上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
こっちを向いてくれるのを待っていたけど、
後ろ姿のまま、飛び去ってしまいました (フラレチャッタ... )
ジョウビタキ 0901-05
撮影  2009年1月27日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/250  F6.7



他の場所にとまっていたけど、
カメラを構えていたら目の前に来て ビックリ! (ガードレールの上だけど... )
ジョウビタキ 0901-06
撮影  2009年1月27日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/750  F6.7



おっ!カワセミだぁ~
でも、シャッターを切る瞬間に飛んだ!! (ブレブレブレブレ... )
カワセミ 0901-01
撮影  2009年1月27日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/750  F6.7



もしも、もしも、
ウン○が落ちてきたら、直撃!? (ちょっと、ドキドキ... )
メジロ 0901-07
撮影  2009年1月27日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/250  F6.7



そんなこんなは、毎度のこと (いつか、かっこよく撮らせてね...)

スポンサーサイト
2009.01.29 Thu l l COM(2) TB(0) l top ▲
ツグミを撮った場所は、地元で有名な梅林の公園。
そろそろ、梅は・・・と思って出かけてはみたが。
蕾は固く。
花が開くのは、まだ先のことでしょう。

それでも、
メジロの鳴き声が近くに聞こえてきたから、カメラで追いかけた。
メジロ 0901-04
撮影  2009年1月25日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/125  F6.7


梅が満開になる頃。
また、会いましょうね(^^
メジロ 0901-05
撮影  2009年1月25日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/125  F6.7


この写真
カメラの設定を間違えて撮ったもの。
あきらかにアンダーで真っ黒。
でも、メジロの目元に光があたって眼光鋭く ・・・撮れたかも。
メジロ 0901-06
撮影  2009年1月25日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/500  F5.6


クロメジロってことで(^^;;

2009.01.28 Wed l l COM(0) TB(0) l top ▲
日曜日。
今日もお留守番なのですが、妻が朝8時に出かけるので。
出かける前に、夜明けをはさんで海岸に行ってたりしました。

8時までに帰宅して。
妻を送り出してから、実家に娘を連れて行き、
両親に相手をしてもらい。
・・・で、自分は近くの公園へ鳥探し(^^

ここで、相手をしてくれたのは、ツグミ。
今シーズン、初撮影。
ツグミ 0901-02
撮影  2009年1月25日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1500  F6.7



ツグミ 0901-01
撮影  2009年1月25日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/750  F6.7


朝は、車のフロントガラスがガリガリに凍りつき、
水溜りには氷が張っているほどの気温でしたが、
日中は、寒いなりにも快晴で、
駐車していた車の中は、ポカポカと暖かかな日曜日となりました。

2009.01.25 Sun l l COM(0) TB(0) l top ▲
土曜日は、お留守番。
妻が仕事だったから。

それで、娘と朝ごはんに出かけた。
某牛丼チェーン店にて、朝の新メニュー
「ハムエッグ牛小鉢定食」(だったかな?)
をいただき。
食べ終わってから、近くのデパートに寄る。
そこで、試食コーナーの食べ歩き。
ウインナーやら、水餃子やらと
いろいろ食べてお昼に帰ってくると、
お腹イッパイ状態(^^

午後から、車の12ヶ月点検があったので、
ダイハツのお店に行って、
ジュース飲み放題。
(自分は、お店の中で椅子に座ったまま、お昼寝・・・)

整備の人が、点検中に車の部品を壊したと言って謝りに来た。
(壊れた部品は後日取替え)

夕ご飯も、外ご飯にして。
土曜日はおしまい。

・・・・
こんなのんびりのした休日が、あってもいいのだろうか。
な~んか、あとが怖いなぁ~...

2009.01.24 Sat l 家のこと l COM(0) TB(0) l top ▲
「ツメタガイ」の貝殻
他の貝を食べてしまう肉食性の貝。
アサリの養殖(潮干狩り)の場所が多い知多半島では、
アサリが食べられてしまうため問題視されています。
実際、潮干狩りをしていていると、よく見つける貝です。


波打ち際に打ち上げられた貝殻。
次に大きな波が来ると。
また、どこかに流されて転がって、
いつか小さな欠片になって、
海岸の砂粒の一つになるのだろう。

「貝殻は波と遊ぶ」 ・・・波の音録音中
ツメタガイ
撮影  2009年1月21日 
SONY α900 DSLR-A900
SIGMA 20mmF1.8 EX DG ASPHERICAL RF  1/45  F5.6  EV-1.5


好きか嫌いかという言い方をすれば、
こんな撮り方、・・・好きです(^^
2009.01.23 Fri l 風景 l COM(0) TB(0) l top ▲
今までは、海が荒れていたので、
その雰囲気にのまれてしまい、
縦で撮るという構図に意識が向けられなかった。
今回は、穏やかな海を前にして、
縦構図も考えてシャッターを切った。

空は夜明けの明るさでも、
海岸は、まだ暗く夜の余韻を残していた。

「夜の海岸 朝の空」
縦構図 001
撮影  2009年1月21日 
SONY α900 DSLR-A900
SIGMA 20mmF1.8 EX DG ASPHERICAL RF  3秒  F8.0  EV-1.0  


縦にすると、
足下から、水平線にまで視界が延びる。
海岸に散らばっている貝殻の一つにピントを置いた。

「砂浜と貝殻」
縦構図 002
撮影  2009年1月21日 
SONY α900 DSLR-A900
SIGMA 20mmF1.8 EX DG ASPHERICAL RF  1.5秒  F4.0 



こうすると、どうなるか・・・まだ、試行錯誤中。

2009.01.22 Thu l 風景 l COM(0) TB(0) l top ▲
今朝、海に行ってきた。

  (実は、勤めている会社が、
   この景気悪化により「休業」を実施したため本日休み)


この季節としてはめずらしく、海が凪いでいた
冬は、強い季節風(鈴鹿おろし)が吹くため、
伊勢湾側の海は荒れていることが多いのだが、
こんな天気もあるんだな。

先日、朝の海で撮った写真は、海面が荒れているのが気になったため、
シャッターは遅い方がいいなかな。
(スローシャッターで波をぼかす方がいいかなぁ) ・・・と考えていたけど。
今日は、海面自体が穏やかな凪の海だった。

夜明けの朝陽は、
知多半島に遮られてまだ辺りを照らすまでには少し間がある。
薄暗い夜の気配と、明るさを増す朝の気配の狭間で、
静かな海を撮った。

・・・・逆光の二枚。

「三日月の朝」
朝の海 8秒 逆光
撮影  2009年1月21日 
SONY α900 DSLR-A900
SIGMA 20mmF1.8 EX DG ASPHERICAL RF  8秒  F8.0 
 

「目覚め」
朝の海 10秒
撮影  2009年1月21日 
SONY α900 DSLR-A900
SIGMA 20mmF1.8 EX DG ASPHERICAL RF  10秒  F8.0 
 


・・・そして、順光では少し違う雰囲気となった。
この方向は雲が厚かったため、空は単調な感じ。
「白い海」
朝の海 8秒 順光
撮影  2009年1月21日 
SONY α900 DSLR-A900
SIGMA 20mmF1.8 EX DG ASPHERICAL RF  8秒  F8.0 
 


海に反射して光る水面。
潮風が静かな海岸は、
波の音が穏やかに繰り返すだけだった。

2009.01.21 Wed l 風景 l COM(0) TB(0) l top ▲
公園の駐車場にあるサザンカの花は、
最盛期を過ぎて少し花が疲れてきていた。
それでも聞こえているメジロの声に姿を探したが、
サザンカの木の中に入っているのか。
以前のように飛び交う姿は見つけられなかった。

公園内を歩きながら、鳥達との出会いを期待していると。
ジョウビタキのメス(女性だから)おジョウ様(お嬢様)に出会った。
ジョウビタキ 0901-03
撮影  2009年1月17日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/750  F6.7


オスの赤い色とは対照的に、少し地味な感じを受けてしまうが、
クリクリの目が愛らしい冬の鳥である。
ジョウビタキ 0901-04
撮影  2009年1月17日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/500  F6.7


思っているようなグットポジションに、なかなか出てきてくれなかったり、
せっかく撮った写真のピントが甘かったり、
毎度のこと、一喜一憂している自分自身である。

なかなか、思い通りにならないのも、自然相手の鳥撮りゆえかな。
あぁー今回も枝だらけ。

2009.01.20 Tue l l COM(0) TB(0) l top ▲
先回の夜の海の撮影では、
シャッター速度は、ほとんど30秒を使って撮影してしまった。
30秒以下で撮影すると波の感じがどうなるのか、
ISO感度を上げたりして試せたかもしれないと、
今さらながらに反省しているところである。

土曜日の朝。
朝焼けに染まり始める海を狙って。
短めのシャッター速度の写り方を試そうと、
夜明け頃の時間帯にタイミングを合わせて出かけてきた。

「弧を描く海岸」
朝の海 3秒
撮影  2009年1月17日 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  3秒  F6.7  EV-1.0


「空と同じ海の色」
朝の海 6秒
撮影  2009年1月17日 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  6秒  F5.6  


「海から現れる岩」
朝の海 2秒
撮影  2009年1月17日 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  2秒  F11.0  


数秒という単位では、
波立っている水面の状態が残るようだ。
水面の気配を残して撮るか、
静かな平面として撮るか。

撮影者の意図次第・・・ってところか。

それにしても寒い。
今回も、指がかじかんでしまい、
ギクシャクしながらシャッターを押す事態となってしまった。

2009.01.19 Mon l 風景 l COM(0) TB(0) l top ▲
アオジ
カシラダカ

いつも、枝の入り組んだ中にいて、
なかなか、その全身を見せてくれないですが。
今回は、彼らの機嫌が良かったのか、
藪の中から出来きてくれました。

機嫌が良い・・・
このカシラダカ、なんとなく微笑んでいるような(^^
カシラダカ 0901-01
撮影  2009年1月17日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/500  F6.7


アオジも、藪の中から飛び出して。
木の幹にとまりました。
アオジ 0901-01
撮影  2009年1月17日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/200  F6.7



先週は、夜中の海で撮影をしていました。
今週は夜明けの明るくなりかけた海を撮りに行って。
それから、いつもの公園に寄って鳥撮りをしてきました。
お正月からは、2週間ぶりの公園でしたが、
あんなに満開だったサザンカの花は盛期を過ぎて、
2週間という間隔に、
もっと長い時間が過ぎたような、
そんな感じを受けながら撮影した土曜日でした。

2009.01.18 Sun l l COM(0) TB(0) l top ▲
昼の海の撮影中。
砂浜にカラスが集まっている姿があった。
「何かしら打ち上げられた魚でも食べているのか」
そんなことを思いながら興味がわいて近づいた。

カラスの集団が飛び立った後、
意外と大きいものがそこに横たわっていた。
ただ、
近くで見るまでそれが何であるのか分からなかった。
自分が考えている「魚」の形状とは少し違っていたからだ。

砂浜に横たわっていたものは・・・

シュモクザメ
シュモクザメ
撮影  2009年1月11日 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  1/125  F11.0


シュモクザメは何種類かいるのだが、
最大で4m近く成長するものもある(らしい)大型種である。
 (打ち上げられていたシュモクザメは(目測)60~70cm)
2009.01.17 Sat l 風景 l COM(2) TB(0) l top ▲
「蒼い月の夜」を自分の中に描いているため、
撮影時をホワイトバランスは、
あえて青みに補正されるよう「白熱灯」を設定した。
それだけでは青が強く出すぎる感があるため「-2」とした。
(撮影後、画像ソフトでトーンカーブ調整)

自分のイメージには近いのだが、
実際に目に見えている風景よりも誇張した感じではある。

デジタルカメラには、AWB(オートホワイトバランス)
という機能があるため、写りの違いを比較しておきたい。

「AWB (オートホワイトバランス)」
AWB.jpg
撮影  2009年1月10日 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  30秒  F4.0


「白熱灯/-2」
WB白熱灯
撮影  2009年1月10日 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  30秒  F4.0


忠実な色の再現という意味では、
AWBでもいいのかな。
でも、この海の色は・・・?


イメージ重視で(^^

2009.01.15 Thu l 風景 l COM(0) TB(0) l top ▲
深夜に出かけて海を撮影した二日間。
そして、日曜日(11日)の昼間は、
月光の海を撮った同じ場所へ昼の海を見に出かけた。

昼の海001
撮影  2009年1月11日 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  1/750  F8.0


昼の海002
撮影  2009年1月11日 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  1/750  F11.0


昼の海003
撮影  2009年1月11日 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  1/250  F8.0  EV-1.0



夜に感じた、
誰をも寄せ付けないような厳しさはなく。
ドライブ途中で、ちょっと寄り道して海を見る…
そんな家族連れが遊びに来てもいいような、
穏やかな波が寄せて返す海だった。

2009.01.14 Wed l 風景 l COM(0) TB(0) l top ▲
先週の金曜の夜、土曜日の夜と二日間、
深夜の撮影に出かけた訳であるが。

風は強いし、
寒いし、
シャッターを切る手が凍えて動かなくなるほどだった。
おまけに、明るいとはいえ月の明かりである。
岩場を歩いていた時、
何度か、潮溜まりに足を突っ込んで靴の中までぐっしょり。
濡れた足が冷たい・・・(半泣;;

潮風が強いため、安全を考え現場でのレンズ交換は出来ないと判断し。
カメラ一台、レンズ一本で撮影を行った。

月光の海の撮影をしながら、
スナップ的に撮った夜の風景。

「眠る港」
夜の漁港
撮影  2009年1月9日 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  15秒  F4.0  EV-1.5  WB:白熱灯


「シリウス」
シリウス
撮影  2009年1月10日 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  30秒  F4.0  WB:白熱灯


「満月の夜の石」
石
撮影  2009年1月10日 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  30秒  F4.0  WB:白熱灯


この石の写真・・・
月光に照らされたせいなのか。
妖しく存在感を漂わせていた。

2009.01.12 Mon l 風景 l COM(0) TB(0) l top ▲
昨日は、雲が多く月の光が遮られてしまっていた。

しかし次の夜、煌々と照らす月が空に浮ぶ。


 ・・・もう一度、月光の海へ出かけた。



「蒼い夜と海」
月光の海005
撮影  2009年1月10日 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  30秒  F4.0  WB:白熱灯


「太古の海で生命は生まれる」
月光の海006
撮影  2009年1月10日 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  30秒  F4.0  WB:白熱灯


「渦巻く異世界」
月光の海007
撮影  2009年1月10日 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  30秒  F4.0  WB:白熱灯



透き通った天空
叩きつける風
地上を蒼く照らす月光
砕ける波は白く浮かび上がり

カメラの中で静寂の時間へとデジタル化される

2009.01.11 Sun l 風景 l COM(0) TB(0) l top ▲
「干潟をうねるもの」 
月光に海004
撮影  2009年1月9日 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  20秒  F4.0  WB:白熱灯


「干潟を照らす月明かり」
月光の海003
撮影  2009年1月9日 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  20秒  F4.0  WB:白熱灯



金曜の夜
日中の雨は上がり
夕方から季節風が強くなった

空は
もう少しで満月になる月が昇り
海は
深夜に大潮の干潮を迎えた

月の光で海を撮ろう


「月光の夜」
月光の海002
撮影  2009年1月9日 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  30秒  F4.0  WB:白熱灯


「月光の海」
月光の海001
撮影  2009年1月9日 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  30秒  F3.5  WB:白熱灯



風にあおられ強い波が打ち寄せる岩場は
30秒の露光で白いもやのように表現されたが
自分の体が持っていかれそうな強風の中で
それも深夜に

  「俺、何やってんだろう」


寒さに震えながら何度も思った ・・・月光の海

2009.01.10 Sat l 風景 l COM(2) TB(0) l top ▲
夜明け前に海辺に出て、
日の出前後の写真を撮り。
日が昇ってからは、いつもの公園に行くという、
贅沢な撮影をしていた冬休み。

海岸で日の出を撮ったあとのこと・・・

太陽が昇りだして、光が辺りを照らし始めると、
浜辺の小石達が目を覚まし、小さな光が灯りだす。

小石たちに朝の時間を教えるように、
柔らかな波が打ち寄せていた。
柔らかな波
撮影  2009年1月3日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1500  F5.6


目を覚ました小石たちは、いっせいにざわめき立ち、
陽の光を反射して、
朝の海岸はキラキラとした光に包まれる。
朝の波 0901-01
撮影  2009年1月3日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1000  F5.6


ファインダーを覗いている自分自身は。
早朝の、ほんのひと時の光の祭典に立ち会えたことに感謝しながら、
朝陽が染める海へカメラを向けた。
小船が輝く海に浮かんでいた。
朝日の波
撮影  2009年1月3日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/4000  F11.0


2009.01.08 Thu l 風景 l COM(0) TB(0) l top ▲
満開のサザンカは、冬のメジロ達にとって
甘い蜜がいただけるレストラン。
期間限定オープンフェア開催中。
メジロ 0901-01
撮影  2009年1月3日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/750  F6.7


花にメジロは、華やかな感じを受けるけど
葉の落ちた枝にとまる姿は、
少し寂しくて冬っぽい雰囲気。
(枝かぶりが...)
メジロ 0901-02
撮影  2009年1月3日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/125  F6.7


コブシの花は、いつのまにか蕾を枝の先に秘めていた。
そんな枝の先にとまった姿のメジロ。
メジロ  0901-03
撮影  2009年1月3日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/250  F6.7


サザンカの中で、公園の木々の中で飛び交うメジロ達。
…また、遊んでね。

(遊ばれっぱなしだったりしますが…(汗;

2009.01.07 Wed l l COM(0) TB(0) l top ▲
魚眼レンズで夜明け前の波打ち際に立った。

波 0901-01
撮影  2009年1月4日 
SONY α900 DSLR-A900
SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE  1/8  F11.0  EV-1.0 


波 0901-02
撮影  2009年1月4日 
SONY α900 DSLR-A900
SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE  1/45  F11.0  EV-1.5 



面白くはあるが、
「撮っただけ」…という感じなんだなぁ。


前日に撮った(同じ場所) 広角17mmの写真を16:9でトリミング
波 0901-03
撮影  2009年1月3日 
SONY α900 DSLR-A900
KONIKA MINOLTA AF ZOOM 17-35mm F2.8-4 D  1/15秒  F19.0  EV-1.0



こうするとどうなるかって、まだまだ勉強しなくちゃね。

2009.01.06 Tue l 風景 l COM(2) TB(0) l top ▲
名港トリトン (伊勢湾岸道路の名古屋港に架かる三つの斜張橋の愛称)
と呼ばれている名古屋港にかかる海上斜張橋。
たまには、夜景を見に行こうという話で、
家族で夜のドライブをしてきたのだ。

写真は、名港トリトンの中央大橋
橋長:1,170m
海面上:47m

WBを太陽光で撮影したら、空まで金色に染まった。
(これはこれで、イメージとしては好きかも)
中央大橋 01
撮影  2009年1月4日 
SONY α900 DSLR-A900
KONIKA MINOLTA AF ZOOM 17-35mm F2.8-4 D  8秒  F6.7  EV-1.0  WB:太陽光


今度はWBを白熱灯にして撮影。
絞り込んで、SSが長くなった分を使って、
露光間フォーカスで光点をぼかしてみた。
中央大橋 02
撮影  2009年1月4日 
SONY α900 DSLR-A900
KONIKA MINOLTA AF ZOOM 17-35mm F2.8-4 D  15秒  F11.0  EV-1.5  WB:白熱灯


手前のフェンスの中に入って撮影をしたかったが、
貿易港である名古屋港の管理が良くて、
部外者の入る隙間なんてどこにもなかった。

撮影していたら、警備会社の車が巡回してくるし・・・
怪しいけど、決して怪しい者ではございません。

2009.01.05 Mon l 風景 l COM(2) TB(0) l top ▲
昨日の海辺にて。
岩場の上を歩いている鳥がいたので、その子にもフォーカス。

ん・・・?
タヒバリかな。
なかなか近寄れず、遠くから一枚。
タヒバリ 0901-01
撮影  2009年1月4日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/125  F6.7


日が昇ってきて、
朝日に照らされた姿も。
タヒバリ 0901-02
撮影  2009年1月4日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/250  F5.6  EV-0.5


なかなか近寄らせてもらえなかったタヒバリですが、
ハクセキレイは、警戒心が薄いのか、
なぜか近くに寄ってくるんだなぁ。
ちょうど、始めの一歩を踏み出した感じの一枚。
ハクセキレイ 0901-01
撮影  2009年1月4日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/500  F6.7


海辺の撮影は、日頃会えない鳥達と会えて、
楽しい時間を過ごすことができました。
2009.01.05 Mon l l COM(0) TB(0) l top ▲
いつもの公園が、木々の多い森の環境であり、
鳥たちは、おのずと木々に集まる鳥達が多くなる。

このお正月の連休は、
海からの日の出を、撮影場所を替えながら何度か撮りに出かけた。
今日も、海岸に出て日の出の写真を狙っていたのだが、
夜明け前の波打ち際に、鳥達が集まっていた。

日の出狙いだったから逆光になってしまったけど、
薄明かりの中のハマシギ。
ハマシギ 0901-01
撮影  2009年1月4日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1000  F6.7


鳥達を驚かさないように
(逃がしてしまわないように)
海岸を大きく回って、順光になるように撮影位置を替えて、
砂浜の上を低い姿勢を取って接近を試みた。
ハマシギと、シロチドリの集団をファインダーに捉えた。
混群 0901-01
撮影  2009年1月4日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/350  F6.7


一羽だけ群れから離れていたシロチドリにフォーカスすると。
なんと言うか・・・癒し系の姿だこと(^^
シロチドリ 0901-01
撮影  2009年1月4日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/500  F6.7


一歩近づいてはシャッターを切り。
なんとか少しでも接近できるよう、じわじわと這うように近づいていたのだが。
ふいに、飛立った群れ
追いピンでシャッターを切った。
(シャッターを切りながら、マニュアルフォーカスで追いかけるぅ~
混群 0901-03
撮影  2009年1月4日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/350  F6.7


厳しい自然に生きる小さな鳥達。
だけど、その姿は愛らしかった。
惚れてしまうやろー...

(ちょうど、釣り人がこっちに歩いてきていて、それで飛んじゃったんだね)

2009.01.04 Sun l l COM(0) TB(0) l top ▲
おかしいな、
彼氏と、ここで待ち合わせって聞いてたのに。
まだ、来てない・・・
ジョウビタキ 0901-02
撮影  2009年1月3日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/500  F6.7


ヤッベー
遅れたよ。
あぁ~怒って帰っちゃったかな。
ジョウビタキ 0901-01
撮影  2009年1月3日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1000  F6.7


時間帯違いで同じ場所で撮った彼氏と彼女。
2009年、ジョウビタキの恋の行方は(^^
2009.01.03 Sat l l COM(0) TB(0) l top ▲
2009年 最初の鳥は、
ウソからでした。

ウソ(嘘)から始まったのいうのが、
この一年を、何かしら暗示しているような..

枝だらけの中で、証拠写真程度ですが.
鷽 0901
撮影  2009年1月3日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1000  F6.7


ウソ(鷽)・・・・
鷽替え神事が有名である。
話した嘘を、天神様の使いである鷽に託して神前に納め、
罪を償うという信仰である。
また、昨日の凶を嘘にして吉に取り替えるとか。

初の撮影が、ウソ(鷽)から始まったことは、喜ぶべしなのかもしれないな。

2009.01.03 Sat l l COM(2) TB(0) l top ▲
             新年 明けましておめでとうございます。

20090101.jpg

            昨年は いろいろありがとうございました。

              今年も よろしくお願いいたします。

2009.01.01 Thu l 風景 l COM(4) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。