上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ホソミイトトンボ。

陽が差しこむ草むらに、
蚊とか、蝿とか、虻とか、
もう、いろんな虫が翔びまわっているのですが、
そんな中で、何やら細長いのが、
枯草の中、地面の低いところを翔んでいました。

ただ、この枯草の先っぽみたいな模様と、
枯草並みの細身のせいで、
視線を外すと、すぐに見失ってしまいます。
ホソミイトトンボ 1503-01
撮影  2015年3月28日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/500   F6.3   EV-0.3


それではと、
目で追いかけ続けていると、
草むらの中で、ふっと消えるのです。
消える=どこかにとまったみたいです。
ホソミイトトンボ 1503-02
撮影  2015年3月28日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/400   F6.3   EV-0.3


こんな向きにとまったから、そのまま撮影。
ホソミイトトンボ 1503-03
撮影  2015年3月28日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/500   F6.3   EV-0.3


越冬明けのホソミイトトンボは、
まさに、枯草が風に揺れるように、
ふわふわと、翔びながら、
草むらに吸い込まれて、
どこかへ消えてしまいました。

ところで、
ホソミイトトンボの眼って、遮光器土偶に似ているような気がする。
スポンサーサイト
2015.03.31 Tue l 昆虫(トンボ) l COM(0) TB(0) l top ▲
今週も、コツバメに会ってきました。
ヒオドシチョウを山頂で見た後、また湿地に下りて、
周囲でコツバメを探します。

先週は、地面での姿でしたから、
今日は、高い所の姿で撮りたいと思っていました。

会えました。
コツバメ 1503-05
撮影  2015年3月28日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/200    F6.3   EV-0.3


こっちにもいました。
コツバメ 1503-06
撮影  2015年3月28日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/320    F6.3   EV-0.3


逆光で。
コツバメ 1503-07
撮影  2015年3月28日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/125    F6.3   EV+1.0


このコツバメは、翅の縁に青い色が見えています。
コツバメ 1503-08
撮影  2015年3月28日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/650    F6.3   EV-0.3


毎年、あまり沢山が撮れるわけではないので、
今シーズンは、コツバメとの撮影機会 (目撃回数) がたくさんあって嬉しいです。
2015.03.30 Mon l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
先週、ワンカットしか撮れなかったヒオドシチョウに、
もう一度会いたくて、出かけてきました。

先週は、湿地の谷筋で会いました。
ヒオドシチョウがいるのなら、谷筋のラインより、
より陽当たりの良い、山の上の方が会える確率が高いかな。

という訳で、湿地を抜けて山の上を目指します。
岡崎 ヒオドシチョウ探し 1503-02
撮影  2015年3月28日  
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)   1/500   F11.0


山といっても、15分ほどで登れてしまいます。
林の向こうには、町が見えました。
岡崎 ヒオドシチョウ探し 1503-01
撮影  2015年3月28日  
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)   1/500   F4.0


さて、
山頂は、広いわけではありませんが、少し開けた場所があります。
ここは、蝶を探して歩き回るというよりも、
陽当たりの良い、この広場に来る子を待つこととしましょう。
さえぎるもののない空からは、陽射しがポカポカと降り注いでします。

枯草の地面に腰を下ろし。
陽射しを浴びて。
すごく、暖かくて。
まだ、蝶の姿はなくて。
少し横なって。
枯草の地面が心地よくて。

・・・思いっきり寝ていました。 (1時間も)

それで、起きたら。
ヒオドシチョウがいました...(^^
ヒオドシチョウ 1503-02
撮影  2015年3月28日  
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)   1/3000   F4.0


そんなに出来すぎなタイミングは、少し誇張がありますが、
目が覚めて、この広場をぐるりと見渡したら、
向こうに蝶のシルエットがあったという訳です。
ヒオドシチョウ 1503-03
撮影  2015年3月28日  
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)   1/2000   F4.0


「…寝て待て」 ということも、あるということですね。
ヒオドシチョウ 1503-04
撮影  2015年3月28日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/1000    F6.3   EV-0.3


このカットには、なんかビニールひものようなゴミも写っています。
ゴミはゴミ箱に。
ヒオドシチョウ 1503-05
撮影  2015年3月28日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/1250    F6.3   EV-0.3


やっぱり、山の上の陽当たりの良い場所に、ヒオドシチョウはいました。
今まで、ヒオドシチョウは偶然でしか出会ったことがないので、
探して(会いに行って)見つけられたのは、初めてかもしれません。
…また会おうね。
2015.03.29 Sun l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
朝露の時間。

 まだ陽射しは低く、山の端を照らしている程度です。
 太陽が、もう少し高い位置にくれば、この草むらにも
 陽が射しこむことでしょう。

 朝露は、草の先にたくさんの水滴をつけています。
 風が吹けば落ちて、陽が当たれば消えてしまう、
 朝のわずかな時間だけの朝露が草むらを満たしていました。
 
朝露 1503-01
撮影  2015年3月22日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/1000  F3.5



朝露 1503-02
撮影  2015年3月22日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/1000  F3.5



朝露 1503-03
撮影  2015年3月22日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/1000  F3.5



朝露 1503-04
撮影  2015年3月22日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/500  F3.5



朝露 1503-05
撮影  2015年3月22日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/500  F3.5


 気温が上がって、この朝露が消える頃、
 蝶達が舞い始めるのかな。
 それまで、草の先に結んだ水の珠を見ていましょう。
2015.03.26 Thu l 葉っぱ l COM(0) TB(0) l top ▲
今日、会いたかった(探していた)のは、
春だけに姿を見せる、小さな蝶の姿。

過去に見つけたことがある場所で待っていても、
今年の待ち合わせは、ここではないようで姿を見せてくれません。
めぼしい場所を探しながら歩きます。

陽当たりが良い開けた場所で
ふと、
テングチョウが小さな蝶を追いかけている姿を見つけました。
小さな蝶はチラチラと舞いながら、地面に降りました。
 
コツバメ
コツバメ 1503-01
撮影  2015年3月22日  
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)   1/3000   F4.5  EV-1.0


一頭を見つけると、
コツバメ 1503-02
撮影  2015年3月22日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/1000    F6.3   EV-0.3


あっちにもこっちにも、
コツバメ 1503-03
撮影  2015年3月22日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/1000    F6.3   EV-0.3


姿がありました。
コツバメ 1503-04
撮影  2015年3月22日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/500    F6.3   EV-0.3


コツバメに、シャッターを切りながら萌えまくり。
か、かわいすぎる…。
2015.03.25 Wed l 昆虫(蝶) l COM(2) TB(0) l top ▲
・・・ルリタテハ

歩く先の足元、陽当たりの良い場所。
あちこちにテングチョウの姿を見つけた日曜日。
そんな中、散策道の向こうに見えたシルエット、
ルリタテハのようです。
ルリタテハ 1503-01
撮影  2015年3月22日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/1000    F6.3   EV-0.3

 
今日は、ルリタテハも多数を見つけることができました。
ルリタテハ 1503-02
撮影  2015年3月22日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/640    F6.3   EV-0.3


目の前を滑るように翔んできた黒い影。
どこにとまるかと目で追っていたら、木の高いところへ。
翅を広げて春の日差しを浴びていました。
ルリタテハ 1503-03
撮影  2015年3月22日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/800    F6.3   EV-0.3



 
・・・ヒオドシチョウ

撮れたのは、このワンカットだけでしたが、
この場所では初めての目撃。
ヒオドシチョウ 1503-01
撮影  2015年3月22日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/640    F6.3   EV-0.3


なぜ、ワンカットしか撮れなかったのか。
姿を見つけて、
とまった場所に近づいて、
シャッターを切ったら、
テングチョウに追い立てられて、どこかに翔んで行ってしまいました。

また、いつか会えるかな。
2015.03.24 Tue l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
今週は、気温が高い日が続いておりました。
今日も、日中は20度を超えそうな予報です。
こうなると、春の蝶が出ているような気がして、探しに行きました。
テングチョウ 1503-02
撮影  2015年3月22日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/640    F6.3   EV-0.3


春の蝶。
でも、まず見つけたのはテングチョウ。
テングチョウ 1503-03
撮影  2015年3月22日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/640    F6.3   EV-0.3


暖かな日差しを翅いっぱいに浴びています。
テングチョウ 1503-04
撮影  2015年3月22日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/800    F6.3   EV-0.3


今日は、このテングチョウを、
もう、あっちでこっちで見つけます。
テングチョウ 1503-05
撮影  2015年3月22日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/640    F6.3   EV-0.3



行く先々で、さんざんテングチョウが翔んでいました。

そして、今日の撮影の最後、なんかすごい数のテングチョウが、
道端にうわぁ~っといました。
テングチョウ 1503-06
撮影  2015年3月22日  
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)   1/6000   F4.5  EV-1.0


テングチョウ 1503-07
撮影  2015年3月22日  
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)   1/6000   F4.5  EV-1.0


カメラの画角に収まり切れない、乱舞するテングチョウでした。
こんなこともあるのですね。
2015.03.22 Sun l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
いつまでも寒いと思っていたけども、
梅も桜も咲き出して、
枯れた下草には緑が芽吹き始めてきました。

草むらを歩くと、
枯葉が一枚、フワリと足元から舞い上がりました。
空中を漂うように滑空して、少し先に舞い降りました。

テングチョウでした。
テングチョウ 1503-01
撮影  2015年3月8日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/640    F6.3   EV-0.3


他には、
ムラサキシジミも
ムラサキシジミ 1503-01
撮影  2015年3月8日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/800    F6.3   EV-0.3


ムラサキシジミ 1503-02
撮影  2015年3月8日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/640    F6.3   EV-0.3


越冬の冷えた体を、
春の日差しが温めていました。
2015.03.10 Tue l 昆虫(蝶) l COM(2) TB(0) l top ▲

桜、桜

河津桜 1503-01
撮影  2015年3月8日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/250    F6.3   EV-0.3


ソメイヨシノが、4月ごろに咲くことを思うと、
河津桜は咲くのが早いです。
河津桜 1503-02
撮影  2015年3月8日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/160    F6.3   EV-0.3


知多半島では、梅が満開になる頃とほぼ同時期に咲き始めます。
河津桜 1503-04
撮影  2015年3月8日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/500  F3.5


メジロを待ちながら、
花だけの写真を何枚か撮りました。
河津桜 1503-03
撮影  2015年3月8日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/750  F3.5


昨晩が雨だったので、
雨の名残がありました。
2015.03.09 Mon l l COM(0) TB(0) l top ▲
通勤の道に見える梅の木が、
白や紅の花に色づいてきました。
このタイミングの頃に、
南知多の公園で河津桜が咲き始めます。

花見で鳥見をしてきました。
相手をしてくれたのは、メジロたちです。
河津桜とメジロ 1503-01
撮影  2015年3月8日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/320    F6.3   EV-0.3


河津桜とメジロ 1503-02
撮影  2015年3月8日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/1000    F6.3   EV-0.3


河津桜とメジロ 1503-03
撮影  2015年3月8日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/320    F6.3   EV-0.3


河津桜とメジロ 1503-04
撮影  2015年3月8日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/125    F6.3   EV-0.3


河津桜とメジロ 1503-05
撮影  2015年3月8日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/320    F6.3   EV-0.3


久しぶりに、カメラを握りました。
2015.03.08 Sun l l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。