想できます。
露出補正でプラスに引き上げて撮影です。
ヒメジャノメ
撮影  2008年7月13日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/200  F6.7  EV+1.5



この蝶は、ジャコウアゲハ。
目の前をヒラヒラと翔んできたのですが、
とまった場所は、木の葉が茂った藪の中。
 (蝶がファインダーの枠に入っている限り撮ろうと努力していまいます)
無理な場所、無理な体勢での撮影でしたが、
撮れた姿は、こんな感じ。
ジャコウアゲハ
撮影  2008年7月13日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/60  F6.7



今回は、なんだか素直に撮らせてくれる蝶がいなくて・・・・・
2008.07.15 Tue l 昆虫(蝶) l COM(2) TB(0) l top ▲
各地で今年一番の最高気温を示した
先日の土曜、日曜でした。
熱中症で病院へ運ばれた人も多く。
これからの季節、写真撮影での熱中症に皆さんもお気をつけください。

公園で直射日光を浴びながら歩いていると、射すような日差しの強さを感じますが、
一歩、林の中に入ると、
ひんやりとした空気に包まれます。
林の中では、やぶ蚊の猛襲を受けたりしますが、
炎天下で無理をしない。
適度な休息と水分補給をしながら、熱中症を予防しましょう。

しっかり汗だくになって帰宅して、
シャワーで汗を流すのが気持ちいい・・・そんな夏本番です。


・・・話はかわって
7月13日は、上の娘の誕生日でした。
妻の友人も娘の誕生日のお祝いに来てくれて。
プレゼントもたくさん。
(娘のリクエストで、ドラゴンズグッズがたくさん(^^

11歳の誕生日。
これからも元気で、いろんなことを覚えて大きくなってくださいね。

7月13日
撮影機材:携帯電話

母の日、父の日に、いろいろしてくれた娘に。
部屋の壁いっぱいに絵を描いてお祝いしました。
2008.07.14 Mon l 家のこと l COM(0) TB(0) l top ▲
仮面をつけた小さなクモ。
以前、インターネット上でこのクモが紹介されている写真を見て。
見てみたい(逢ってみたい)と思っていました。

マクロレンズで拡大すると、
どうしてこんな顔に・・・?
顔の左右、三角の先に、眼があります。
クモですから。。。その場所以外にも眼があり、
合計8個の眼を持っています。

8個の眼。
彼らの世界は、どんなふうに見えているのでしょうね。

自分も・・・後ろとか見える眼を持っていると、
便利かなぁ~って思うのですが。

アズチグモ
撮影  2008年7月13日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/200  F11


もう一枚は、虹色に輝いていたクモの巣(^^
クモの巣
撮影  2008年7月13日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/200  F6.7  EV-2.0


(アズチグモは、こんな巣を作ならいタイプのクモですが・・・)
  
2008.07.13 Sun l クモ類 l COM(0) TB(0) l top ▲
これから、夏本番を迎えるにあたり、
気温の方も、もっと上昇し、こんな日が何度もあることでしょう。

    ・・・・・今日の、地元の最高気温=34度 (暑かった( ̄_ ̄;;

だから、この程度の気温で弱音を吐いてちゃダメですね。

梅雨の間中、見えなかった青空を久しぶり見ることができました。
今日は、
撮影に出かけず、朝の時間帯に車を洗いました (何ヶ月ぶりでしょう・・・)

車を洗ってから、
ダシュボードに車載レーダー(GPSレーダー)を取り付けて。
より、一層の安全運転を心がけようかなと、思うのです(^^

撮影機材:携帯電話

・・・GPSレーダーを取り付けてから少しドライブをしたのですが、
  いろいろとアナウンスが流れるので楽しいですね(^^
2008.07.12 Sat l 家のこと l COM(0) TB(0) l top ▲
秋になるとムカゴをつけるヤマノイモ。
もしかしたら、この蔓の下には、立派なお芋があるのかもしれませんが、
葉っぱの表情を楽しみました。

いつもの公園を、
ウロウロと歩いていると、この蔓が目に入りました。

蔓の曲がり具合、
葉っぱの配置、
葉っぱ好きの自分にとっては、写欲をそそられる被写体だった訳です。

葉っぱの向こう。
背景になる色は、撮影するポジションを変えながら・・・・


木々の緑を背景に入れて・・・
ヤマノイモ 002
撮影  2008年7月5日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/60  F6.7



そして、近づいて・・・
ヤマノイモ 003
撮影  2008年7月5日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/45  F6.7




木々の隙間。
日陰になっている場所を背景にして・・・
ヤマノイモ 001
撮影  2008年7月5日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/60  F6.7



少しの風でも揺れてしまうヤマノイモの蔓。
風がとまるのを待ちながら、何枚もシャッターを切ったのでした。


2008.07.10 Thu l 葉っぱ l COM(2) TB(0) l top ▲
会社に枇杷の木があります。
収穫時期は逸してしまった頃ですが。
枝の先で、熟しきった実が残っています。

ヒヨドリが食べに来るし、
ムクドリも食べに来るし、
そして、カナブンが食べに来ていました。
(こうしてみると、シャベルみたいなお顔です)

コンパクトデジタルカメラで広角マクロ撮影

自分自身は、
まだ痛んでなさそうな枇杷の実を食べながら撮影していました。

カナブン
撮影: 2008年6月27日
機材: Panasonic DMC-LS1
露出補正:-0.3   
オート、マクロモード



(ちゃんと仕事していますよ~)
2008.07.09 Wed l コンデジ写真 l COM(0) TB(0) l top ▲
自分自身は眠っていたため、
これは、妻から聞いた話です。

夜中、苦しそうな声を聞いたので、
目を覚ましたとのこと。
声の主は、na-gi


なんか、悪い夢でも見ているのかと、
起こそうとしたら・・・・


上の娘(お姉ちゃん)の足と、
下の娘(妹)の足が。


・・・PaPaのお腹の上に乗っかっていたそうです。


そりゃ、苦しいわ。


なんか、面白かったから、
そのままにしといたんだってさ。

(オイオイ・・・)
2008.07.08 Tue l 家のこと l COM(0) TB(0) l top ▲
昼間は、活発に翔ぶ蝶達ですが。
夜は、眠ります。
目を閉じているわけではないので、
実際、眠っているのかどうか彼らに聞かなくちゃわかりませんね。

夕方。
陽の落ちた頃。
草むらの葉先で、じっと動かない蝶を見つけたら、
そーっと近づいて。
小さな声で・・・「まだ、起きてる?」って聞いてみましょう。

それでも、じっとしていれば、
眠っているのかもしれませんね。
おどろかさないように、こっそり写真を撮りましょう。

>こっそり写真・・・
(この写真はオートでフラッシュが光っちゃったけど(^^;;
ツマグロヒョウモン
撮影: 2008年6月28日
機材: Panasonic DMC-LS1
露出補正:-0.7   
オート、マクロモード

2008.07.07 Mon l コンデジ写真 l COM(2) TB(0) l top ▲
やまももが実った。

娘たちに、そのことを話をしたら、
「食べてみたい・・・」という話になって、
公園に連れて行きました。

時期としては遅いため、
熟して落ちてしまった実がたくさんありますが。
でも、枝の先に残っている実は、
赤々と膨らみ、
一つ食べると。
果汁と香りが口いっぱいに広がるのでした。

夏の香り・・・お店では味わえない貴重な果実です。


公園の入り口、やまももがたくさん落ちています。
ヤマモモ
撮影  2008年7月6日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)   1/500  F4.0



落ちた実に、クロコノマチョウも・・・
クロコノマチョウ
撮影  2008年7月6日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/125  F6.7



望遠レンズにとまったトンボを捕まえようとする下の娘(^^
トンボ捕り
撮影  2008年7月6日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)   1/350  F6.7


・・・この後、ちゃんと捕まってしまったトンボです。
でも、すぐ逃がしました。
2008.07.06 Sun l 家のこと l COM(2) TB(0) l top ▲
先週撮った虫さん。
姿と形から、ハムシの仲間だろうなぁ~と推測していました。
体長は5mmぐらいで、とっても小さかったです。
初めて見た虫さんですし、
翅についている黒い斑点模様が、なかなか可愛いかも

この場合、インターネットで、
『ハムシの仲間』とか『ハムシ類』とか打って、
名前を検索するのですが (調べるのですが)


ふと・・・

「ヨツボシハムシ」と打ち込んで検索してみました (翅に黒い四つの星があるから)
ヨツボシハムシ
撮影  2008年6月28日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/200  F6.7



あら、一発でヒットしちゃった。

2008.07.03 Thu l 昆虫(ハムシ類) l COM(2) TB(0) l top ▲
動物(昆虫を含め)の撮影は、基本的に眼にピントを合わせます。

オートフォーカスでは、微妙なピントのさじ加減が出来ず。
自分の場合、ほとんどがマニュアルピントです。
そんな「眼へのピント」を狙って
ミドリシジミをファインダーで捕まえていたのですが。

おや?? 背景に何か影が・・・
ミドリシジミ-003
撮影  2008年6月6日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/500  F6.7




ファインダー画像で、一点ばかりを集中していると、
実は画面の隅っこに、なんか映っていたなんて経験がありますが。
今回は・・・撮る前に気づきました。


背景の影にピントを合わせると。 おっゾウムシだ! →(ハスジカツオゾウムシ)
ゾウムシにもピントを合わせて一枚(^^
ミドリシジミ-004
撮影  2008年6月6日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/500  F6.7


2008.07.02 Wed l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
たまに早く帰ったりすると、
(ネタがたくさん転がっていました(^^

会社の帰り道に、ショッピングモールがあります。
遠回りにはなりますが、ウィンドウショッピングなんてしてきました。

今、着ている迷彩服の色があせてきたので、
新しい迷彩服を探そうと洋服屋へ。
店内を一回りして、迷彩服が見当たらなかったため、
茶髪&ピアスの店員へ、迷彩服がないか聞いてみた。

「いや~最近、出ませんからね。置いてないですよぉ」だそうです。

迷彩服をファッションで着ているのではなく、
それが必要な状況があるから、欲しいのだけど・・・流行ってないってことですね。


次にCD屋で、いろいろ視聴したあげく、
今、自分の中でお気に入りのアーチストのCDを買ってきた。
レジで、ポイントカードを出したところ・・・
受け取った、バイト女学生風店員が
「お客様、ポイントカードが違います」

・・・ん!?
なんか似てる
撮影機材:携帯電話
ミスドのカードと間違えた~ だって似てるんだもんよ。


そして、最後は妻にお土産。
ワッフル屋さんで、ロールワッフル by抹茶あずき。
いや、実は自分も食べてみたかったんだけどね~抹茶あづき
撮影機材:携帯電話

2008.07.01 Tue l 仕事のこと l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。