上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
今日は、朝露を撮った。
ズボンの裾を濡らして、地面に肘をついて。
草の匂いに包まれながら、
春の朝の、
露の雫を見つけてきた。

早朝は、吐く息も白く。
まだ、空気に冷たさが残っているけど、
田んぼの畦道や、土手に芽吹くのは、
初々しい緑色の新芽の草達だった。

『ヨモギ』
ヨモギ
撮影  2009年2月28日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/125  F3.5  EV-1.0



『草の先』
草の先
撮影  2009年2月28日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/350  F3.5  EV-1.0



『キラメキ』
キラメキ
撮影  2009年2月28日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/125  F3.5  



久しぶりの100mmマクロ。
朝露の雫の一つにピントを合わせながら、
ドキドキしながら、シャッターを切る。

靴も、服も泥だらけになりながら。

スポンサーサイト
2009.02.28 Sat l 葉っぱ l COM(0) TB(0) l top ▲
ウメジローに遊ばれている梅林で撮った、
メジロ以外の鳥たちです。


ウメツグミン
ウメツグミン
撮影  2009年2月8日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/125  F6.7 



ウメシメ
ウメシメ
撮影  2009年2月8日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/60  F6.7 



ウメスズメ
ウメスズメ
撮影  2009年2月21日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/500  F6.7 



2009.02.27 Fri l l COM(0) TB(0) l top ▲
センサー(ローパスフィルター)にゴミ(ダスト)が付着している。
ブロアーで吹いて回復を試みるも取れないで残っている。

絞り込んで撮影をした場合、どうしてもゴミが目立ってくる。
そして、なんだかわからないが、致命的な「黒いゴミ」まで写ってしまった。
(帰宅後、ブロアーをしたけど。やっぱりダメ・・・)
黒いダスト

サービスセンターにセンサークリーニングを依頼することも可能だが。
これから、このような状態になるたびに、
サービスセンターに送付というのも問題がある。
やはり、自分で清掃できるようにしておきたい。
と思って、日曜日(22日)に
センサークリーニングキットを買ってきた (by:名古屋駅前ビッグカメラ)

粘着棒でセンサーに付着しているゴミを取る方法のキット。
清掃スタンプ
キットの注意書きには
「当社は一切の責任を負いません。お客様自身の責任においてご使用ください」
ローパスフィルターに致命的な傷をつけないよう慎重に・・・慎重に・・・・・

それと、
無水アルコールとクリーニングペーパー
(割り箸は自前)
清掃具

・・・・・・

そんな前段取りがあって。
昨晩、このローパスフィルターの清掃を実施したという訳である。

清掃前の状態。白い紙を撮影して確認 (F22 AWB...以下同条件)
清掃前

まず、ペーパーを割り箸に巻きつけて、
そのペーパーにアルコールをしみこませ、フィルターを拭いて清掃。
アルコール清掃 1
狙っていた「黒い点」は無くなったが、
ペーパーを逃がした時の跡と思われる箇所に汚れが出てしまったため。

次は、スタンプで清掃。
タンプ 1
ススタンプを使った清掃で、先の汚れは取れたけど、
今度は、画面の下のラインに、また違うゴミが見える・・

・・・

清掃しては、白い紙の前で写真を撮って、画像の確認(ゴミの確認)
それの繰り返し。
1時間ぐらいかけて。
(最初の一回目をアルコールで拭いて。後は、スタンプタイプの清掃具を使用)

一応なんだけども、今回の清掃は終了。
清掃後
なんとか、気になるゴミを取ることが出来た...と思う。

(フルサイズで見ると一部に残っているんだけど・・・どうしても取れなくて)

2009.02.26 Thu l 家のこと l COM(2) TB(0) l top ▲
咲く梅ばかりでなく、
梅の木の根元。
地面では春の花が咲いています。
そんな野の草が揺れていたのでレンズを向けると、

メジロが。

花が咲いたね~なんて会話をしてるのかな(^^
地面のメジロ 1
撮影  2009年2月21日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/750  F8.0  EV+0.5



ホトケノザの花の下で
地面のメジロ 2
撮影  2009年2月21日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/750  F8.0  EV+0.5


2009.02.25 Wed l l COM(0) TB(0) l top ▲
梅林公園を撮影。
いつも、望遠で引き寄せたウメジローばかり撮っているので、
たまには、公園の雰囲気も撮っておこう。

大きな池があって、
池のほとりの一部が梅林公園になっている。
25種類=4,600本の梅があるそうだ。
梅林
撮影  2009年2月21日  
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  1/750  F4.5



観梅のお客様が多くなり、
メジロの姿が遠のいた頃、梅の撮影。

『早春の光』
光 1
撮影  2009年2月21日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/4000  F5.6



『輝く時』
光 2 
撮影  2009年2月21日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1500  F13.0



日が昇ると、太陽の光が池の水面に反射して
キラキラとまぶしく光っている。
水面の反射を背景にして、
ウメジロー撮りで使っていた、400mmレンズで撮影でした。

2009.02.24 Tue l l COM(2) TB(0) l top ▲
この季節は、ウメジローばかりになってしまいます(^^;;

2月21日(土曜日)
海の撮影から、梅の咲く公園に行きました(先週と同じパターンです)
海岸では、すさまじい強風と高波でしたが、
公園に着くころには、太陽が顔を出し、
暖かさを感じる陽気となりました。
だけど、風はまだ吹いているので、晴れたり曇ったりの天候です。
ウメジロー 0902-02
撮影  2009年2月21日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1500  F6.7



曇り空は、光が回り込んで柔らかい感じになってくれました。
ウメジロー 0902-03
撮影  2009年2月21日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/500  F6.7



そして、今週もウメビタキ。
白梅 ジョウビタキ
撮影  2009年2月21日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/250  F6.7


2009.02.23 Mon l l COM(0) TB(0) l top ▲
朝、4時半に目を覚まし、出かける準備をして・・・
外に出ると雪が降っていた。
そのまま車を走らせて、
海岸に到着したのは5時を少し過ぎった頃だった。

車を停めて外に出ると。
その時点で。
聞こえてくる波の音が違う。
地響きのような・・・ドドドドドー。
そして、まっすぐに立っていられないほどの強さで風が叩きつけている。

夜明け前の暗い海。
逆巻く波は白く。
岩にぶつかり、その岩を飲み込むように砕けていた。


『波砕けて岩を霞ませる』
波砕けて岩を霞ませる
撮影  2009年2月21日  
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  30秒  F4.5


『白い波が岩を包む』
白い波が岩を包む
撮影  2009年2月21日  
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  30秒  F4.5



家を出るときに降っていた雪は、
撮影している最中も。
何度か、みぞれまじりに降ったり止んだりを繰り返した。

嵐の様相。

帰りに車の中のラジオのニュースで聞いたこと。
「知多地域沿岸部に、強風波浪注意報が出ております」・・・・なるほど。

2009.02.21 Sat l 風景 l COM(2) TB(0) l top ▲
木曜日(19日)の話・・・

夜。
会社の作業服から、帰宅の私服に着替え、
事務所の建物から外に出た。
その時に感じた・・・春の匂い。


自分の変な癖というか。
季節の変わり目を匂いで感じるということ。
気にしているわけではないのだけど、
昨日の空気とは、あきらかに違う気配を鼻の奥に感じる。

春の匂い・・・
土の匂いとか、植物の匂いとか。
眠っていた生物達が、目覚めのあくびをしたような。
なにか、有機的な匂い??

(感覚的なことなので、言葉で説明するには難しくて)


カレンダーで季節は区切られていたとしても。
自分にとっては
今日(19日 木曜日)から 『春』 ...

2009.02.20 Fri l 家のこと l COM(0) TB(0) l top ▲
海の撮影をしている場所に、
気になる岩がある。
どういう波の浸食、
どういう風の浸食を受けたらこうなるのか。
いつからここにあるのか。

先日の月下の夜に、
シルエットの姿に近づいてシャッターを切った。


『影岩』
影岩
撮影  2009年2月11日  
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  30秒  F4.5



岩は、ゴツゴツした縁取りを蒼い夜に晒して、
この先も。
満ちては欠ける月を見続けていくのでしょう。

2009.02.17 Tue l 風景 l COM(4) TB(0) l top ▲
海の写真を撮って帰って、
パソコンで、画像を見ていると。
妻が・・・どこまで行ってきたの?
と聞いてくる。

『夜が明けたよ』
夜が明けたよ
撮影  2009年2月11日  
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  6秒  F27.0 



なんのことはない、
行った先の海岸の名前を言うと、
へぇ~近くで撮ったとは思えない写真だね。
という話になる。

たしかに、遠征をして撮っている風景ではなく。
(車で30分ほど走るけど)
海岸線の道路沿い。
砂浜もあるが、岩場が多いので海水浴場でもない。
日中であればドライブコースになるかもしれないけど、
この季節の夜明け前の時間帯に、わざわざ立ち寄る人もいない。
そんな場所で撮っている。


『岩と海と朝焼けと』
岩と海と朝焼けと
撮影  2009年2月2日  
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  30秒  F11.0 



いつもなら、車で走りすぎてしまう海岸は、こんな景色の場所なんだよ。

2009.02.16 Mon l 風景 l COM(2) TB(0) l top ▲
日曜日、掛川花鳥園に行ってきました。
温室内は、汗ばむほどの陽気。

熱帯性スイレンの温室内を飛ぶ、
コガネメキシコインコ。
花鳥園-1
(もう少し広角のレンズでも良かったかなぁ・・・(^^;;


熱帯スイレンの写真も
花鳥園-3
(水面のうつり込みの方をメインに・・・(^^


ご飯(エミューのえさ)を持っていた上の娘は、
エミューに取り囲まれて
花鳥園-2
(囚われの娘の図・・・( ̄□ ̄;)!!


暖かな日曜日。
久しぶりに家族でお出かけでした。

2009.02.15 Sun l 家のこと l COM(0) TB(0) l top ▲
せっかくの休日だから。
次はメジロを撮りに行こう!

午前3時から明け方まで、
海で写真を撮っていたけど。
今度は、梅林公園に車を走らせた

 (40分後、梅林公園の駐車場到着)
公園に着いて、
カメラを準備して、
梅の咲く公園内に入っていくと。
早速、メジロの声が出迎えてくれる。

この公園。
メジロ達は白梅の方が好みのようで、
なかなか、紅梅に来ている姿に逢えないのだが、
今日は特別?
紅梅でメジロを見つけた。

紅ウメジロー。
紅梅 メジロ
撮影  2009年2月11日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/250  F6.7  EV+0.5 


すると、視界の隅を赤い色が横切った。
ジョウビタキ
薄桃色の梅に見っけ。
紅梅 ジョウビタキ
撮影  2009年2月11日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/500  F6.7  EV+0.5 


もちろん白い花にウメジローも。
白梅 メジロ
撮影  2009年2月11日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/250  F6.7  EV+0.5 


ふと気がつくと、調子に乗って写真を撮りすぎていた。
公園についてから2時間程度で、
コンパクトフラッシュ(2G)がいっぱい・・・(300枚程度撮影)
ちょっと、シャッターを切りすぎたと反省。

2009.02.13 Fri l l COM(0) TB(0) l top ▲
11日は、もともとは出勤だったけど、
会社が休業日になった。
休業日(景気悪化により。現在、出勤調整を実施中)
会社の将来を憂慮する事態ではあるのだが、
休みが増えたと受け取っておこう。


11日は、10日に満月になった月が十六夜となる。
だから、月光の海が呼んでいる・・・(と書くと大げさだが)
月の光に照らされた海を想うと、
心がざわめくような感覚で、
まるで遠足前の子供のようだと、自分にあきれてしまう。

夜が明けるにはまだ早い午前3時に海岸に着いた。
少しだけ欠けた月が世界を青く染めている夜。
心のざわめきをそのままにカメラを構えてきた。


『玲瓏の海』
玲瓏の海
撮影  2009年2月11日  
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  30秒  F4.5  WB:白熱灯



『月と岩』
月と岩
撮影  2009年2月11日  
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  10秒  F8.0  WB:白熱灯



海に沈む月も撮りたくて明け方まで海岸にいたけれど。
月が海に近づく頃、
湧き出した雲の中に月が隠れてしまった。

・・・あとは、夜明けを迎える空だけが残った。

2009.02.12 Thu l 風景 l COM(2) TB(0) l top ▲

blogは、カテゴリーごとに
記事が分類できるようになっているけど、
「花」という分類は、まだ作っていなかったな。

写真を始めた頃は、マクロで接近して見る花の姿に、
今まで気づかなかった模様や、繊細な作りを見つけて、
新しい発見をするようで、花の写真ばかりを撮っていた。
最近は、葉っぱの写真や、
花に来る虫達を探すことが多いけど。

梅が咲き出した公園で、
ひとしきり鳥を追いかけた後、花と向き合ってみた。

『枝の先に灯る花』
枝の先に灯る花
撮影  2009年2月8日  
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  1/250  F3.5  EV+2.0


『春は光に包まれて』
暖かな光に包まれて
撮影  2009年2月8日  
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  1/60  F3.5  EV+0.5


『春の見る夢』
春の見る夢
撮影  2009年2月8日  
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  1/500  F3.5 


冷たい風が吹いていたけど、
柔らかな暖かさを届けてくれる、春の陽射しがうれしかった。

2009.02.09 Mon l l COM(6) TB(0) l top ▲
インターネットで地元の梅林公園の情報を検索したら、
梅まつり=「2月15日~3月8日」と書いてあるのを見つけた。
今日は、一週間早いけども、梅を見に出かけてきた。

梅見が目的と言うよりも、ウメジローを探しに出かけた訳である。
・・・会いたかった子を見っけ(^^
ウメジロー0902
撮影  2009年2月8日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/125  F6.7 


でも、メジロの姿は少なく。
もう少し梅が開花すると (お祭りの期間中になるけど)
もっと集まってくるのかな。

今日は、メジロの姿より、
シジュウカラが飛びまわっている姿をよく見かけた。
目の前に来て、ドキドキのシジュウカラ。
シジュウカラ 0902
撮影  2009年2月8日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/200  F6.7 


そして、ジョウビタキも見つけることが出来た。
花が咲いていない枝とまりは、何枚も撮れたのだけど、
梅に絡んでくれないか。
ジョウビタキの後を追いかけて、追いかけて。
やっと、咲いている枝にとまってくれた彼。
ジョウビタキ 0902
撮影  2009年2月8日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/750  F6.7 


ウメジローの季節が来ると。
蝶の姿もそろそろかなと、だんだん心が騒がしくなってくる。
毎度の春

2009.02.08 Sun l l COM(2) TB(0) l top ▲
ほぼ、同じ構図で2枚

夜が明けてくると早い。
風景が、だんだん明るくなってきて、
それこそ、この一枚と、次の一枚とでは、
写真の明るさが違ってくることもある。

露出補正。
絞り。
気にしていないと、オーバーの真っ白な写真になってしまう。

この写真は、海岸に着いて最初の時間帯に撮った風景。
岩の持つ存在感が暗い海に突き出していて
波をかぶった岩肌は黒く濡れて・・・色っぽい。

『暗い海』
暗い海
撮影  2009年2月7日  (6時03分) 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  30秒  F4.5  EV+0.5  



その後、少し海岸を歩いて。
また、朝の場所に戻ってきて一枚。
その時には、岩場は明るくなり、
朝の一枚とは別の表情があった。

『朝を迎える』
朝を迎える
撮影  2009年2月7日  (6時20分) 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  30秒  F8.0  EV-1.0  



今朝の波は荒かった。
でも、荒々しさ、怖さといった感じではなく。
海が遊んでる・・・。
その感じにとらわれて、いつも以上にシャッターを切ってしまった。

2009.02.07 Sat l 風景 l COM(0) TB(0) l top ▲
この日の海は曇り空 (空のトーンが単調)
波も穏やか (無表情)
海を眺めていても、なんだか眠っているような感じを受ける。
・・・静か
いつものように、夜明け前に海岸に着いたのだけど、
撮影ポイントが決められないまま、
海岸をうろうろと歩き回るだけの時間が過ぎてしまった。

そんな中、感じのよさそうな岩場を見つけ。
カメラを据えて数枚のシャッターを切った頃だった。

『穏やかな波』
静かの波
撮影  2009年2月5日  (6時35分) 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  20秒  F16.0  EV-1.5  



ファインダーから目を離して、よそ見していた時。
岩場に打寄せる波の音が変わった。
海を見ると、海面が盛り上がり高い波が迫ってきている。
波は、岩場にたたきつけるように当たって砕け、
白く泡立って次の波にもまれる。
(その差10分)

『荒れる波』
荒れる波
撮影  2009年2月5日  (6時45分)
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  6秒  F22.0  



眠っていた海が、寝返りをうったように、突然動き出す。
それは、ほんのわずかな時間の出来事だった。
数回打寄せた大きな波は、
少しずつ穏やかに、穏やかに・・・
もとの静かな海になってしまった。

海が荒れた瞬間、思わずシャッターを切った。
同じ場所で撮った写真は、表情の違うものとなった。

2009.02.06 Fri l 風景 l COM(0) TB(0) l top ▲
夏の間は木々の葉が茂っているため、
蔓の存在は、
葉の中に埋もれてしまっていることでしょう。

芽吹きの春を待つ木々の間に、
蔓性植物を見つけた。
お互いにねじれ合いながら、
木の枝からぶら下がっている蔓。
蔓-1
撮影  2009年1月27日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/125  F6.7



大きな木の存在があってこそ、
彼等の生きる環境があると思うと、
全ては自然というバランスの中で、
お互いが共生しているんだろうな。
蔓-2
撮影  2009年1月27日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/200  F6.7  EV+1.0



・・・撮ってきた写真を見ながら、そんなことを感じていた。

2009.02.05 Thu l 葉っぱ l COM(0) TB(0) l top ▲
同じ海岸に通うのだけど、
行く度に違う表情を見せてくれる。
波の大きさ。
潮の満ち引きによる潮位の違い。
天候。


『朝の薄明』
090127 0630
撮影  2009年1月27日 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  15秒  F11.0 



『海から岩が現われる』
090125 0634-3
撮影  2009年1月25日 
SONY α900 DSLR-A900
SIGMA 20mmF1.8 EX DG ASPHERICAL RF  30秒  F16.0 



どこに立って、どの方向を撮ろうかと風景を見ながら歩く。
そうやって考える時間が最近の自分の撮影に無かったと、
海に行くようになってから気づいた。
(鳥や、蝶の場合、見つけたら撮る=条件反射だから)

・・・・・
考えながら撮っていると書いてはみたものの、
自分がどこまで出来ているのやら。

2009.02.03 Tue l 風景 l COM(2) TB(0) l top ▲
ちょっと、木の種類は分かりませんが。
この木の実。
よく、鳥達が食べに来ている姿を見つける。

メジロの声が聞こえたので近づくと。
メジロ 0902-01
撮影  2009年2月2日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/750  F6.7



やっぱり、いましたね。
メジロお得意の逆さまポーズで、一つGETの写真。
メジロ 0902-02
撮影  2009年2月2日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1000  F6.7



少し前の写真だけど。
空抜きだったので、+1.0の補正で撮ったルリビタキ。
やっぱり、同じ木の実を食べていた。
ルリビタキ 0902-01
撮影  2009年1月3日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1000  F6.7  EV+1.0



食べた実を鳥達が運んで森が広がる。
この木の実を、公園の中のあちこちで見かけるということは、
鳥の落としたものから芽吹いたんだと考えたいな。

2009.02.02 Mon l l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。