上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
パソコンが壊れた。
 Win XP pentium4 : もう7年、8年ぐらい使ったのかな

Safe modeの画面表示が出るだけで、何の操作をしても立ち上がらなくなって、
PCショップに持っていったら、(その翌日)「HDDが物理的に壊れていますね。」だって。


・・・(泣)


過去に撮っている写真データは外付けHDDで管理しているから、
自分的には大きな被害はなかったのだけど、
家族みんなで使っているパソコンなので、
中には、いろいろな、ファイルが入っているのです。
なんとか、データ救出をお願いして、まぁ、ある程度は吸い出してもらえたのでした。


というわけで、次のパソコンを購入することになりました。
突然、今まで使っていたものが壊れてしまったことで、
予算の準備なんてありませんから、ハイスペックは全然無理な相談です。

PC DEPO の ozzio MXA232150SDS
(Windows 7 Home Premium 64bit/Core i3 2120/DDR3 4GB)  
…ホントは、i7が欲しかったけど。


という選定をしました。
いろいろデータを入れなおしたり、ソフトを整備したりで使い始めましたが。
やっぱり、今の世間一般で使われている仕様ということもあるのかな。

動作が早い、速い、とってもはやい。
体感的にそう感じてしまうということは、
今まで使っていたパソコンは、突然壊れたというよりも、
どこか不具合が出ていたのかもしれません。


そんなことで、パソコンは新しくなったのだけど。
お盆休みとか、いろいろと忙しくて写真に行けてないのです。
今週末も用事があって写真に行けそうもないかなぁ~。

・・・・

 パソコンが壊れてから思う。
    データーのバックアップは、必要だよな。
スポンサーサイト
2012.08.24 Fri l 家のこと l COM(2) TB(2) l top ▲
もう一つ、期待していた蝶が、
スジボソヤマキチョウ。
スジボソヤマキチョウ 1208-01
撮影  2012年8月4日 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  1/3000   F4.0
 

多数を目撃できました。
ただ、見つけたところが同じ環境の場所なので、
同じような写真となりました。
スジボソヤマキチョウ 1208-02
撮影  2012年8月4日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1000  F4.0  


久しぶりに、この蝶を見ることができました。
よかった(^^
スジボソヤマキチョウ 1208-03
撮影  2012年8月4日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1250  F4.0  


2012.08.12 Sun l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(1) l top ▲
そして、とうとうクジャクチョウ。

小学生の頃に見た昆虫図鑑。
クジャクチョウが翅を広げて、ページいっぱいに載っていました。
こんなキレイな蝶がいるんだ。
いつか見てみたいな。
そんな想いが、ずっと心にありました。

Netの友人たちから届けられる、クジャクチョウの姿。
標高の高いところに行けば会えるとわかっていながらも、
時間が作れず、クジャクチョウの姿を思うだけの毎年を繰り返しました。

でも、今年こそは行こう。
それが、今回の御岳に向かった理由です。

出会いは突然。
森の中で、少し開けた場所の陽だまり
いかにも、蝶が翅を休めていそうな気配のある場所。
ふと、黒いシルエットが翔びたって、
クルクルと旋回しながら、地面に降りてきました。
クジャクチョウ 1208-01
撮影  2012年8月4日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1250  F6.3  


閉じたり、開いたりしている翅は、
想いを馳せた、あの目玉。
クジャクチョウ 1208-02
撮影  2012年8月4日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1250  F6.3  


一枚、二枚、シャッターを切ったら、
また翔び立って、森の中に消えて行きました。
クジャクチョウ 1208-04
撮影  2012年8月4日 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  1/2000   F4.0 


彼らは、彼らの時間を生きているだけ。
私の想いなど知らず。
それで、いいと思います。
クジャクチョウ 1208-03
撮影  2012年8月4日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1250  F4.0  


私の前にあらわれてくれた彼に、ありがとね。
2012.08.10 Fri l 昆虫(蝶) l COM(4) TB(0) l top ▲
アカウシアブをまとわりつかせながら、森の中を歩いていると。
歩く先の足元や、木々の葉の間から、たくさんの蝶が翔び立つのです。

この蝶は何でしょう。
ヒメキマダラヒカゲ 1208-01
撮影  2012年8月4日 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  1/1500   F4.6  EV-1.0


近づくと逃げるのを繰り返しながら、
ファインダーに見えた姿は、ヒメキマダラヒカゲのようです。
ヒメキマダラヒカゲ 1208-02
撮影  2012年8月4日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/500  F6.3  


アブに喰われる前に、あわて撮影してきました。
ヒメキマダラヒカゲ 1208-03
撮影  2012年8月4日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/30  F6.3  


2012.08.09 Thu l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
金曜日の夜、
仕事から帰って、ふと思いたって、
御岳まで車を走らせました。
上の娘もついてきてくれました。

明け方、御岳ロープウェイの駐車場の近く、
少し開けた草原から見える御岳。
御岳 十六夜
撮影  2012年8月4日 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  1/3  F4.0  EV-0.5


十六夜の月の下
白々と明けていく空と、
朱にそまる頂。
御岳 十六夜-01
撮影  2012年8月4日 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  1/350  F4.0  EV-0.5


そして月は、山に寄り添う。
御岳 十六夜-02
撮影  2012年8月4日 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  1/4000  F4.0 


さて、夜が明けて、
御岳ロープウェイ乗り場のすぐ横の森を散策してみましょう。

  ……

森の中を歩きはじめると、
すぐに大きなアブ(まるでスズメバチのような)が、まとわりついて来て、
カメラを構えていられるような状況ではないのです。

大きなアブ=アカウシアブ

頭にとまる、
腕にとまる、
足にとまる。
十匹以上のアカウシアブが、
私と娘の周りで、ブンブン羽音を響かせて飛びまくります。

カメラバックにとまるアカウシアブ。
アカウシアブ 1208-01
撮影  2012年8月4日 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  1/350  F4.0 


一緒についてきた上の娘は、タオルを振り回して追い払っていますが、
その程度じゃ追いつかないぐらいの数。
吸血のために刺すこともありますから、アブ達の好きにさせることも出来ず、
困ったものです。

蝶を見つけて、カメラを構えていると。
「お父さん、頭とか、足とか、アブがいっぱいとまってるよ・・・」
娘が教えてくれました。
「わっ、とりあえず、逃げよう!」
2012.08.08 Wed l 風景 l COM(2) TB(0) l top ▲
蝶がいない。
いないと言うか、姿は見るのだけど、
通り過ぎていくアゲハチョウを目で追うだけ。
黒いのも見るけど、かなたへ翔んで行きました。

だから、いつものように、樹液場をチェックすることにします。

カブトムシ見っけ(^^)
カブトムシ 1208-01
撮影  2012年7月30日 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  1/3  F6.7  EV-1.0


また、カブトムシ見っけ .Y .
カブトムシ 1208-02
撮影  2012年7月30日 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  1/10  F6.7


ノコギリクワガタ見っけ .( ).
ノコギリクワガタ 1208-01
撮影  2012年7月30日 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  1/45  F4.0


蝶のシャッターはあまり切れていないんだけど、
これはこれで満足。

サトキマダラも遊びに来てくれました(^▽^)
サトキマダラヒカゲ 1208-01
撮影  2012年7月30日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/6  F6.3 EV-1.0




 


2012.08.03 Fri l 昆虫(その他) l COM(4) TB(0) l top ▲
照りつける太陽の下、野原の真ん中で、
ホソオチョウの翔ぶ姿を見ています。
どこか、葉っぱの上にとまらないかな、
なんて思いながら。
ホソオチョウ 1208-02
でも、しばらく見ていたけど、とまりそうな気配はありません。
蝶は熱中症にならないのでしょうね。
それなら・・・飛翔シーンを追いかけてみましょう。
ホソオチョウ 1208-03
腰を落して、カメラをローアングルに構えて、
翔ぶ蝶を追いかけて、走ります。
ホソオチョウ 1208-04
噴出す汗。
Tシャツは、汗を吸って絞れるほどに濡れました。
ひとしきり撮影して、
木陰に避難し、
呼吸を整えて …ふぅ~
ホソオチョウ 1208-05
なんて過酷な撮影なんでしょう。
蝶を追いかけながら、草むらで倒れこんでしまったのも数回。

まぁ、何というか。
そこまでして撮らなくてもねぇ~。


(撮影データ 全て) 
・・・・・・・・・・・
撮影  2012年7月28日 
SONY α900 DSLR-A900
SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE  1/1500  F8.0 

2012.08.02 Thu l 昆虫(蝶) l COM(2) TB(0) l top ▲
夏型のホソオチョウは、
翅の尻尾(尾錠突起)が、春型に比べて長いとのことなので。
「夏のホソオチョウ」を探しに行ってきました。

(先回)2011年5月9日に撮った姿(メス)
ホソオチョウ メス
撮影  2011年5月9日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/750  F6.7


(今回)2012年7月28日の姿 (メス)
ホソオチョウ メス 2012
撮影  2012年7月28日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1250  F6.3


発生地の揖斐川堤防に着いたら、
早速、翔んでいる姿がありました。
紙切れが舞っているようにも見えます、
翔んでいるのは全部オスのようです。

この蝶(特にオス)は、全然とまりません。
情報としては知っていましたが、撮影をしていた3時間ほどの間、
とまった姿は、1回しかありませんでした。
(メスは、少し翔んで、すぐにとまってくれました)

(先回)2011年5月9日 オス
ホソオチョウ オス
撮影  2011年5月9日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/750  F6.7


(今回)オス 繁殖行動シーン。 唯一、オスがとまってくれた瞬間。
ホソオチョウ オス 2012
撮影  2012年7月28日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1600  F6.3



…たしかに、春型に比べて夏型は尻尾が長いです(模様も微妙に違うようです)


炎天下の堤防沿いの野原。
照りつける太陽、地面からの熱気、
熱中症にならないように気をつけなきゃ。
2012.08.01 Wed l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。