上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
八チョウトンボに会いに行ってきました。
ハッチョウトンボ 1507-01
撮影  2015年7月26日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/125    F5.6   EV-0.3 


岡崎の湿地では、
今年も無事にたくさんのハッチョウトンボが生まれていました。
ハッチョウトンボ 1507-02
撮影  2015年7月26日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/50    F6.3   EV-0.3 


このトンボを見ると
最初にどうしても笑みを誘われる。
ハッチョウトンボ 1507-03
撮影  2015年7月12日  
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)   1/500   F4.0   EV-0.5


姿形は、まさに『トンボ』なのだけど、
ハッチョウトンボ 1507-04
撮影  2015年7月12日  
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)   1/125   F4.0   EV-0.5


そのサイズが、あまりにも小さすぎるから。
ハッチョウトンボ 1507-05
撮影  2015年7月26日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/250    F5.6   EV-0.5 


「なんだろう、このミニチュア感」
でも、写真に撮ると小さいスケール感が無くなっちゃうんだよね。
ハッチョウトンボ 1507-06
撮影  2015年7月26日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/400    F5.6   EV-0.5 


陽が昇り、カメラを構える背中が暑くなってきました。
ハッチョウトンボ達は、あちこちで逆立ちポーズでした。
スポンサーサイト
2015.07.29 Wed l 昆虫(トンボ) l COM(0) TB(0) l top ▲
いつも木陰を翔んでいるハグロトンボ。
これだけ暑いと木陰が涼しいかな。
黒い体じゃ余計に暑いかもしれないし。
ハグロトンボ 1507-01
撮影  2015年7月25日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/100    F5.6   EV-0.3 


翅を閉じたり開いたり。
このトンボがよくやっている行動です。
ハグロトンボ 1507-02
撮影  2015年7月25日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/160    F5.6   EV-0.3 


ハイキ―になってしまいましたが、
おかげで翅脈が浮かび上がって、
肉眼では気づかなかった模様が見えました。
ハグロトンボ 1507-03
撮影  2015年7月25日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/100    F5.6   EV-0.3 


写真を撮った後、
また、フワフワ、パタパタと林の中に消えていきました。
2015.07.28 Tue l 昆虫(トンボ) l COM(0) TB(0) l top ▲
ヤマトシジミです。

石垣島で、夢のような蝶の世界を歩いてきた反動か、
地元での蝶の姿の少なさに、残念な気分で散策をしていました。

いつもの公園の、
開ききったワラビの葉っぱ。そこで見つけたのは、ヤマトシジミ。

そうだよね。
君たちが、この場所では待ってくれているんだよね。
ヤマトシジミ 1507-01
撮影  2015年7月25日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/160    F6.3   EV-0.3 


ヤマトシジミ 1507-02
撮影  2015年7月25日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/160    F6.3   EV-0.3 


ヤマトシジミ 1507-03
撮影  2015年7月25日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/100    F6.3   EV-0.3 


ヤマトシジミ 1507-04
撮影  2015年7月25日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/125    F6.3   EV-0.3 


気持ちを落ち着かせながら。

地元の小さな蝶を愛でたいと思います。
帰ってきたよー、ただいま。
2015.07.27 Mon l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
   …石垣島で出会った生き物たち…

撮影で散策していた道。
林道の向こうからステゴサウルスが顔を出しそうな、
ヒカゲヘゴが茂るシダの原生林。
ヒカゲへゴ
撮影  2015年7月12日  
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)   1/350   F4.0 



全身緑色のカナヘビ 可愛すぎる(*^^*)
サキシマカナヘビ
サキシマカナヘビ
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/500    F5.6   EV-0.3 



港の駐車場で、大きなヤドカリが歩いていました。
こんなところにいると車につぶされちゃうぞと捕まえて、
すみっこに逃がしました。
…後で聞いたら、天然記念物とか。
オカヤドカリ
オカヤドカリ
撮影  2015年7月12日  妻のiphone


蝶の散策をした林道。
林道沿いの側溝で、なにやらガサゴソと大きな生き物の気配がありました。
覗いてみると、側溝に落ちてしまったカメです。
このままでは脱出できずに死んでしまうかもってことで救出!
ハコガメですね。
セマルハコガメ 1507-01
撮影  2015年7月12日  
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)   1/250   F4.0 


ということは、セマルハコガメ?
天然記念物で絶滅危惧種だから、うかつに手を出してはいけないかも。
だけど、側溝に落ちているのを放っておく訳にもいかないし。
はい、解放。
セマルハコガメ 1507-02
撮影  2015年7月12日  
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)   1/750   F4.0 



もしかして姿を見ることができるかな。
あわよくば、撮れたりしないかな。
そんな期待を少しだけ持っていました。
「あわよくば」の証拠写真程度でしたけど突然現れてくれました。
リュウキュウアカショウビン。
アカショウビン
撮影  2015年7月12日  
SONY α900 DSLR-A900
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/250    F6.3   EV-0.5



初めての石垣島。
台風の後で天候は不安定でしたが、生き物がいっぱいの場所。
(宿泊したホテルの窓は、夜になるとヤモリ天国)
散策していた時間は、視界の中に蝶がいないタイミングが無いという、
超幸せな空間を歩いていました。

石垣島の生き物達に、ありがとう。
また、もう一度会いましょう。
2015.07.26 Sun l 石垣島 l COM(2) TB(0) l top ▲
   …石垣島で出会った虫達…

蝶もトンボもの石垣島でしたが、
他にもたくさんの虫達と出会いました。

金属光沢のカメムシ。
キンカメムシの仲間ですね。
ナナホシキンカメムシ
ナナホシキンカメムシ
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/160    F7.1   EV-0.3  フラッシュ



小さいハムシでした。
翅の模様がかわいくて撮影。
ヨツモンミゾアシノミハムシ
ヨツモンミゾアシノミハムシ
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/80    F6.3   EV-0.3 



黄色い縁取りが印象に残った、
アヤムネスジタマムシ
アヤムネスジタマムシ
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/80    F5.6   EV-0.3 



バッタも、見たことがない模様でした。
石垣島の森の中に住むから、
イシガキモリバッタ
イシガキモリバッタ
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/500    F6.3   EV-0.3 



石垣島にもクマゼミ。
お腹の白い線が、地元にいるクマゼミより太いようです。
クマゼミ八重山亜種
クマゼミ 八重山亜種
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/250    F5.6   EV-0.3 



石垣島は、ザトウムシも大きい
体のサイズは、7㎜ぐらいかな(1㎝は無かったと思う)
だけど脚を含めた大きさとなると、私の手のひら程のサイズがありました。
サキシマスベザトウムシ
サキシマスベザトウムシ 1507-01
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/160    F5.6   EV-0.3  フラッシュ



日本最大種のクモ。
巣を掛けるとき、開けた空間(林道側)に体の裏側が
向いているとのことで、だからこの構図になってしまいます。
オオジョロウグモ (クリック拡大注意)
オオジョロウグモ
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/160    F5.6   EV-0.3  フラッシュ



オオジョロウグモの巣にいた、ミリ単位の小さい赤いクモ。
この子は、この巣に間借りしている。
イソウロウグモ
イソウロウグモ
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/160    F5.6   EV-0.3  フラッシュ



石垣島とか、八重山固有種が多い中、
北海道から八重山まで分布しているという蛾。
オオトモエ 
オオトモエ
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/160    F5.6   EV-0.3  フラッシュ


・・・
2015.07.25 Sat l 石垣島 l COM(0) TB(0) l top ▲
   …石垣島で出会ったトンボ達…

南国の蝶がいれば、南国のトンボも、もちろんいました。

オキナワチョウトンボ。
オキナワチョウトンボ 1507-02
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/4000    F6.3   EV-0.3 


撮りたかったトンボです。
だけど、もう少し低いところにとまって欲しかったな。
オキナワチョウトンボ 1507-01
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/250    F5.6   EV-0.3 



八重山諸島にのみ生息。
コフキショウジョウトンボ。  
コフキショウジョウトンボ 1507-01
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/640    F6.3   EV-0.3 



本来ならもっと南方系のトンボだと思いますが、
数年前から石垣島でも見るようになったとか。
アカスジベッコウトンボ
アカスジベッコウトンボ 1507-01
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/60    F6.3   EV-0.3 



大きさは、少しお腹の太いモノサシトンボぐらいに思えました。
石垣島と西表島にのみ生息しているそうです。
コナカハグロトンボ
コナカハグロトンボ 1507-01
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/30    F6.3   EV-0.3 


ミナミカワトンボというグループだそうです (小さくてもイトトンボじゃないんですね)
コナカハグロトンボ 1507-02
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/60    F6.3   EV-0.3 


この子は、お腹が赤くなっています。
成熟したオスは赤くなるようです。 
 (メスは真っ黒のお腹なので、撮った子は、みんなオスのようです)
コナカハグロトンボ 1507-03
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/50    F6.3   EV-0.3 


・・・
2015.07.23 Thu l 石垣島 l COM(0) TB(0) l top ▲
   …石垣島で出会った蝶 アゲハチョウの仲間…

石垣島で、一番最初にシャッターを切ったのがこのシーンでした。
カラスアゲハ八重山亜種 
ヤエヤマカラスアゲハ 1507-01
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/40    F6.3   EV-0.3 



ジャコウアゲハはたくさん見ましたが、帰ってから写真を整理していると、
このワンシーンしか撮っていませんでした。
ジャコウアゲハ八重山亜種
ジャコウアゲハ 1507-01
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/250    F5.6   EV-0.3 



南方系の蝶。 幼虫がウマノスズクサを食べると体が赤くなるのかな。
ベニモンアゲハ
ベニモンアゲハ 1507-01
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/800    F5.6   EV-0.3 


・・・
2015.07.22 Wed l 石垣島 l COM(0) TB(0) l top ▲
   …石垣島で出会った蝶 タテハチョウの仲間…

私の地元でいうところの、コミスジが舞っていた。
でも、石垣島のこの蝶は、
リュウキュウミスジ
リュウキュウミスジ 1507-01
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/50    F6.3   EV-0.3


リュウキュウミスジ 1507-02
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/500    F6.3   EV-0.3




   …石垣島で出会った蝶 タテハチョウの仲間  (ジャノメチョウ亜科)…

翅を広げている場面が最初の出会いでした。
マサキウラナミジャノメ
マサキウラナミジャノメ 1507-01
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/200    F5.6   EV-0.3


翅が閉じた姿を横から撮りました。
マサキウラナミジャノメは、比較的多数を目撃しました。
マサキウラナミジャノメ 1507-02
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/125    F5.6   EV-0.3


翔び方は、地元でもよく知っているジャノメチョウの仲間のように、
空中をピョンピョンと跳ねるように舞っていました。
マサキウラナミジャノメ 1507-03
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/160    F5.6   EV-0.3



ヤエヤマウラナミジャノメ
撮れたのはこの一枚、さざ波の繊細な翅模様が美しいと思います。
ヤエヤマウラナミジャノメ 1507-01
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/160    F5.6   EV-0.3


・・・
2015.07.21 Tue l 石垣島 l COM(0) TB(0) l top ▲
   …石垣島で出会った蝶 タテハチョウの仲間…

コノハチョウ登場
コノハチョウ 1507-01
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/160    F6.3   EV-0.3   フラッシュ


環境省レッドリスト‐準絶滅危惧(NT)に指定という蝶なので、
会えたらいいなと思っていましたが、意外とたくさん姿を見ることが出来ました。

枯れた木の葉の翅を持つ蝶。
コノハチョウ 1507-02
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/160    F6.3   EV-0.3 


木の幹にとまると、違和感なく風景の一部になるようです。
コノハチョウ 1507-03
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/125    F6.3   EV-0.3   フラッシュ


翅を広げると、南国を思わせる派手な色合いです。
コノハチョウ 1507-04
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/160    F6.3   EV-0.3   フラッシュ


コノハチョウ 1507-05
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/100    F6.3   EV-0.3


コノハチョウ 1507-06
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/125    F6.3   EV-0.3 


この一枚は、メス。
今まで葉の先で見つけたコノハチョウよりも、一回り大きかったです。
コノハチョウ 1507-07
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/125    F6.3   EV-0.3   フラッシュ


・・・
2015.07.20 Mon l 石垣島 l COM(0) TB(0) l top ▲
   …石垣島で出会った蝶 タテハチョウの仲間…

石垣島で蝶の散策。
林道の両脇は、南国の木々の森が広がっています。
撮影に集中していたら、あたりが急に暗くなって大粒の雨が降り出しました。
スコール
雨宿りが出来そうな枝を伸ばした木はたくさんあるから、木の下でしばしの休憩です。

数分で雨は上がって、今度はまぶしいほどの陽射しがそそぎ始めました。
そんなスコールが、ヤエヤマイチモンジにとって、何かのスイッチでしょうか。

雨宿りをしていた木の上で、またその周囲で、
ヤエヤマイチモンジの乱舞が始まりました。
ヤエヤマイチモンジ
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/80    F6.3   EV-0.3


ヤエヤマイチモンジ 1507-01
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/400    F5.6   EV-0.3


ヤエヤマイチモンジ 1507-02
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/60    F6.3   EV-0.3


ヤエヤマイチモンジ 1507-03
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/160    F6.3   EV-0.3  フラッシュ


ヤエヤマイチモンジのメスは、翅に3本線なのでミスジチョウのようです。
ヤエヤマイチモンジ 1507-04
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/640    F6.3   EV-0.3


ヤエヤマイチモンジ 1507-05
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/80    F6.3   EV-0.3


・・・
2015.07.19 Sun l 石垣島 l COM(2) TB(0) l top ▲
   …石垣島で出会った蝶 セセリチョウの仲間…

チャバネセセリ
石垣島で見る多くの蝶が初見ですが、
地元でも見たことがある蝶を見て、なんだか嬉しかったです。
チャバネセセリ 1507-01
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/100    F5.6   EV-0.3



コウトウシロシタセセリ
今回の撮影で、一つ撮りたい蝶と言われたら、この蝶と会いたかったです。
コウトウシロシタセセリ 1507-01
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/250    F5.6   EV-0.3


この蝶の飛翔は、翅の白い部分が目立って、
まるで、白い点が空中に線を描くように俊敏に翔ぶのですね。
コウトウシロシタセセリ 1507-02
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/60    F5.6   EV-0.3


撮りやすい位置にとまってくれたので助かりました。
コウトウシロシタセセリ 1507-03
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/80    F5.6   EV-0.3



タイワンアオバセセリ
とても大きいセセリチョウ蝶だったので、最初は「セセリチョウ」に思えませんでした。
タイワンアオバセセリ 1507-01
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/250    F6.3   EV-0.3


「アオバセセリ」の名前がついていますが翅は茶色です。
タイワンアオバセセリ 1507-02
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/320    F6.3   EV-0.3


このセセリ蝶の翅の部分だけで、ちょうどチャバネセセリぐらいのサイズがありそうでした。
タイワンアオバセセリ 1507-03
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/160    F6.3   EV-0.3


・・・
2015.07.18 Sat l 石垣島 l COM(0) TB(0) l top ▲
   …石垣島で出会った蝶 シジミチョウの仲間…

大きな蝶の舞う野の花の中で、小さな蝶達が花にいます。
多くの蝶達が私にとっては初めての蝶で、あこがれていた蝶達です。

アマミウラナミシジミ
シジミチョウの仲間の中では、一番目撃をした蝶です。
アマミウラナミシジミ 1507-01
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/320    F5.6   EV-0.3


ここでは、同じ花の上で2頭がお見合い。
アマミウラナミシジミ 1507-02
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/60    F6.3   EV-0.3


ここでは、たくさん集まって・・・合コン?
アマミウラナミシジミ 1507-03
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/640    F6.3   EV-0.3



イワカワシジミ
翅の尻尾は擦り切れてしまっています。
イワカワシジミ 1507-01
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/250    F5.6   EV-0.3


赤い翅、黒い翅、いろんな蝶を見ていますが、
イワカワシジミの「緑色の翅」は、他の蝶にはない特徴かもしれません。
イワカワシジミ 1507-02
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/400    F5.6   EV-0.3


ここでは、木漏れ日のスポット中で。
イワカワシジミ 1507-03
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/80    F5.6   EV-0.3



オジロシジミ
南国の派手な色使いの蝶達の中では比較的おとなしい感じです。
オジロシジミ 1507-01
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/100    F6.3   EV-0.3


でも、本土では会えない蝶。
オジロシジミ 1507-02
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/250    F6.3   EV-0.3


シジミチョウの眼は、ここ南国の地で見ても可愛らしいです。
オジロシジミ 1507-03
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/80    F6.3   EV-0.3



クロマダラソテツシジミ
数年前、関西地区で大発生があった蝶。
少し濃い翅色は、南国の地にあってこそ似合うと思います。
クロマダラソテツシジミ 1507-01
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/400    F6.3   EV-0.3



タイワンクロボシシジミ
すごく小さい蝶でした。 翅の黒星が印象に残るかわいい蝶です。 
タイワンクロボシシジミ 1507-01
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/160    F6.3   EV-0.3



ヤクシマルリシジミ
知多半島でも撮影をしたことがありますが、
こちらが本場のヤクルリですね。
ヤクシマルリシジミ 1507-01
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/250    F5.6   EV-0.3


・・・
2015.07.17 Fri l 石垣島 l COM(2) TB(0) l top ▲
   …石垣島で出会った蝶 シロチョウの仲間…

ナミエシロチョウ
なかなか、じっととまっていなくて、
撮ろうと思ったら、ファインダーから消えてしまうナミエシロチョウ。
ナミエシロチョウ 1507-01
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/640    F8.0   EV-0.3


白い蝶は、このナミエシロチョウか
次に紹介するカワカミシロチョウでした。
ナミエシロチョウ 1507-02
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/500    F6.3   EV-0.3


ナミエシロチョウのメス。
地面での給水はオスばかりではないようですね。
ナミエシロチョウ 1507-03
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/1600    F6.3   EV-0.3



カワカミシロチョウ
迷蝶として、毎年飛来はあるようです。
でも今年は、このカワカミシロチョウが十数年ぶりに集団飛来していると説明がありました。
それも、前回の集団飛来の比ではないほど多数の飛来のようです。
もう、あちこちでカワカミシロチョウでした。

翅の先がナミエシロチョウより尖っていること、そして純白の翅が特徴とのことです。
カワカミシロチョウ 1507-01
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/500    F6.3   EV-0.3


飛翔の瞬間。 たしかに純白です。
カワカミシロチョウ 1507-02
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/1000    F6.3   EV-0.3


そして、カワカミシロチョウのメス。
カワカミシロチョウ 1507-03
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/1000    F6.3   EV-0.3


翅の裏が黄色になるタイプは多いそうですが、翅の表も黄色になっているタイプは、
非常に少ないとのことで、とてもうれしい出会いとなりました。
カワカミシロチョウ 1507-04
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/1000    F6.3   EV-0.3



クロテンシロチョウ
なかなかとまらない蝶と聞きましたが、この花の周りで、
クロテンシロチョウ 1507-01
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/60    F5.6   EV-0.3


あっちの花、こっちの花と、シャッターチャンスをくれました。
クロテンシロチョウ 1507-02
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/60    F5.6   EV-0.3


・・・
2015.07.16 Thu l 石垣島 l COM(2) TB(0) l top ▲
あこがれの石垣島へ…

2か月前から、ホテルや飛行機を予約して、
さぁ、出発という時期に台風が3個も発生しまして。
こんなんで、フライトはできるのか、
せっかくの石垣島行はどうなるのかと心配しておりましたが。
7月11日、無事に石垣島に行ってきました。

到着した日は台風の影響が残って風が強かったり、
黒い雲が流れていたりの感じでしたが、
翌日の7月12日は、晴れ時々曇り&スコールで、撮影をしてきました。

今回、初めての石垣島蝶の撮影に際し、
『蝶館カビラ』様に撮影ガイドをしていだだきました。 →『蝶館カビラ』様HP
大変ありがとうございました。

   …石垣島で出会った蝶 マダラチョウの仲間…

スジグロカバマダラ
行く先で、この蝶が舞っています。
スジグロカバマダラ 1507-01
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/250    F5.6   EV-0.3


オレンジの翅の縁を彩る黒い帯に白いまだら模様は、
スジグロカバマダラ 1507-02
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/125    F5.6   EV-0.3


石垣の海岸で見たサンゴの欠片のように見えました。
スジグロカバマダラ 1507-03
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/200    F6.3   EV-0.3



リュウキュウアサギマダラ
リュウキュウアサギマダラ 1507-01
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/250    F5.6   EV-0.3


薄いブルーのグラデーションの翅。
リュウキュウアサギマダラ 1507-02
撮影  2015年7月12日  
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)   1/125   F4.0 


この蝶も、サンゴ礁の海の色を翅に映しているようです。
リュウキュウアサギマダラ 1507-03
撮影  2015年7月12日  
SONY α900 DSLR-A900
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/60    F6.7   EV-0.5



ツマムラサキマダラ
チョコレート色の翅の表は、深い海の色の濃いブルー。
ツマムラサキマダラ 1507-01
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/200    F6.3   EV-0.3


南国の蝶の美しい翅色に、眼を奪われるばかりです。
ツマムラサキマダラ 1507-02
撮影  2015年7月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/500    F6.3   EV-0.3



オオゴマダラ。
撮れたのはこの一枚だけですが。
ゆったりと、フワフワと舞いながら、私とすれ違いました。
オオゴマダラ 1507-01
撮影  2015年7月12日  
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)   1/125   F4.0  


・・・
2015.07.15 Wed l 石垣島 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。