上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
この場所まで、自宅から徒歩5分の川の土手。
カラシナの黄色が遠くからでもよく見えます。

午前中に出掛けていたので、午後に少しの時間だけ。
こんな場所には、きっと蝶が来ると思って見に行きました。

黄色い蝶が黄色い花に。
モンキチョウ 1403-03
撮影  2014年3月29日  
SONY α900 DSLR-A900
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/750   F6.7   EV-0.5


花から
モンキチョウ 1403-04
撮影  2014年3月29日  
SONY α900 DSLR-A900
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/1000   F6.7   EV-0.5


花へ
モンキチョウ 1403-05
撮影  2014年3月29日  
SONY α900 DSLR-A900
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/1000   F6.7   EV-0.5


モンキチョウ。
スポンサーサイト
2014.03.31 Mon l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
3月1日 小さいのが1匹
20130301 知多 BASS-01

3月の早々に、知多半島でBASSを狙ったのですが、
その時は、小さいのがひとつ釣れましたという状況でした。


そして、月末日曜日の3月30日。
この日は、雨の天気予報だったので、
写真には行けそうもありません。
であれば、雨の中だけど、釣りに行ってみようかな。

34cm
20130330 知多 BASS 34cm

33cm このBASSは、お腹が大きくて、もう卵を持っているのかもしれません。
20130330 知多 BASS 33cm

小さい
20130330 知多 BASS-02

雨で寒かったせいか、
釣り上げた魚の方が、温かかったです。
(池の水温の方が、気温よりも高かったのでしょうね)
2014.03.30 Sun l 釣りのこと l COM(0) TB(0) l top ▲
高い所を翔んでいたから
地面に、シルエットだけが動いていました。
散策道の空中を行ったり来たりして。
滑空しながら地面に着地。

この角度では、枯葉模様。
ルリタテハ 1403-01
撮影  2014年3月23日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/1000   F6.3   EV-0.3


すぐに翅を開いて日向ぼっこ。
ルリタテハ 1403-02
撮影  2014年3月23日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/1000   F6.3   EV-0.3


また翔びたって、
今度は、林の上、高くどこかに翔んでいきました。

撮れたのは、この2枚だけでした。
2014.03.27 Thu l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
テングチョウ 1403-03
撮影  2014年3月23日  
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)   1/1500   F4.0


道教えのように、
歩く先で翔び立つのはテングチョウ。
テングチョウ 1403-04
撮影  2014年3月23日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/800   F6.3   EV-0.3


人影に驚いて翔びたっては、
また陽当たりのいい場所に降りて翅を広げます。
テングチョウ 1403-05
撮影  2014年3月23日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/400   F6.3   EV-0.3


ファインダーに見えたのは、カナヘビ。
狙っているのか、いないのか。
テングチョウ 1403-06
撮影  2014年3月23日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/1600   F6.3   EV-0.3


この後、テングチョウは、すぐに翔んでしまったんだけどね。
2014.03.26 Wed l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
そして、朝露の時間。

霜の降りた野に、陽が射しこみました。
ファインダーに見える結晶が次々と形を変えて、
小さな水滴に変わっていきます。
霜 1403-09
撮影  2014年3月23日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/1500  F4.0



ムラサキケマンの葉の先
氷の結晶が透明な珠に姿を変えていきます。
朝露 1403-05
撮影  2014年3月23日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/250  F4.0



朝露 1403-06
撮影  2014年3月23日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/90  F4.0



朝露 1403-07
撮影  2014年3月23日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/1000  F3.5


 
朝露 1403-08
撮影  2014年3月23日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/1000  F3.5


葉の上は、
いつか、光の粒で満たされたのでした。
2014.03.25 Tue l 葉っぱ l COM(0) TB(0) l top ▲
今週も、霜が降りた葉っぱからの撮影となりました。
朝の空気の中では、カメラを持つ手がとても冷たくて、
でも、澄んだ空は高く、桜前線は異常なしの気配です。

霜 1403-05
撮影  2014年3月23日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/45  F4.0 



霜 1403-06
撮影  2014年3月23日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/60  F4.0 



霜 1403-07
撮影  2014年3月23日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/60  F4.0 



霜 1403-08
撮影  2014年3月23日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/60  F4.0 


ここのところ、マクロレンズでピントを合わせていると、
ピントのピークが非常につかみにくいのです。
19年ぐらい使っているレンズですから、
レンズ自体の調子が悪くなってしまったと思っていました。

あまりにも、ファインダー像がボケるので、
もしかしたらと思い、ファインダーの横にある
『視度調整ダイヤル』を動かしてみたら、
あら不思議。
今まで、ボケまくってたピントがシャッキリ、クッキリ。
調子が悪くなってきていたのは自分の目の方でした。

2014.03.24 Mon l 葉っぱ l COM(0) TB(0) l top ▲
さて、蝶が出てきてもよさそうな陽気です。
よさそうなと言うよりも、蝶の姿を待っているのです。
朝の寒さは、陽射しのぬくもりと入れ替わって、
あれだけ草むらを白くしていた霜は、もう消えてしまいました。

あとは、蝶の舞う姿が見たい。

ふいに、足元から黄色い姿が飛び立ちました。
モンキチョウ 1403-01
撮影  2014年3月16日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/4000  F4.0 
  

2014年の初蝶は、モンキチョウとなりました。
モンキチョウ 1403-02
撮影  2014年3月16日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/2000  F4.0 
 


林の縁には、テングチョウ。
テングチョウ 1403-01
撮影  2014年3月16日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/1000   F6.3   EV-0.3


テントウムシと一緒に。
テングチョウ 1403-02
撮影  2014年3月16日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/1000   F6.3   EV-0.3


さあ、今年もたくさん撮らせてくださいね。
2014.03.20 Thu l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
今シーズンの冬。
この空き地を、ジョウビタキのメスが越冬場所と決めたようです。
行くと、必ず姿を見つけていました。

梅の木が一本あって、白い花が枝いっぱいに咲いていました。
この枝に、ジョウビタキが来ないかな…

朝の時間帯に霜や花を撮りながら、
梅にジョウビタキの姿を期待していたら、
やっと姿を見せてくれました。
ジョウビタキ 1403-01
撮影  2014年3月16日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/400   F6.3   EV-0.3


ジョウビタキ 1403-02
撮影  2014年3月16日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/800   F6.3   EV-0.3



アオジも
アオジ 1403-01
撮影  2014年3月16日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/500   F6.3   EV-0.3



2014.03.19 Wed l l COM(2) TB(0) l top ▲
オオイヌノフグリ

青い、小さな星のような花が一面に咲きました。
春の野を彩る花の一つとして、なくてはならない存在に思います。
外来種だけど、日本にすっかり定着。

朝は、まだ花を閉じて、草むらであまり目立ちません。
陽が射して、太陽が高く昇るにあわせて花を開いていきます。
オオイヌノフグリ 1403-01
撮影  2014年3月16日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/3000  F4.0  EV-0.5 
  


オオイヌノフグリ 1403-02
撮影  2014年3月16日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/3000  F4.0  EV-0.5 
 


オオイヌノフグリ 1403-03
撮影  2014年3月16日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/3000  F4.0  EV-0.5 
 


オオイヌノフグリ 1403-04
撮影  2014年3月16日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/2000  F4.0  EV-0.5 
 

朝露の雫が野から消える頃。
草むらを見渡すと、
青い絨毯が、あちらにもこちらにも目につきます。
星の瞳が青く開きました。
2014.03.18 Tue l l COM(0) TB(0) l top ▲
白く霜の化粧に覆われた草むらに朝陽が射しこむと、
朝露 1403-04
撮影  2014年3月16日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/1500  F4.0  EV-0.5  


草の先の朝露が輝きはじめました。
朝露 1403-01
撮影  2014年3月16日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/350  F4.0 


光る朝露は、草むらいっぱいに広がって、
朝露 1403-02
撮影  2014年3月16日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/750  F4.0  EV-0.5 


光の珠の世界を創るのでした。
朝露 1403-03
撮影  2014年3月16日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/1000  F4.0  EV-0.5  


朝露が消えるまでの、
はかなき玉響。

2014.03.17 Mon l 葉っぱ l COM(0) TB(0) l top ▲
朝は、気温が下がっていて、
草むらは、霜が降りていました。
霜 1403-01
撮影  2014年3月16日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/60  F4.0  EV-0.5  
 

霜の結晶が、葉を縁取ります。
霜 1403-02
撮影  2014年3月16日 
SONY α900 DSLR-A900 MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/250  F4.0  
 

咲き出した春の花も、少し凍えているようです。
霜 1403-03
撮影  2014年3月16日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/350  F4.0  EV-0.5  
 

朝陽が草むらに暖かさを届けると、
結晶は溶けて消えて水滴が葉先に残るだけになりました。
霜 1403-04
撮影  2014年3月16日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/750  F4.0  
 

寒かった朝の空気は陽の光と入れ替わり、
確かにそれは、春のぬくもりに包まれたのでした。
2014.03.16 Sun l 葉っぱ l COM(0) TB(0) l top ▲
シャッターだけは、たくさん切ってきましたので、
河津桜とメジロの構図を、もう少し。

河津桜とメジロ 1403-06
撮影  2014年3月9日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/200   F6.3   EV-0.3



河津桜とメジロ 1403-07
撮影  2014年3月9日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/320   F6.3   EV-0.3



河津桜とメジロ 1403-08
撮影  2014年3月9日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/640   F6.3   EV-0.3



河津桜とメジロ 1403-09
撮影  2014年3月9日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/250   F6.3   EV-0.3


花に惹かれて人も集まれば、
花に誘われてメジロも集まる花見かな。
2014.03.12 Wed l l COM(0) TB(0) l top ▲
マクロレンズで花を撮りながらも、
チーチュルチーチュル、
近くから、メジロの声が聞こえています。

桜の一枝が揺れていました。
そっと近づくと、
花に顔を突っ込んで、メジロが花にKISSしていました。
河津桜とメジロ 1403-01
撮影  2014年3月9日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/640   F6.3   EV-0.3


河津桜とメジロ 1403-02
撮影  2014年3月9日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/250   F6.3   EV-0.3


ここのところ、また寒い日が続いております。
  (この写真を撮って翌日(10日)の今日は、雪もチラつく一日となりました)
でも、河津桜は満開を迎えようとしています。
花たちは、春が来ていることを教えてくれました。
河津桜とメジロ 1403-03
撮影  2014年3月9日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/125   F6.3   EV-0.3


河津桜とメジロ 1403-04
撮影  2014年3月9日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/200   F6.3   EV-0.3


河津桜とメジロ 1403-05
撮影  2014年3月9日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/500   F6.3   EV-0.3


あっちの花、こっちの花、
花から花へメジロかな。
2014.03.11 Tue l l COM(0) TB(0) l top ▲
河津桜

まだ、寒い日が続いていますが、
知多半島の先端で、河津桜が咲く季節になりました。
河津桜 1403-06
撮影  2014年3月9日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/1500  F4.0 
  

少し時期は早いかなと思いながら出かけました。
全体的には5分咲きという感じでしたが、
木によっては、8分咲きぐらいで花をつけている木もありました。

河津桜 1403-01
撮影  2014年3月9日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/160   F6.3   EV-0.3


桜をマクロでお花見。
河津桜 1403-02
撮影  2014年3月9日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/350  F4.0 
 

河津桜 1403-05
撮影  2014年3月9日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/750  F4.0 
 


朝陽が射して光る花
河津桜 1403-03
撮影  2014年3月9日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/1000  F4.0 
 

河津桜 1403-04
撮影  2014年3月9日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/500  F4.0 
 

花をゆっくりと楽しんで、
さて次は、
花に来る 「あの子」 を待ちましょう。
2014.03.09 Sun l l COM(0) TB(0) l top ▲

梅の咲く公園は、
山茶花の生垣もありました。
揺れている枝を見ていると、
メジロが顔を出しました。
メジロ 1403-05
撮影  2014年3月2日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/125   F6.3   EV-0.3


メジロ 1403-06
撮影  2014年3月2日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/125   F6.3   EV-0.3


メジロ 1403-07
撮影  2014年3月2日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/125   F6.3   EV-0.3


梅には、あまり来ていなかったけど、
山茶花はお気に入りのようでした。
2014.03.05 Wed l l COM(0) TB(0) l top ▲
梅の咲く公園でメジロ撮り。

メジロ 1403-01
撮影  2014年3月2日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/250   F6.3   EV-0.3



メジロ 1403-02
撮影  2014年3月2日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/160   F6.3   EV-0.3



メジロ 1403-03
撮影  2014年3月2日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/200   F6.3   EV-0.3



メジロ 1403-04
撮影  2014年3月2日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/125   F6.3   EV-0.3



天候のせいか、
今年は、たくさんのメジロが花から花へ…という状況ではありませんでした。
飛び交うメジロの姿が少なかった印象です。
2014.03.04 Tue l l COM(2) TB(0) l top ▲
まだ、肌寒さを感じますが、
通勤の行き帰りの道沿いに見える風景に、
白や赤い彩が見え始めました。
梅の花が咲きだしたようです。

仕事が、年度末になり、
毎年のことですが、多忙となってしまっております。
カメラを持って出かけたのは久ぶりとなりました。

ウメ 1403-01
撮影  2014年3月2日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/250   F6.3   EV-0.3



前日は雨が降りました。
そのせいで、
梅の花には、雨の名残の水滴がありました。

この場所。
梅を撮りに来ている人がたくさんいます。
霧吹きで、
花に水を吹きつけてから撮る人を毎年のように見かけるのですが、
今年は、昨晩の雨のおかげで、そんな演出もいらないみたいです。
ウメ 1403-02
撮影  2014年3月2日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/1000  F3.5   


ウメ 1403-03
撮影  2014年3月2日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/1000  F3.5   


空は、雨の余韻の曇り空。
梅に来るメジロを待っているのだけど、なかなか出て来てくれませんね。
2014.03.03 Mon l l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。