上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ウスバシロチョウ 舞う
ウスバシロチョウ 1104-01
撮影  2011年4月30日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1500  F6.7


空き地のところどころに、タンポポなど野の花が咲いていました。
でも、撮影していた時間に、花にとまる姿はありませんでした。
まるで、重力を感じていないかのように、
ふわふわと、ゆっくりと空中を翔んでいます。
そして、枯れ草の上に舞い降りるだけ。
ウスバシロチョウ 1104-03
撮影  2011年4月30日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1500  F6.7


というわけで、撮影した姿は、枯れ草の上で静止が多かったのですが。
こんな...繁殖行動のシーンにも出会いました。
ウスバシロチョウ 1104-04
撮影  2011年4月30日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1500  F6.7



かろうじて、葉っぱとまりも。
ウスバシロチョウ 1104-02
撮影  2011年4月30日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/750  F6.7


今度は、花にとまる姿を見せてくださいね。
ウスバシロチョウ 1104-05
撮影  2011年4月30日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/200  F6.7


・・・

今日は、曇り空だった。
撮影の終盤には雨が降り出すような天候。
気温が上がっていなかったせいか、
頻繁に地面に降りて静止するシーンがあった。

スポンサーサイト
2011.04.30 Sat l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
やっと、自分のカメラで撮った。
やっぱり春は、この蝶を見つけないと。

ベニシジミ
この美麗さは別格だと思う。
(非常に主観的ではあるが・・・)
ベニシジミ 1104-01
撮影  2011年4月24日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/2000  F6.7



これが、その辺の空き地で翔ぶわけだから、
小さな頃から、当たり前の蝶になっているのである。

よく見ると、(よく見なくても)
とっても綺麗な蝶である。

・・・って思うんだよな。
2011.04.28 Thu l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
今シーズン、まだ見ていなかったルリタテハ。
出てくるときは、いつも突然。
ルリタテハ 1104-01
撮影  2011年4月24日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/750  F6.7


トイレに行こうと向かっていたら・・・翔んできた。
ちょっと、我慢しながら撮影(^^;;
ルリタテハ 1104-02
撮影  2011年4月24日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1500  F6.7


2011.04.27 Wed l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
今年最初のアオスジアゲハです。
アオスジアゲハ 1104-02
撮影  2011年4月24日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/2000  F6.7



青いステンドグラスが美しいです。
そして、相変わらず地面からの吸水が好き。
アオスジアゲハ 1104-01
撮影  2011年4月24日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/2000  F6.7



寝起きは、水が飲みたくなるってことかな。

2011.04.26 Tue l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
ツバメシジミのメスは、春の最初に発生する固体(春型)に
翅の変化があらわれるから、ツバメシジミがたくさん発生する
草地で、女の子(メス)ばかり追いかけるという、
ストーカー的な撮影をしてしまった。

撮影したツバメシジミ一覧 (春型:メスの個体差比較)
ツバメシジミ 1104-04
撮影  2011年4月24日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO



閉じられた翅に、どんな輝きをもっているのか、
ドキドキしながらファインダーをのぞいている。
ゆっくりと開く翅は、ベルベットなブラック。
それとも、青いラメを散りばめたパーティードレス。

春は、蝶の翅も彩るようだ。

2011.04.25 Mon l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
3月の末頃に行ってから、約一ヶ月ぶりにいつもの公園に行った。

この公園にも、桜の木はたくさんあるから、
毎年、撮影をしながら花見の気分を味わっていたが、
今年は桜の時期にギフチョウを追いかけていたので、
公園の桜の花を見ることはなかった。

ツマキチョウが散策道の脇から翔び出して、
少し高い木の枝にとまった。
ツマキチョウ 1104-04
撮影  2011年4月24日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1500  F6.7



なかなかとまらないツマキチョウが、
こんな、花でもなんでもない枝の先にとまるなんてこともあるのだな。

少し撮影位置を変えると、
翅の先に、黄色いワンポイントが見えた。
ツマキチョウ 1104-05
撮影  2011年4月24日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/2000  F6.7


2011.04.24 Sun l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲

開いたら、ちょうどだったので、切り取ってしまいました。

カウンターが、『 11111 』



みなさんのおかげです。

ありがとうございます。

  ・・・・・na-gi
2011.04.22 Fri l blog始め l COM(2) TB(0) l top ▲
4月16日撮影分。
この日は、下の娘がプール教室だったので、送っていきました。
次に迎えに行くまでの2時間程度を、プールのすぐ近くにある公園で、
蝶を探してみることにしました。

そこで、ムラサキシジミをみつけた。
ムラサキシジミ 1104-01
撮影  2011年4月16日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/750  F6.7



公園の周りは、結構な住宅地なのですが、
いるところには、いるのですね。
これからは、娘をプールに送っていたタイミングで、
蝶撮影にちょうどいい公園かもしれません。
ムラサキシジミ 1104-02
撮影  2011年4月16日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1500  F6.7


2011.04.21 Thu l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
トラフシジミの開いた翅の色を、以前ネットで見たことがあります
トラフシジミ 1104-01
撮影  2011年4月17日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/750  F6.7


閉じている翅の印象からは想像つかない、とても深い青色を秘めていました。
その時から、見てみたい=撮りたいと、ずっと思っていたのです。
この場所は、トラフシジミの目撃も多いので期待して探しましょう。
トラフシジミ 1104-02
撮影  2011年4月17日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/3000  F6.7


撮る角度によっては、もう少し翅全体に深い青の色が見えるかと思いますが、
このワンカットしか撮れませんでした。
トラフシジミ 1104-03
撮影  2011年4月17日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/3000  F6.7


また、いつか、開いた翅を見せてくださいね。

2011.04.20 Wed l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
先週のギフチョウ撮影で、
コツバメの姿を撮ることは、かないましたが、
地面にとまっている姿ばかりでしたので、
今回は、葉っぱの上にいる姿を探しました。

逆光になってしまったのでプラス補正。
コツバメ 1104-03
撮影  2011年4月17日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/250  F6.7  EV+1.5



背景違いで、もう一枚
コツバメ 1104-04
撮影  2011年4月17日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/350  F6.7  EV+0.5


高いところで追いかけっこしていたり、
地面にとまっていたりのコツバメでしたが。
やっと、葉っぱの上で見つけました。

2011.04.19 Tue l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
今週もギフチョウに行ってきました。

先週は見つけられなかったトラフシジミに会いたいし、
地面でしか撮れなかったコツバメの葉っぱとまりを撮りたいしと、
期待ばかりを膨らませて、出かけてきました。

コバノミツバツツジと・・・
ギフチョウ 1104-05
撮影  2011年4月17日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/750  F6.7


スミレと・・・
ギフチョウ 1104-06
撮影  2011年4月17日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1000  F6.7



陽が昇り、林の底に木漏れ日が射し込む頃、ギフチョウが舞い始めました。

2011.04.18 Mon l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
ギフチョウを追う娘。
ギフチョウ 1104-04

・・・・

岡崎にて

本日、出会いました皆様に、お礼を申し上げます。
カメラデビューの娘に、いろいろとご指導をくださいまして、
ありがとうございました。

コンデジ片手の娘から「私の写真を、載せて欲しい」と要望があり、
数点を掲載いたします。

ギフチョウ
ギフチョウ 娘 1104-01
撮影: 2011年4月17日
機材: Canon PowerShot A495  オート
    
   超接近で、撮影に成功したそうです。 
   撮影後に私のところまで、「撮れたよー! 見て見てぇ~!!」とやってきました。

タチツボスミレ
タチツボスミレ 娘1104-01
撮影: 2011年4月17日
機材: Canon PowerShot A495  オート
   
   このスミレで、ギフチョウ待ちをされていた方々の目の前を横切り
   撮影してしまいました、ご無礼をお許しください。

ナンカイイワカガミ
ナンカイイワカガミ 娘1104-01
撮影: 2011年4月17日
機材: Canon PowerShot A495  オート

   自分で構図を決め、横からの光も、あえて狙って入れたそうです。



自然の豊かさ、大切さ、面白さに気付いて欲しいと思います。

・・・・
2011.04.17 Sun l 家のこと l COM(4) TB(0) l top ▲
春の野の地面付近を、
チラチラと点滅するように、小さな蝶が翔んでいます。
ツバメシジミでした。
ツバメシジミ 1104-01
撮影  2011年4月16日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/750  F6.7


翅をいっぱいに広げると、目の覚めるような青い色。
ツバメシジミ 1104-02
撮影  2011年4月16日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1000  F6.7


メスは黒い翅。
でも、黒い中に、青いラメを少しちりばめているようです。
ツバメシジミ 1104-03
撮影  2011年4月16日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/750  F6.7


ツバメシジミのメスの春型は、翅の色合いに個体差がでるので、
いつかの機会に、比較できるような写真を載せたいと思います。

2011.04.17 Sun l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
春だけにあらわれる蝶。
この出会いを逃すと、また来年まで待たなければなりません。

1時間かけて、やっと訪れたワンチャンス。
ツマキチョウ 1104-01
撮影  2011年4月16日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/2000  F6.7 


ツマキチョウは、とまらないのです。
目の前を何度も通り過ぎていきます。
花にとまりそうな素振りを見せて、
でも、また翔びつづけて。

やっと、
ツマキチョウ 1104-02
撮影  2011年4月16日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/2000  F6.7 


撮れましたという感じです。
ツマキチョウ 1104-03
撮影  2011年4月16日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/2000  F6.7 


2011.04.16 Sat l 昆虫(蝶) l COM(2) TB(0) l top ▲
青い星が、湿地の上に点々と散らばっています。
枯れ葉色が強く残っている地面の上に、青い色が鮮やかでした。

ハルリンドウ
ハルリンドウ 1104-01
撮影  2011年4月11日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1500  F6.7  EV-0.5



林の底で、ひっそりと咲く花に、
木漏れ日のスポットが射し込んで彩りを添えました。

ショウジョウバカマ
ショウジョウバカマ 1104-01
撮影  2011年4月11日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/90  F5.6



この個体は、ほかのハルリンドウと比べて、
花の中心部分にある、線の模様が違うような感じがして撮っておきました。
ハルリンドウ 1104-02
撮影  2011年4月11日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/3000  F6.7  EV-0.5

2011.04.15 Fri l l COM(0) TB(0) l top ▲
ギフチョウを探しに来た日。
到着したのが早朝ということもあって、
林の下には、まだ陽が届かず、とても寒かったのです。

もちろん、蝶の姿は見当たらず、
陽が射し込んで周りが温まるまで少し待ちましょう。


ふと、
ムラサキケマンの姿を見つけたので、もしかしたらと思い近づいてみると。

ムラサキケマン朝露 1104-01
撮影  2011年4月11日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/90  F2.8
 


ムラサキケマン朝露 1104-02
撮影  2011年4月11日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/90  F4.0  EV-0.5
 


ムラサキケマン朝露 1104-03
撮影  2011年4月11日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/45  F4.0  EV-0.5
 

朝露の水玉をいっぱい実らせた葉っぱがありました、というわけです。

2011.04.14 Thu l 葉っぱ l COM(0) TB(0) l top ▲
ギフチョウとの出会いが目的で出かけたのですが。
この蝶との出会いも期待していました。

コツバメ
コツバメ 1104-01
撮影  2011年4月11日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1500  F6.7  EV-0.5


ギフチョウやミヤマセセリと同様に、
一年間で、春にだけ現れる蝶だから
なんだか特別な想いを寄せてしまいます。
コツバメ 1104-02
撮影  2011年4月11日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1500  F6.7  EV-0.5


2011.04.13 Wed l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
ミヤマセセリと出合ったのは久しぶりです。

ギフチョウを追いかけていた時に見つけて、
そのまま、ミヤマセセリの方を追いかけました。
ミヤマセセリ 1104-01
撮影  2011年4月11日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/750  F6.7



この蝶も、春だけに現われる妖精。

シャッターを切るまで、そこを動かないでね。
・・・と、祈りながら撮りました。
ミヤマセセリ 1104-02
撮影  2011年4月11日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1500  F6.7


地面にとまると、しっかり保護色なんですね。

2011.04.12 Tue l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
ギフチョウ 1104-00
撮影  2011年4月11日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/750  F6.7


ギフチョウ 1104-01
撮影  2011年4月11日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/750  F6.7  EV-0.5


去年、いつごろ行ったのか、一年前の記事を見たら、4月10日だった。
ちょうど、まる一年、同じようなタイミングで出かけてきたようです。

まだ気温の上がらない朝の時間帯は、
なかなか姿を見せてくれず。
そして気温が上がってくると、
今度は、翔びつづけてなかなかとまってくれません。

翔び続けている姿を目で追いながら、
春の妖精に出会えたことで、嬉しい一日となりました。
ギフチョウ 1104-02
撮影  2011年4月11日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/750  F6.7  EV-0.5


ギフチョウ 1104-03
撮影  2011年4月11日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/500  F6.7


2011.04.11 Mon l 昆虫(蝶) l COM(2) TB(0) l top ▲
春型のアゲハチョウ
少し小さくて、飛翔も俊敏な感じを受けます。
アゲハ 1104-01
撮影  2011年4月10日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/3000  F6.7


本当は・・・
翅の先に黄色いワンポイントの白い蝶を探しに行ったんだけど、
目の前を翔ぶ姿を、追うだけとなってしまいました。
アゲハ 1104-02
撮影  2011年4月10日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/3000  F6.7


その代わりと言っては、
せっかくのアゲハチョウに失礼ですが。

翅がピカピカ、羽化したてのアゲハチョウに会えました。
アゲハ 1104-03
撮影  2011年4月10日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/2000  F6.7


2011.04.10 Sun l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。