上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
朝は曇り。
午後からは晴れ間も出るけど、晴れると蒸し暑い日曜日です。

妻が仕事だったので、毎度のことのお留守番でした。
そして、こんな日は毎度のことの晩御飯係りです。

今日は、ちょっと変わったものを作ってみました。
ピザソースとか使っていませんから、正しくピザかどうか・・・あやしいです。
我が家のピザ


小麦粉(強力粉)+塩(少々)+バター(少々)+片栗粉(少々)を
(生地づくりの分量なんて知らないから、いい加減なのです)
こねて、伸ばして、軽くフライパンで焼いて。

一つは、 コールスローサラダ、トマトをのせて。
もう一つは、 ジャガイモと、ほぐした塩鮭をマヨネーズであえたもの。
もう一つは、 ハムと、ほうれん草と、マヨネーズ。
・・・オーブンレンジで焼き上げました

いや、これが美味しかったんだけどね。
自分が作れる料理のレパートリーが増えてきます(^^


・・・明日から、6月...か。
スポンサーサイト
2009.05.31 Sun l 家のこと l COM(0) TB(0) l top ▲
三尺バーベナ。
もとは園芸種だったと思いますが、ほとんど野生化しています。
あちこちで、姿を見かけます。
でも、蝶を呼んでくれる花ですね。
モンシロチョウ 0905-01
撮影  2009年5月29日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/3000  F6.7


ミカドアゲハを見に行った場所の周りには、田んぼが広がっています。
田んぼの畦に、紫色の背の高い花 (三尺バーベナ) を見つけたので近づいたら、
モンシロチョウがたくさん来ていました。
モンシロチョウ 0905-02
撮影  2009年5月29日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/3000  F6.7


花に舞う君達の姿を、少し撮らせてね。

2009.05.30 Sat l 昆虫(蝶) l COM(2) TB(0) l top ▲
初めて見る蝶。
俊敏に樹上の高い所を翔ぶから、シャッターを切るタイミングをくれない。
ミカドアゲハ -02
撮影  2009年5月26日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1500  F6.7



知多半島の一部の地域にミカドアゲハが発生していることは
以前から知っていた情報だったのだが、具体的な場所を知らなかった。
でも、自分が通っている公園の近くに発生地があったなんて。

吸蜜しそうな目ぼしい花が近くになく。
産卵のために葉にとまる一瞬を狙っての撮影となった。
ミカドアゲハ -01
撮影  2009年5月26日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/500  F6.7



もっと近くで・・・
もっとシャープに・・・
また、いつかの機会としましょう。

(実は、目の前で、地面にとまった一瞬があったんだけど・・・撮れなかった!!)

2009.05.29 Fri l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
先日、コクワガタを見つけた。
コクワガタ
撮影  2009年5月23日
SONY α900 DSLR-A900
SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE  1/20  F8.0


樹液場に虫たちが集まる季節になったようだ。
これからの撮影は、樹液の出ている場所も見て歩るこう。
などと思っていたら。
早速、樹液場が大繁盛の様相になっていた。
樹液場
撮影  2009年5月26日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/125  F8.0  フラッシュ



わ~い、何種類いるんだろう (^^


・コクワガタ
・オオフタモンウバタマコメツキ (国内最大級のコメツキムシ)
・ヨツボシケシキスイ
・アリ
・マダラアシゾウムシ (しっかり樹皮に擬態して、写真を撮りながらでも、すぐには気づかなかったなぁ)


2009.05.28 Thu l 昆虫(その他) l COM(0) TB(0) l top ▲
葉っぱの上に乗っている黒い点。
よくよく近づいて見ると、オトシブミでした。

カシルリオトシブミ

図鑑などには、体長3.5mmと書かれている小さな虫。
体は金属光沢で輝いています。
カシルリオトシブミ -02
撮影  2009年5月26日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1000  F6.7


オトシブミは、葉っぱを丸めて「ゆりかご」を作り、その中に卵を産んで、
卵や幼虫、蛹を外敵から守るという生態を持っています。
人間目線で言えば、子を守る親心といった感じでしょうか。

「ゆりかご」を作っているカシルリオトシブミに出会いました。
カシルリオトシブミ -03
撮影  2009年5月26日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/750  F6.7


小さな体で大きい葉っぱを丸める。
そして、大切な卵を一つ産み付けて、
卵は葉っぱのゆりかごに守られて成長していく。

・・・また、次の葉っぱを丸めに行くんだね。
カシルリオトシブミ -01
撮影  2009年5月26日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/200  F8.0


2009.05.27 Wed l 昆虫(その他) l COM(0) TB(0) l top ▲
カミキリのblogか?
という状態になりつつある今週。
(だって、カミキリばかり見つけたので...)
日本で800種を持つグループだから、
じっくり探しながら歩くと、出会う可能性も高いのでしょう。

キマダラカミキリ
キマダラカミキリ
撮影  2009年5月26日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/250  F5.6


ヤハズカミキリ
ヤハズカミキリ
撮影  2009年5月26日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/60  F6.7


ワモンサビカミキリ
ワモンサビカミキリ 
撮影  2009年5月23日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/250  F6.7



初めて見る種類では、名前を調べるのも楽しい時間になります(^^

2009.05.26 Tue l 昆虫(その他) l COM(0) TB(0) l top ▲
毎年、5月頃になると一度は出会う赤い派手な子。
ベニカミキリ 
撮影  2009年5月23日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/350  F6.7


ベニカミキリ

幼虫は竹を食害するらしいが、
なるほど、ちょうどこの写真を撮っている場所のすぐ脇は竹林になっている。
ベニカミキリ -01

竹の子(筍)は、人間も食べるけど。
成長した竹は、ちょっと固くないかい?

成虫になるまで3年。
竹の中で守られて、なんだか竹取物語りのようだね。

2009.05.26 Tue l 昆虫(その他) l COM(0) TB(0) l top ▲
黄色いカミキリ(キイロトラカミキリ)の次は・・・

赤い体に黒い翅。
草の先で目立っていたハンノキカミキリ。
ハンノキカミキリ -01
撮影  2009年5月23日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/250  F6.7


名前の通り、ハンノキ類に依存している(食べている)カミキリ。
ハンノキが湿地帯を好むため、このような環境が少なくなっている現状では、
ミドリシジミと同様に生息数が心配される。

そろそろ、発生するであろうミドリシジミを探して歩いていたところ遭遇した。
ハンノキカミキリ -02
撮影  2009年5月23日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/250  F6.7


2009.05.25 Mon l 昆虫(その他) l COM(0) TB(0) l top ▲
そんな訳で。
蝶があんまりいないなぁと言って、とぼとぼ帰って来るのではなく。
そんな日こそ、
草むらをじっくりと探してしまうので、他の虫達の写真が多くなる。

草の先に見つけた、黄色と黒のお洒落な姿。

キイロトラカミキリ
キイロトラカミキリ -1
撮影  2009年5月23日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/60  F6.7


キイロトラカミキリ -2
撮影  2009年5月23日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/60  F6.7



別の場所でも見つけたけど。
林の影であり、非常に暗い状況だったので、
フラッシュを焚いたら・・・生態写真な仕上がりになってしまった(^^;;
キイロトラカミキリ -3
撮影  2009年5月23日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/125  F6.7  フラッシュ 


翔ぶ瞬間のおまけつき。
キイロトラカミキリ -4
撮影  2009年5月23日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/125  F6.7  フラッシュ 

2009.05.24 Sun l 昆虫(その他) l COM(0) TB(0) l top ▲
いつもの公園に行っているのだけど。
なんだか今年は、蝶の姿をあまり見かけないような気がする。
今日は、モンシロチョウもベニシジミも見なかった。
(昨年は、あちこちで翔んでいたのに...)

今日は・・・

クロアゲハ
クロアゲハ 0905-01
撮影  2009年5月23日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/45  F6.7


別の場所でも
クロアゲハ 0905-02
撮影  2009年5月23日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/500  F5.6


モンキアゲハがスイカズラの花に
モンキアゲハ 0905-03
撮影  2009年5月23日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/250  F6.7


クロコノマチョウは枯葉の上に
クロコノマチョウ 0905-01
撮影  2009年5月23日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/45  F6.7  EV-0.5


コミスジはヒラヒラと舞い降りて枝にとまった
コミスジ 0905-02
撮影  2009年5月23日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/750  F6.7  EV-0.5


蝶をしっかり探しながら、
草むらの脇をゆっくり歩いていると。
日頃は、見落としてしまうような小さな虫達の姿を見つけてしまう。

蝶との出会いが少なかったからといっても、
たくさんの虫達が、あっちの草の先、こっちの葉っぱ上で息づいていた。
(...虫を見ちゃうと撮ってしまうのが、虫撮りの性かな)

2009.05.23 Sat l 昆虫(蝶) l COM(2) TB(0) l top ▲
月の海が見たい。
でも、丸い月と晴天と自分の休みが重ならなかった。

やっと、5月10日に月の海を撮りに行けた。

『月夜』
月夜
撮影  2009年5月10日
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  10秒  F4.5  WB:白熱電球


前回、写真を撮ったころは、
防寒対策をしっかりしていないと、
手がかじかんで、シャッターを切ることさえ大変なことになっていたのに。
もう、長袖のシャツ一枚でも、海風が心地良く感じる5月である。


『夜明けの月』
夜明けの月
撮影  2009年5月10日
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  4秒  F8.0  EV-0.5


夜明けの時間が早い。

夜空で明るく光っていた月は。
夜明けとともに陽の光にその場を譲り。
薄く、空に透けていった。


駐車場から月を見ると灯台と並んでいた。

『灯台と月』
灯台と月
撮影  2009年5月10日
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  1/20  F5.6  EV-0.5


2009.05.21 Thu l 風景 l COM(0) TB(0) l top ▲
月曜日、会社が休み・・・(休業実施)だったため、
日曜日の晩に、
また、晩御飯を釣りに行って来ました。

 (前回は、エサで釣ってきましたが。 今回は、ルアー釣りです)

メバル6匹 (大きいのが一匹 17cmです)  
タケノコメバル 4匹
メバルなど10匹
釣果的には、前回よりも少なくなりましたが。
大きなメバルが釣れたことがうれしいです。

この釣果も、
お刺身と骨せんべいでいただきました。

ご馳走様でした。

2009.05.18 Mon l 釣りのこと l COM(0) TB(0) l top ▲
天気予報では、この週末は雨とのこと (写真に行けないかな)

そんな週末なので (まだ、雨が降っていない今のうちに)
金曜の夜、知多半島の海へ魚釣りに出かけた。

メバル=25匹  カサゴ=3匹   タケノコメバル=1匹  
メバルなど29匹
合計29匹を釣って、土曜日の朝に帰ってきた (あまり大きくはありませんが)

これで、今日の晩御飯はOK。
刺身
全部、お刺身に変身。
種類ごとに、味を見ようとお皿は別に。
そして、3枚におろした魚の骨を、
油で揚げて骨せんべいにしたら、娘達にも好評(^^

晩御飯の後。
残さず食べた下の娘より... 「ねぇ~今日も魚釣りに行ってよぉー」

いや、外は大雨なのですが...
 (それでも、行って行けないことはないけどね~(^^;;   でも、今日は寝かして。

2009.05.16 Sat l 釣りのこと l COM(4) TB(0) l top ▲
昨年は11月頃までムラサキシジミの姿を見つけ、
紫色に輝く翅の色に心を奪われて撮影をしていた。
そんなムラサキシジミは、
そのまま越冬し、翌春を迎える蝶である。

春まだ早い時期に見つけていれば、
ムラサキの翅を見たかもしれないが。
初夏の候。
翅は痛みムラサキの輝きは、かすかに残るだけとなった姿を見つけた。
ムラサキシジミ 0905-01
撮影  2009年5月9日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/2000  F6.7


今年生まれる君の子供達が舞えるよう、
この場所の自然が、このままでありますように。

2009.05.14 Thu l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
もう少し若い内に収穫すれば、晩のおかずになっていたかな。
すっかり葉を広げ、薄緑色を朝陽に透かして、まぶしく輝いています。

『光る朝』
光る朝
撮影  2009年5月9日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/90  F3.5


『幼い葉先』
幼い葉先
撮影  2009年5月9日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/200  F3.5


春の山菜であるワラビには、
ほとんど虫食いの跡がありません。
葉を狙うであろう虫達は、ワラビが持っている灰汁のせいで、
食べることが出来ないのだと聞いたことがあります。

人間は灰汁抜きをすることを知っているので、
ワラビの新芽を、美味しく食べられるのです。

2009.05.13 Wed l 葉っぱ l COM(0) TB(0) l top ▲
葉っぱの上に、かさぶたが乗っかっている。

たくさんの動物の形態が進化論の先にあるとするなら、
この小さな虫の体には、どんな作用が働いたのだろう...ね。

『イノコヅチカメノコハムシ』 15mm Fisheye で接近
イノコヅチハムシ-02
撮影  2009年5月9日 
SONY α900 DSLR-A900
SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE  1/125  F5.6


マクロレンズで接近。
イノコヅチハムシ-01
撮影  2009年5月9日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/125  F8.0


よく見ると小さな眼が見える。
もちろん触角もある。
ファインダーの向こうで、
決して早くない速度で葉っぱの上を歩いている。

「うん」と、勝手に納得しながら。
やっぱり昆虫だ (かさぶたじゃなかった...ね)

2009.05.12 Tue l 昆虫(ハムシ類) l COM(0) TB(0) l top ▲
イタドリの葉っぱの上の虫を撮っていたら、
何かの...視線を感じる。

ファインダーから顔を外して、
ふと、視線の主を探すと。
おや!?
ハエトリグモが食事をしながら、こっちを見ています。
マミジロハエトリ 0905-01
撮影  2009年5月9日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1000  F6.7
 

マミジロハエトリの彼女でした。
マクロレンズのカメラに替えていた最中に、獲物は放してしまったようです。
マミジロハエトリ 0905-02
撮影  2009年5月9日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/200  F5.6


彼女の撮影ができたので。
彼氏は、どんな顔? (ちょうどこの日は、オス・メス両方を撮影)
正面を撮ろうとしたのではなく、カメラを向けたら正面を向いてくれた彼氏。
大きな目の上に白い眉毛。おまけに、この眉毛はつながっちゃってるし。
白いひげまで、たくわえています。
マミジロハエトリ 0905-03
撮影  2009年5月9日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/200  F4.0


こんなポーズをしていました。
マミジロハエトリ  0905-04
撮影  2009年5月9日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/200  F4.0


2009.05.11 Mon l クモ類 l COM(2) TB(0) l top ▲
(今回は、イタドリの葉の上でいろんな出会いがあったので、イタドリからみのネタがつづく予定(^^;;

ベニヘリテントウを見つけたイタドリの葉。
小さな緑色のクモを見つけた。

『ハナグモ』...

花の中に潜んでいる姿をよく見かけるけど。
今日は、葉っぱの上の居心地がいいのかな。
前脚を振り上げて威嚇のポーズ。
ハナグモ
撮影  2009年5月9日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/200  F6.7  EV-0.5


お腹の模様は、なんとなく人の顔に見えなくもないような・・・
ハナグモ-01
撮影  2009年5月9日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/250  F6.7  EV-0.5


(上の二枚を撮ってから)

あちこち散策して、この場所に戻ってみると。
自分の体より大きな獲物を捕らえて、葉の裏で食事をしていた。
ハナグモ捕食
撮影  2009年5月9日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/125  F5.6


小さな体に生きるための力を持ち。
また、こんな体では、他の(昆虫を含めた)動物に襲われるかもしれない。

でも、それが、自然を生きるということなのだろうか。

2009.05.10 Sun l クモ類 l COM(0) TB(0) l top ▲
晴れた。
虫撮り日和(^^

もちろん蝶を探して歩いていたのだけど、
目にとまったのは、
イタドリの茎を登る小さな虫。
テントウムシのシルエットだけど、初めて見る模様。
ベニヘリテントウ
撮影  2009年5月9日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/350  F6.7


帰ってから調べたら 『ベニヘリテントウ』 という名前に行き着いた。
トリミングして、ちょっと大きめに拡大。
ベニヘリテントウ-01
撮影  2009年5月9日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/350  F6.7


ただ歩き去ると、見落としてしまう草むらの虫達。
少し、足を止めて草むらを覗き込むと、
いろんな虫達の息づかいが聞こえてくる。

草むらは、虫達が住む世界。
地面にも葉の先にも、小さな命が歩いていた。

2009.05.09 Sat l 昆虫(その他) l COM(0) TB(0) l top ▲
写真に撮ると、この明るさだけど。
実際には、薄暗くてシャッター速度が上がらない状況だった。

林の中から聞こえる、金属的な澄んだ声。
声の方向を探すと、木々の隙間に見えた黄色い姿、キビタキ。
キビタキ 0905-01
撮影  2009年5月1日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/30  F6.7 



初夏。
木々の緑が濃くなって、鳥の姿を見つけにくくなるけれど。
林の中、あちらこちらで鳥の声は聞こえてくる。
ギィー・・・
の声にカメラを向けると、コゲラが枝にとまっていた。
コゲラ 0905-01
撮影  2009年5月1日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/350  F6.7 



今朝まで降っていた雨は午後に上がって、雲間に少しだけ見えた青い空。
明日は、夏空が広がりそうな予感・・・

2009.05.08 Fri l l COM(0) TB(0) l top ▲
今日で雨は三日目 (特に今夜は、カミナリが聞こえるほど)
そして、自分の熱も三日目。
熱は下がってきたのだけど、
お腹がゆるくて、夜中にも何度かトイレに起きているありさま。
何か、変なものでも食べたのか。

    ・・・・・・・

ツツジの咲く公園の一角。
黒い翅に、大きな斑紋のついたモンキアゲハが、花から花へ。
モンキアゲハ 0905-01
撮影  2009年5月1日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1000  F6.7  


モンキアゲハ 0905-02
撮影  2009年5月1日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1000  F6.7


小学生の頃。
ツツジの花を摘んで、
花のお尻から蜜を吸って遊んでいた。
ツツジの蜜は、とっても甘くて。
蝶も好きなのかな。

2009.05.07 Thu l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
朝から大雨~

GWは、特に出かけていないのですが・・・

昨晩から頭が痛い。
今日は一日中からだがだるい。
頭痛もおさまる気配はない。
夕方になり、寒気もしてきた。

まさか、世界的に流行しているあの「新型」か??
(出かけていないので、そんなことは無いですが)


さっき熱を測ったら・・・37.5度。


あ~。
な~んか、連休になると熱が出るんだよなぁ。
2009.05.05 Tue l 家のこと l COM(0) TB(0) l top ▲
翅に見える白い点が、互い違いについているように見えるので、
オオチャバネセセリ (だと思います)
オオチャバネセセリ 0905-01
撮影  2009年4月13日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/3000  F6.7  EV+0.5



こっちは、コチャバネセセリ。
コチャバネセセリ 0905-01
撮影  2009年5月1日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1500  F6.7  EV+0.5



アゲハチョウが舞い、セセリの姿を見るようになると。
そろそろ、夏・・・を想う頃

そういえば、明日は立夏かな。

2009.05.04 Mon l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
黒い色の中にラメを散りばめたような翅色を持った蝶。

タンポポの花に・・・
タンポポとカラスアゲハ
撮影  2009年5月1日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1000  F6.7  EV+1.0


水が滲んでいる場所では、吸水している姿もあった。
光の当たり方で、翅が緑に見えたり
カラスアゲハ吸水-1
撮影  2009年5月1日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/200  F8.0


青にも見えたりする。
カラスアゲハ吸水-2
撮影  2009年5月1日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/750  F6.7 


翔びたったカラスアゲハが、近くの葉の先にとまった。
カラスアゲハ裏翅
撮影  2009年5月1日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/250  F9.5  EV+1.0 


この季節、羽化して間もない固体だったのか、
ピカピカの翅が、陽射しに輝いていた。

2009.05.03 Sun l 昆虫(蝶) l COM(2) TB(0) l top ▲
連休中、妻は仕事。
娘達とのお留守番ウィークの始まり。

ということで、娘達と釣りに行ってきた。
(砂浜からの投げ釣り~)

今晩の夕食GETを目的に出かけたのに、
釣れてくるのは、クサフグばかり。
海岸に出来ていた潮溜りに、釣ったクサフグを入れると、
天然のふれあい水族館の出来上がり、
娘達も、フグと戯れてたりしてね。
クサフグ大漁
気の早い下の娘は、早速水着で遊んでいます。

でも、フグばかりでは、夕食にはなりません。

そんな時。
釣竿に感じた、グーーンという重さ。
竿をあおってみるけども、びくともしない重みを感じるだけ。
・・・根掛りしちゃったかな。
無理やりリールを巻き上げると、
竿先に感じる重さをそのままに仕掛けが寄ってきた。
・・・海草でも引っ掛けちゃったかな。

そんなことを思いながら巻いていると。
水面に見える釣り糸が、右に走る。左に走る。

あれ、糸が走ってるよ??

・・・竿には、あいかわらずズッシリとした重さがあって。

どんどん仕掛けが近づいてきた。
そして、波打ち際に見えたのは!

40cmのコチでした!!
コチ 40cm
下の娘が持つと、よけいに大きく見えたりしてね。

というわけで、
なんとか、夕ご飯になりそうな魚を釣ることが出来きて
・・・よかった。

コチは、刺身に。
出たアラは、大根と煮付けて。
(サラダも作って)
夕ご飯の出来上がり。
コチとダイコンの煮付

妻が帰って来る前に、ちゃんと間に合ったぞ。


コチの煮付けが美味しくて・・・娘にも妻にも大好評だったよ。
(コチって美味しい魚ですね~)

2009.05.02 Sat l 釣りのこと l COM(0) TB(0) l top ▲
先週は、冷たい雨と風で寒い日が続いていたが。

GWの初日。
朝から、射すような陽が空気を暖める。
そんな日の蝶達は、
皐月の太陽を、開いた翅いっぱいに浴びていた。

アゲハチョウ
アゲハ 0905-01
撮影  2009年5月1日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/350  F6.7 



カラスアゲハ
カラスアゲハ 0905-01
撮影  2009年5月1日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/750  F6.7 



コミスジ
コミスジ 0905-01
撮影  2009年5月1日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/2000  F6.7 



テングチョウ
テングチョウ 0905-01
撮影  2009年5月1日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1500  F6.7 



久しぶりにたくさんの蝶達が出迎えてくれた撮影となった。
(久しぶりに写真に出かけた(^^
何枚もシャッターを切った中から、翅を開いてくれた蝶達を...今日の紹介としよう。

2009.05.01 Fri l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
実は、勤め先でのこと。 ・・・「バス釣りしています!!」という子(2人)が出た。
今まで、社内から、バス釣りをしている人の声を聞くことがなかったので、
「そうなんだぁ~」という具合に、過去に釣った大物の話なんかをしていると。
 (こういう釣りの話は、好きな人間同士で話し出すと盛り上がるもので)

「一緒に行きましょう!」
「連れてって下さい!!」

と、いうことになって・・・・
知多半島のブラックバスに、若い衆2人を連れて行ってきた (4月24日)


もちろん、自分はエスコート役に徹して、
過去に、大物を釣った池に案内し、
その池の『いいポイント』を彼らに教え、

自分は隅っこで釣り始めたのだけど・・・いや~私が釣ってしまった 48cm
090424 48cm
090424 48cm-2

若い衆を目の前にして、
何も釣れないというのは面目丸つぶれなので。
これはこれで、先輩としての地位を保ったということにしておきましょう(^^
(この一匹で、自分自身の内心は"ホッ"としたのだけどね)

その後 38cm
090424 38cm

池を変えて 39cm
090424 39cm


ちょっと・・・
若い衆も釣るには釣ったのだけど、
大きいのは、私が釣り上げてしまったのだ。

相手は魚だから、筋書きのないドラマってことで・・・・
2009.05.01 Fri l 釣りのこと l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。