上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
駐車場まで戻りながら。
散策道の脇に咲く、たくさんのハルジオンを見ながら歩いています。
目線の先、青いラインが鮮やかな蝶が舞っている姿が見えました。

アオスジアゲハ
アオスジアゲハ 1504-01
撮影  2015年4月25日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/640    F6.3   EV-0.3


アオスジアゲハ 1504-02
撮影  2015年4月25日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/1250    F6.3   EV-0.3


アオスジアゲハ 1504-03
撮影  2015年4月25日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/2000    F6.3   EV-0.3


アオスジアゲハ 1504-04
撮影  2015年4月25日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/1000    F6.3   EV-0.3


花から花へ。
ピントを合わせる間もなく翔びまわり。
蜜を吸っている時も細かく翅をふるわせています。
私が近づいても、花に夢中のアオスジアゲハでした。
スポンサーサイト
2015.04.30 Thu l 昆虫(蝶) l COM(2) TB(0) l top ▲
透明な翅の後ろ、
縁に一つ、赤いワンポイントがオシャレな、
アサヒナカワトンボ (オス)
アサヒナカワトンボ 1504-01
撮影  2015年4月25日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/400    F6.3   EV-0.3


アサヒナカワトンボ 1504-02
撮影  2015年4月25日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/1000    F6.3   EV-0.3



透明な翅の後ろ、
縁に一つ、白いワンポイントが清楚な、
アサヒナカワトンボ (メス)
アサヒナカワトンボ 1504-03
撮影  2015年4月25日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/400    F6.3   EV-0.3


アサヒナカワトンボ 1504-04
撮影  2015年4月25日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/800    F6.3   EV-0.3


ちょうど、発生したタイミングだったのか、
行く先々で、このトンボが水辺を、草むらを翔んでいました。

まだ金属光沢のオスの体は、
もうしばらくすると、白く、いぶし銀に変わり、
その頃には、季節は夏に向かいます。
2015.04.29 Wed l 昆虫(トンボ) l COM(0) TB(0) l top ▲
散策道を歩いていると、
足元から、ふいに翔びたって、少し先の地面に着地する。
私が歩を進めて近づと、また翔びたって、
やっぱり、少し先の地面に着地する。
まるで、道案内をしてくれているような 『ハンミョウ』=ミチオシエ
 
ニワハンミョウ
ニワハンミョウ 1504-01
撮影  2015年4月25日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/800    F6.3   EV-0.3


ハンミョウの特徴である、大きな “牙” (大顎)を撮りたくて、
彼の前に回り込みたいのだけど、近づくと前に前に翔んでしまうから、
正面から顏が狙えません。
ニワハンミョウ 1504-02
撮影  2015年4月25日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/1000    F6.3   EV-0.3


だから、道案内をしてくれる彼を
小走りで追い越して強引に前に出た。
ニワハンミョウ 1504-03
撮影  2015年4月25日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/1000    F6.3   EV-0.3


お前の大顎って金色なんだね。
ただでさえ悪人顏なのに、そのうえ黄金の牙の持ち主とは、
迫力満点。
2015.04.28 Tue l 昆虫(その他) l COM(0) TB(0) l top ▲
草むらの上を、ぴょんぴょんと跳ねるように翔んでいる
黒い蝶がいた。
蝶がとまったところは草むらの中。

周りの草を避けて、姿が見える隙間にレンズを向けた。
ヒメウラナミジャノメ。
ヒメウラナミジャノメ 1504-01
撮影  2015年4月25日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/250    F6.3   EV-0.3


風が水面に立てたさざ波のような翅模様。
ヒメウラナミジャノメ 1504-02
撮影  2015年4月25日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/160    F6.3   EV-0.3


顏のようにも見える気がする、目玉模様。
ヒメウラナミジャノメ 1504-03
撮影  2015年4月25日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/200    F6.3   EV-0.3


知多半島にも居るとの情報はありますが、
私は、地元では目撃をしたことがない蝶。
だから、久しぶりに出会えました。
2015.04.27 Mon l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
今日も、西三河南部の里へ。

今シーズンの初見となる、サトキマダラヒカゲと会えました。
発生間もないのか、翅がとてもきれいでした。
サトキマダラヒカゲ 1504-01
撮影  2015年4月25日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/125    F6.3   EV-0.3


サトキマダラヒカゲ 1504-02
撮影  2015年4月25日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/125    F6.3   EV-0.3



サトキマダラヒカゲに気を取られていたら。
おや?
この木の根元に、なにか蝶の気配を感じました。
クロコノマチョウが枯葉の姿でとまっていました。
クロコノマチョウ 504-01
撮影  2015年4月25日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/200    F6.3   EV-0.3


樹液場に来たアカタテハは、
とまる場所を探しながら、しばらくこの木の周囲を舞っていましたが、
後ろの草むらの中で、枯れた葉にとまりました。
アカタテハ 1504-01
撮影  2015年4月25日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/640    F6.3   EV-0.3


蝶がたくさん来ている「この木」
夏になると、カブトムシとか来るのかなぁ (^^)

楽しみにしていましょう。
2015.04.26 Sun l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
蛾の写真がたまったので、少しUP

ウチスズメ
ウチスズメ
撮影  2015年4月18日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/800    F6.3   EV-0.3



ゴマフヒゲナガ
ゴマフヒゲナガ
撮影  2015年4月18日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/640    F6.3   EV-0.3



ヤマトカギバ
ヤマトカギバ
撮影  2015年4月19日
0SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/500    F6.3   EV-0.3



クロハネシロヒゲナガ
クロハネシロヒゲナガ
撮影  2015年4月19日
0SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/500    F6.3   EV-0.3


UFOみたいな子もいれば、
樹の肌みたいな子もいる。
それに、やたら触覚の長い子。

蛾は、いろいろと個性的です。
2015.04.24 Fri l 昆虫(その他) l COM(0) TB(0) l top ▲
先週は気が付かなかったのですが、
空き地に、マツバウンランが咲いていました。
マツバウンラン 1504-01
撮影  2015年4月19日  
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO   1/750   F3.5   EV-0.5


蝶を見つければ、蝶を追いかけてしまうので、
小さな花を見逃していたのかもしれません。
マツバウンラン 1504-02
撮影  2015年4月19日  
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO   1/750   F3.5   EV-0.5


華奢な体のその先に花をつけて、
ときおり駆け抜けていく風に揺れていました。
マツバウンラン 1504-03
撮影  2015年4月19日  
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO   1/350   F3.5   EV-0.5


曇り空の静かな日曜日、
マツバウンラン 1504-04
撮影  2015年4月19日  
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO   1/500   F3.5   EV-0.5


静かに花を見ていましょう。
マツバウンラン 1504-05
撮影  2015年4月19日  
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO   1/500   F3.5   EV-0.5


いろんな花が咲きだして、
空き地もにぎやかになってきました。
2015.04.23 Thu l l COM(0) TB(0) l top ▲
翔んでいれば蝶の姿に気が付くのですが、
曇り空で、気温も低い今日のような天候では、
蝶の姿をまったく見ません。

きっと、朝のアゲハチョウのように葉っぱに潜んでいるのでしょう。
そう思って、草むらの葉の先に気を付けながら歩いていると、
ベニシジミを見つけました。
ベニシジミ 1504-03
撮影  2015年4月19日  
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO   1/500   F3.5   EV-0.5


春から秋まで、愛らしい紅の翅で野を舞う小さな蝶。
今日は、じっくり撮りました。
ベニシジミ 1504-04
撮影  2015年4月19日  
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO   1/90   F8.0   EV-0.5


ベニシジミ 1504-05
撮影  2015年4月19日  
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO   1/350   F4.0   EV-0.5


蝶の翔ぶ姿がまったくなかった空き地で、
ベニシジミだけは私に付き合ってくれました。
ベニシジミ 1504-06
撮影  2015年4月19日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/250    F6.3   EV-0.3


・・・
2015.04.22 Wed l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
4月19日(日曜日)、曇り空と小雨。
最近通っている東浦へ。

今日は、これだけ曇っているので蝶の舞う姿は全然ありません。
(先週は、ツマキチョウがたくさん翔んでいたのに)

空き地を見渡しても、動いているものの気配はなくて。
だけど、草むらの中でアゲハチョウを見つけました。
ナミアゲハ 1504-01
撮影  2015年4月19日  
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)   1/500   F4.0  
 


園内を一周りして朝のアゲハチョウを見に行ったら、
翅を閉じて、まだ同じ場所にとまっていました。
ナミアゲハ 1504-02
撮影  2015年4月19日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/160    F6.3   EV-0.3


この日、散策をしていた3時間ほど、
アゲハチョウはこの場所から動かず、いつまでもじっとしていました。
2015.04.21 Tue l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
西三河南部。
里山の環境を色濃く残している場所。

散策道を進んだ先、
樹の周りを蝶が舞っていました。

ルリタテハが2頭います。
2頭がタイミングよく翅を開いてくれると良かったんだけどな。
ルリタテハ 1504-01
撮影  2015年4月18日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/60    F6.3   EV-0.3


この場所。
歩き始めて早々に、ルリタテハを見つけていました。
ルリタテハ 1504-2
撮影  2015年4月18日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/1600    F6.3   EV-0.3


翅をいっぱいに広げています。
ルリタテハ 1504-03
撮影  2015年4月18日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/500    F6.3   EV-0.3


今週も、雨が続いて肌寒い日の連続でしたから、
この土曜日の日差しはうれしかったです。

シルエットのルリタテハ。
ルリタテハ 1504-04
撮影  2015年4月18日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/320    F6.3   EV-0.3


そして、
ヒオドシチョウも出てきました。
ヒオドシチョウ 1504-01
撮影  2015年4月18日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/1600    F6.3   EV-0.3


この場所、これから夏に向かって、どんなふうに変わっていくのか見てみたいです。
2015.04.20 Mon l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
西三河南部。
里山の環境を色濃く残している場所。
初めて、この場所を訪ねてみた。
西三河の里山 1504-01
撮影  2015年4月18日  
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)   1/2000   F4.0   EV-0.5


林下に続く道の途中。
ここは、木々が開けて陽が差し込んでくる空間。
足元には、ムラサキサギゴケが咲いて
ハルジオンが背を伸ばしている場所。

こんな場所には、きっと蝶が集まってくるような、
そんな気がして、しばらくこの草むらで待ってみます。

当たり前のように、ツバメシジミがいて、
ツバメシジミ 1504-02
撮影  2015年4月18日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/1000    F6.3   EV-0.3


やっぱり、ベニシジミだっています。
ベニシジミ 1504-01
撮影  2015年4月18日  
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)   1/2000   F4.0   EV-0.5


黒っぽい蝶が、ピューっと翔んできて、
ハルジオンにとまりました。
おっ、コツバメじゃん。
コツバメ 1504-01
撮影  2015年4月18日  
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)   1/3000   F4.0   EV-0.5


私的には、お花とコツバメって、なかなか撮影できていない構図なので、
うれしいタイミングでした。
コツバメ 1504-02
撮影  2015年4月18日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/1000    F6.3   EV-0.3


また、黒っぽい蝶が、ピューっと翔んできて、
コツバメかなっと思って、レンズで覗くと、
おっ、トラフシジミじゃん。
トラフシジミ 1504-03
撮影  2015年4月18日  
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)   1/4000   F4.0   EV-0.5


花に埋もれて春トラフ。
トラフシジミ 1504-02
撮影  2015年4月18日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/500    F6.3   EV-0.3


初めて訪ねた場所で、たくさんの蝶に会えました。
ちょっと、ここ好きかも。
2015.04.19 Sun l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
4月12日 岡崎の湿地は、
下の娘が着いてきました。

  前回、着いて来たときの記事→2014年3月29日

誰か教えた訳でもないのに
腹ばいクラブで撮影しています。
(これは、DNAなのかもしれません(^^)
撮影中 1504

いろいろ撮ったみたいです。
少し、載せます。
ナズナ 1504-01
撮影  2015年4月12日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO   1/250   F4.0   EV-0.5



ハルリンドウ 1504-01
撮影  2015年4月12日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO   1/250   F4.0   EV-0.5



ナンカイイワカガミ 1504-01
撮影  2015年4月12日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO   1/350   F3.5   EV-0.5



タチツボスミレ 1504-01
撮影  2015年4月12日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO   1/125   F4.0   EV-0.5


なかなか、いい感じで…おみそれしました。
2015.04.15 Wed l l COM(0) TB(0) l top ▲
12日 日曜日。
今週も、岡崎へギフチョウに会いに行きましたが、
今週は会えずに帰ってきました。

だけど、トラフシジミとは会えました。
トラフシジミ 1504-01
撮影  2015年4月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/320    F6.3   EV-0.3


この日は、
「蝶に出会う旅」の管理人様と、
「自然のいとなみ」の管理人様にお会いできました。
ありがとうございました。


さて、
湿地の散策中に見つけた個性的な姿の子。
アシナガオトシブミ 1504-01
撮影  2015年4月12日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO   1/30   F5.6   EV-0.5


姿から、チョッキリかと思ってしらべておりましたが、
なかなかヒットせず。
では、オトシブミかと調べてみたら。

・・・『アシナガオトシブミ』のようです。
アシナガオトシブミ 1504-02
撮影  2015年4月12日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO   1/30   F5.6   EV-0.5


アシナガオトシブミ 1504-03
撮影  2015年4月12日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO   1/45   F5.6   EV-0.5


私が過去に見たことのあるオトシブミの仲間は、
みんな、ミリ単位の小粒サイズでしたが、アシナガオトシブミは、
見た目1㎝ぐらいありましたので、大きく感じました。
こういう虫もいるとなると、
この湿地は、蝶の他にも、いろいろ楽しい発見があるかもです。
2015.04.14 Tue l 昆虫(その他) l COM(0) TB(0) l top ▲
ツマキチョウを追いかけた土曜日。
他に出会った蝶達。

アゲハチョウ
翅を広げて陽を浴びていました。
アゲハチョウ 1501-01
撮影  2015年4月11日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/1000    F6.3   EV-0.3



キタテハ
こちらは地面で、翅を閉じたり開いたり。
キタテハ 1504-01
撮影  2015年4月11日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/800    F6.3   EV-0.3



ベニシジミ
こっちも地面で。
ベニシジミ 1504-01
撮影  2015年4月11日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/1250    F6.3   EV-0.3


蝶の姿が多くなって、空き地が賑やかになってきました。
2015.04.13 Mon l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
今週は曇り空が続いて、雨も降るし、気温は上がらないし寒かった。
そして、この土曜日。
やっと、青空が見えました。
この晴天は、蝶たちも待っていたのかな。
(私も、待っていました)

そろそろツマキチョウが出てくるかなと思って公園へ。

たくさんのツマキチョウを見たけど、
あいかわらず、彼等はとまりません。
それで、ストーカーモードで、蝶の後を着いていくと、
なんだか、とんでもないところにとまったりします。

葉っぱの上の方とか。
ツマキチョウ 1504-01
撮影  2015年4月11日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/800    F6.3   EV-0.3


枯草の中とか。
ツマキチョウ 1504-02
撮影  2015年4月11日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/640    F6.3   EV-0.3


追いかけてもきりがないので、
タンポポの花の前で待っていると。
ツマキチョウ 1504-03
撮影  2015年4月11日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/1000    F6.3   EV-0.3


おっ、来た来た。
ツマキチョウ 1504-04
撮影  2015年4月11日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/1000    F6.3   EV-0.3


追いかけたり、待ち伏せしたりで、
毎年、ツマキチョウの撮影は大変で、
ツマキチョウ 1504-05
撮影  2015年4月11日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/1000    F6.3   EV-0.3


楽しいです。
ツマキチョウ 1504-06
撮影  2015年4月11日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/1000    F6.3   EV-0.3


・・・
2015.04.12 Sun l 昆虫(蝶) l COM(2) TB(0) l top ▲
3月の末頃から、3週続けて岡崎に来ています。
3週の間に、毎週撮っているムラサキケマンの草の丈も伸びて、
撮りやすくなりました。

今週もムラサキケマンの水滴。
朝露 ムラサキケマン 1504-04
撮影  2015年4月4日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO   1/10   F4.0   EV-0.5



朝露 ムラサキケマン 1504-05
撮影  2015年4月4日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO   1/10   F4.0   EV-0.5



朝露 ムラサキケマン 1504-06
撮影  2015年4月4日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO   1/45   F4.0   EV-0.5



朝露 ムラサキケマン 1504-07
撮影  2015年4月4日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO   1/20   F4.0   EV-0.5


この写真を撮っていた時間は、まだ霧の中でした。
2015.04.09 Thu l 葉っぱ l COM(0) TB(0) l top ▲
朝は深い霧。
昨日の雨の名残が木々を濡らしていました。

アケビの葉に着いた水滴。
アケビの葉 1504-01
撮影  2015年4月4日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/60    F6.3   EV-0.3



アケビの葉 1504-02
撮影  2015年4月4日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/60    F6.3   EV-0.3



霧が晴れて、厚い雲が切れるのを期待しながら、


桜 1504-03
撮影  2015年4月4日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/320    F5.6   EV-0.3



桜 1504-01
撮影  2015年4月4日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/100    F6.3   EV-0.3



桜 1504-02
撮影  2015年4月4日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/160    F6.3   EV-0.3


朝の時間帯は、葉っぱや花を撮っていました。
2015.04.08 Wed l 葉っぱ l COM(0) TB(0) l top ▲
金曜日に、明日の天気をチェック。
でも、どの天気予報サイトを見ても、土曜日の天気予報は 「 く も り 」

当日、出掛ける時に空を見ると、厚く雲が広がっています。
それでも、岡崎のギフチョウの発生地に来てみました。
曇り空どころか、その場所に近づくにつれ、
霧がすごくなってきて、発生地は真っ白。
霧の朝 1504-01
撮影  2015年4月4日  
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)   1/30   F6.7


ただ、天気予報で期待をしていたのは、
曇りでも気温が22度になるということ、曇り空でも気温が高ければもしかして・・・

・・・・・・・・・・・

10時を過ぎた頃  

あっ晴れた!
ギフチョウ 1504-07
撮影  2015年4月4日  
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)   1/6000   F4.0


陽当たりの良い場所で、周囲に目を配りながら待ちます。
しばらくすると、
林の上の方や、地面付近を翔ぶ蝶の姿がありました。

満開のサクラに、とまりそうでとまらない。
思わせぶりに、舞っています。
ギフチョウ 1504-01
撮影  2015年4月4日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/2000    F6.3   EV-0.3


そして、咲き始めたミツバツツジの花に、とうとう現れました。
ギフチョウ 1504-02
撮影  2015年4月4日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/800    F6.3   EV-0.3


ギフチョウ。
ギフチョウ 1504-03
撮影  2015年4月4日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/640    F6.3   EV-0.3


下草に、翅を休める子たちも見つけました。
ギフチョウ 1504-04
撮影  2015年4月4日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/320    F6.3   EV-0.3


ギフチョウ 1504-05
撮影  2015年4月4日  
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)   1/350   F8.0  EV-0.5


晴れ間が見えていたのは、1時間程度。
また、雲が厚く広がってくると、
ギフチョウの姿は、見られなくなりました。

一瞬の晴れ間に舞った、今シーズンのギフチョウ。
曇り空に出掛けたけど会えてよかった。
2015.04.05 Sun l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
ふと気が付くと、
足元に、スミレの花が咲いていました。
草丈が短いので、気が付かず何度かこの道を素通りしていました。
一度目につくと、あちらこちらにスミレの小群がありました。

散策道の固く締まった土の地面。
誰かに踏まれてしまうかもしれない場所に、スミレの花。
もう少し柔らかい土の上に顔を出してもいいのになと思いながら、
こんな場所でも、健気に花を咲かせているのですね。
ニオイタチツボスミレかな。
タチツボスミレ 1503-01
撮影  2015年3月29日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO   1/45  F6.7  EV-0.5


同じ場所で、こちらは白い。
フモトスミレかな。
フモトスミレ 1503-01
撮影  2015年3月29日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO   1/125  F6.7  EV-0.5



スミレの種類はとても多く、種別判断が難しいです。
というわけで。
花はニオイタチツボスミレに良く似ているのですが、
葉っぱが黒くて、先が尖っていて。
葉黒型タチツボスミレ 1503-01
撮影  2015年3月29日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO   1/90  F5.6  


あなたは、何者ですか。
葉黒型タチツボスミレ 1503-02
撮影  2015年3月29日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO   1/125  F4.5  


葉っぱが黒い変異種かな。
2015.04.03 Fri l l COM(0) TB(0) l top ▲
日曜日。
天気予報をしっかり見ていませんでした。
出かける時に空を見たら、どんより曇り空。

それでも、近所のフィールドに出かけて、
空き地でお花なんかを撮っていたら、
ホトケノザ 1503-01
撮影  2015年3月29日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/200  F3.5  EV-0.5


一瞬、太陽が顔を出してくれたけれど、
それも、すぐ陰ってしまい雲が厚くなってきました。
ホトケノザ 1503-02
撮影  2015年3月29日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/250  F3.5  EV-0.5


足元から翔びたったベニシジミは、
ヨタヨタと舞いながら、すぐに花の上にとまりました。
こんな天気で、姿を見せてくれたのはこの子だけ、
ベニシジミ 1503-01
撮影  2015年3月29日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/125    F6.3   EV-0.3


それから、しばらくして雨が降り始めました。
2015.04.02 Thu l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
28日の朝は寒かったです。
天気予報で、気温が上がりそうだと聞いていたので、
薄着で撮影地まで来てしまいました。

朝の時間帯は曇り空で、
それこそ、山の上で眠りこけるまでは、
これだけ寒いと、蝶も出てこないのではと心配でした。

そんな寒かった朝の時間は、
葉の先に実る繊細な水の粒を見ていましょう。
朝露 ムラサキケマン 1503-01
撮影  2015年3月28日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/45  F3.5


朝露 ムラサキケマン 1503-02
撮影  2015年3月28日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/30  F3.5


朝露 ムラサキケマン 1503-03
撮影  2015年3月28日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/45  F3.5



雲が切れて、少しの間だけ陽が差しこみました
朝露 1503-06
撮影  2015年3月28日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/200  F3.5


朝露 1503-07
撮影  2015年3月28日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/250  F3.5


陽が差しこむ草むらは、いっせいに輝きだして、
目覚めの時を迎えます。
2015.04.01 Wed l 葉っぱ l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。