上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
トンボのネタ。

蓮の咲く池で、ウチワヤンマもみつけました。
このトンボ、
前脚をたたんで、後脚4本でとまりますから、
なんだか、胸に蓮の蕾が刺さっているように見えます。

ヤンマの名前がつていますが、実はサナエトンボ科
ウチワヤンマ 0907-01
撮影  2009年7月26日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/4000  F6.7 



そして、7月に撮影のオニヤンマ。
日本最大種。
ヤンマの名前がついていますが、ヤンマ科ではなくて
オニヤンマ科。
オニヤンマ 0907-02
撮影  2009年7月20日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/4000  F6.7 


大型のトンボは、真夏のシンボルです。

スポンサーサイト
2009.07.30 Thu l 昆虫(トンボ) l COM(0) TB(0) l top ▲
蓮の大輪の花を見ながら。

池の周りの撮影だったので、トンボの姿も期待していると、
蕾の先にチョウトンボを見つけました。
黒い翅は、光の当たり方で七色の反射が見えます。
ちょうど、太陽は真上にあって、
暑い陽射しを浴びながらの撮影となりました。
チョウトンボ 0907-01
撮影  2009年7月26日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1500  F6.7 


黒い翅に、黒い体のチョウトンボは、
よけいに暑いんじゃないかと少し心配してしまいます。

おっ、翔んだ!!
チョウトンボ 0907-02
撮影  2009年7月26日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1500  F6.7 


2009.07.28 Tue l 昆虫(トンボ) l COM(4) TB(0) l top ▲
蓮 蕾 0907-01
撮影  2009年7月26日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1500  F6.7


蓮の撮影。
まだ、蕾の花もありました。
花びらを落とした華もありました。
お昼近い時間だったので、
雲間から覗く太陽が、ギラギラと夏の日差しを降らせていました。
咲く花 散る花
撮影  2009年7月26日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/4000  F6.7


花を目の前にすると、難しいなぁ~とつくづく思ってしまいます。
たくさんの被写体は目の前にあるのに、
どうやって撮ろうかと考えながら・・・
立つ華
撮影  2009年7月26日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1500  F6.7


2009.07.27 Mon l l COM(0) TB(0) l top ▲
午前中は、雲の多かったこの地方でしたが、
お昼頃には青空が広がりました。
晴れると、やはり暑い。
入道雲が綿飴のように空に広がります。
入道雲 0907-01
撮影  2009年7月26日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  1/1500  F11.0


娘達と留守番をしておりましたが、
写真も兼ねて、公園に出かけて来ました。
いつも行く公園は、あまり人の手が入っていない、
里山の雰囲気を色濃く残した場所ですが、
市民の憩いの場といった感じで開発された公園も近くにあります。
公園 0907-01
撮影  2009年7月26日 
SONY α900 DSLR-A900
SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE  1/6000  F4.0 
 

一枚目の入道雲も、この公園で撮ったものです。
娘がとんでもない場所に座っていますが。あまり気にしないことにしましょう(^^


さて、今日の夕方。
さっきまで晴れていた空が、にわかに暗くなってきました。
黒い雲が空を這うように迫ってきます。
日中の入道雲が、そのまま雷雲になったようです。
(自宅前から撮影)
黒雲 0907-01
撮影  2009年7月26日 
SONY α900 DSLR-A900
SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE  1/30  F8.0 
 

この後、暗くなった空から、
大粒の雨がバラバラと音を立てて落ちてきたのでした。

名古屋の私鉄が、この雨で運転を一時見合わせしていたようです。
(1時間程度で雨は上がったため、大事には至りませんでした)

2009.07.26 Sun l 家のこと l COM(0) TB(0) l top ▲
土曜日、名古屋地区は晴れたけど。
テレビで九州地方、中国地方の大雨にニュースを聞いていました。
豪雨・土砂災害...毎年どこかで起きています。
自然のバランスが、どこか崩れてしまった地球なのかもしれません。

さて、妻が仕事に行く週末。
今日もお留守番していますので、
三連休ネタが続きます。

・・・・

知っている樹液場を、もう一箇所たずねてみました。
カナブンがたくさん来ていたけど。
他の虫の姿はないかな・・・と、思っていたら。
足下に、外骨格のみを残す姿に成り果てているカブトムシを発見。
何に襲われたのだろう。
カブトムシ 0907-01
撮影  2009年7月20日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/6  F9.5


そんなカブトムシに気をとられていたら、
樹液場から大きな影が翔びだした。
クノコノマチョウ 夏型の固体だった。
クロコノマチョウ 0907-01 
撮影  2009年7月20日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/10  F5.6  EV-0.5


クロコノマチョウ 0907-02
撮影  2009年7月20日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/6  F6.7 


目の前の樹液場にいたのに、全然気がつかなかったな。
この翅模様では、樹皮にまぎれて簡単には見つけられないですね。

2009.07.25 Sat l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
さて、月曜日の撮影ネタを小出しにして書いておりますが、
カラスアゲハ、モンキアゲハ、ノコギリクワガタ、ミドリシジミ…
を撮影し、公園内の散策道を歩いています。
  足下にチラチラと翔ぶ、水色の小さな蝶はヤマトシジミ。
  目の高さの空間を、すべるよう翔んできたオニヤンマ。
  周りの空気を支配するのは、脳髄に染込むセミの大合唱です。

7月中旬。
空気は熱を帯び、太陽の陽射しが容赦なく照りつけ、
虫密度が高くなる野山です。
今日は暑いので、水場が恋しいのは人も蝶も同じみたいですね。
ルリシジミや、キチョウの姿がありました。
キチョウ 0907-01
撮影  2009年7月20日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/500  F8.0  EV+0.5 



ルリシジミ 0907-01
撮影  2009年7月20日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/250  F8.0  EV+1.5 



近づいてきた人間の姿に、一瞬は翔び立つけれど、
水場の上をアチラコチラと舞うだけで、この場所から離れようとしない蝶達です。
ルリシジミが翔び立って、次にとまった場所は、
ありゃ、ウラギンシジミの隣。
ルリとウラギン 0907-01
撮影  2009年7月20日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/750  F8.0  EV+1.0 


この、一点の水の何が蝶を惹きつけたのでしょう。
葉っぱの上で出会った二人なら。
きっと、縄張り争いで追いかけ合いをしているのにね。
今日は、とっても仲良く見える二人かな。

2009.07.24 Fri l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
クワガタを見つけて、
なんとなく、今日のノルマを果たしたような気分になって、
林の中を抜ける道を歩いていると、
満開になったヤブガラシの花の上で。なにかしら、きらめく緑色を見た。

訪花しているミドリシジミを見つけたのは初めてかもしれない。
それに、7月も中旬になったこの時期にオスの個体だった。
ミドリシジミ 0907-01
撮影  2009年7月20日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1500  F6.7



食事に夢中なのか、翅を開いてくれることはなかったけど。
今シーズンのミドリシジミは終焉していた自分にとって、
翔び立つときに見えた、名残のゼフィルスブルーが鮮やかだった。

2009.07.23 Thu l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
三連休 最終日の撮影。

駐車場を出てから。
公園の、あの樹液場が気になって、
その場所を目指して、真っ先に行って見ると。
いたいた(^^
ノコギリクワガタ。
ノコクワ 0907-01
撮影  2009年7月20日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/125  F6.7  フラッシュ 



周りにかぶさる葉っぱが気になって、
写真を撮りながら、葉を手でずらしていたら、
ポトッ!!

地面に落ちてしまった。
ノコクワ 0907-02
撮影  2009年7月20日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/750  F6.7  フラッシュ 


せっかくだから、捕獲して記念撮影。
撮影後は、ちゃ~んと元の場所に逃がしておいたよ。


・・・・・

今日は日食。
名古屋の空は、あいにくの曇り空。
仕事中ではあったけど。
最大食の頃に空を見ると、空にかぶさった雲の薄いところから、
三日月のような太陽を見ることが出来た。
職場のコンパクトデジカメで撮影したけど。
かろうじて見えるかなぁ~~程度の撮影しか出来なかった。
一応・・・・
090722 部分日食


2009.07.22 Wed l 昆虫(その他) l COM(2) TB(0) l top ▲
土曜、日曜は、妻が仕事だったためお留守番。
夏休みになった娘たちは。
おばあちゃんのところに行きたいとのことで
早速、連れて行ったりしていた。

三連休の最後の月曜日も、別件で昼から出かける予定があったけど、
先週は写真に出かけていなかったから、
朝の時間だけ、少し散策をしてきた。

昨晩、激しく降った夕立の水溜りが残る道を公園へと車を走らせる。
公園の駐車場は、ちょうど雲間から顔を覗かせた太陽に熱せられて、
立ち昇るような湿気に包まれていた。

そんな駐車場で出迎えてくれたのは
カラスアゲハ。
駐車場にできた水溜りで吸水中。
カラスアゲハ 0907-01
撮影  2009年7月20日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/500  F6.7  EV-0.5 



同じ駐車場の他の場所。
黒い蝶の姿を見つけ近づくと、
ここではモンキアゲハが吸水中。
モンキアゲハ 0907-01
撮影  2009年7月20日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/250  F6.7  EV-0.5 


駐車場のあっちへ、こっちへ。
なんだかこのまま、
駐車場だけで撮影が終わってしまいそうな気がしてきて。
水を飲む彼らを後にして公園の中に歩を進めた。

2009.07.21 Tue l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
記事としては、少しさかのぼってしまうが。
7月5日、蝶を探して、お隣の三重県まで出かけてきた。

この地方は。
昨年、豪雨により大きな被害があった。
ここへ至る道も、橋が流されたために迂回路の看板が出ていた。
そして、昨年遊んだ川原へ降りると。
景色が一変していた ・・・  参考→昨年の記事

昨年は、川原のすぐ際まで草むらで覆われていたのに、
川原が広がってしまった今年である。
川遊び0907-01
撮影  2009年7月5日 
SONY α900 DSLR-A900
SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE  1/250  F8.0


この日は、
あいにくの曇り空。
娘達は、川遊びをはりきっていたけれど、
気温が上がらずに、ちょっと調子が出ないみたい。
でも、二人仲良く何をしているのか覗いてみると。
イモリを捕まえていた。
川遊び0907-02
撮影  2009年7月5日 
SONY α900 DSLR-A900
SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE  1/250  F8.0


川遊び0907-03
撮影  2009年7月5日 
SONY α900 DSLR-A900
SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE  1/125  F8.0


蝶探しの、ドライブだったけど。
お目当ての子は見つからなくて、
カメラ機材を川原置いて、自分も少し川遊びをしていたのでした。

2009.07.15 Wed l 家のこと l COM(0) TB(0) l top ▲
外国産カブトムシ、クワガタの輸入規制が緩んでから、
幼少の頃に図鑑を見てあこがれていた種類が
ホームセンターでも売られるようになった。

それでも。林の中で見つける国産のカブトムシやクワガタに
ときめいてしまうのは、小さい頃も、今も変わらないようだ。

久しぶりに見つけた、ノコギリクワガタ (大歯型)
嬉しかったなぁ (...コクワガタも二匹)
ノコ 0907-01
撮影  2009年6月27日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/125  F5.6  フラッシュ


というわけで。
先週見つけた、その樹を今週も見に行ってしまった。
ノコギリクワガタ 0907-01
撮影  2009年7月4日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/160  F6.7  EV-0.5  フラッシュ


今週も、見つけたノコギリクワガタ (短歯型)
ちょっと、小型ではあるが、嬉しいことに変わりない。

他の枝の先で、羽音がするのでレンズを向けると。
ちょうど翔び立つ所。
ノコギリクワガタ 0907-02
撮影  2009年7月4日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/250  F6.7  EV-0.5 


この樹は、ノコギリクワガタを誘う何かがあるのか、
多数を見つけることが出来た。
そして、大きいのがいないのか細かく探していると・・・
枝の裏から覗き込む彼を発見。
ノコギリクワガタ 0907-03
撮影  2009年7月4日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/250  F6.7  EV-0.5 


発見と言っても、
先に、彼の方が、こっちに気づいていたのでしょうね。

・・・なんか、最近、変な人間が来るよなぁ~~とか。

2009.07.05 Sun l 昆虫(その他) l COM(4) TB(0) l top ▲

朝 0907-01
撮影  2009年6月27日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/2000  F5.6 


早朝
伸びた苗の丈
朝陽が射し
輝く


好きだな
この時間

2009.07.03 Fri l 葉っぱ l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。