上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
田植えが済んだ田んぼには、
背の低い苗が、お行儀よく整列しています。
田んぼに近づいて、張られた水をのぞき込むと、
いっせいに散り散りに逃げていく、たくさんのオタマジャクシ。
お尻を出して浮かんでいるのは、ゲンゴロウの仲間。
水面に落ちた虫に集まっているアメンボウ。

そして、小さな苗を登って、トンボの羽化が始まっていました。
トンボ 羽化
撮影  2016年6月4日
SONY α700  DSLR-A700
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/1000    F5.6   EV-0.5


お腹の先が太くなっているから、
オオアオイトトンボかもしれません。
オオアオイトトンボ 1606-01
撮影  2016年6月4日
SONY α700  DSLR-A700
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/750    F5.6   EV-0.5


ミドリシジミを探しながら、とった羽化シーン
トンボ 羽化 1606-01
撮影  2016年6月4日
SONY α700  DSLR-A700
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/1000    F5.6   EV-0.5


トンボ 羽化 1606-02
撮影  2016年6月4日
SONY α700  DSLR-A700
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/125    F6.7   EV-0.5


トンボ 羽化 1606-03
撮影  2016年6月4日
SONY α700  DSLR-A700
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/250    F6.7   EV-0.5


トンボ 羽化 1606-04
撮影  2016年6月4日
SONY α700  DSLR-A700
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/1000    F6.7   EV-0.5


稲を作る人の営みと共に、田んぼ取り巻く生き物たちの世界。
生き物たちの世界に間借りして、人は生かされているのかな。
スポンサーサイト
2016.06.13 Mon l 昆虫(トンボ) l COM(0) TB(0) l top ▲
今シーズンは、まだ撮り足りない気がしていて、
今週もミドリシジミに会いに行きました。

順光で翅が照らされると、まさに金属質です。
ミドリシジミ 1606-05
撮影  2016年6月11日
SONY α700  DSLR-A700
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/500    F6.7   EV-1.0


金緑の翅。
ミドリシジミ 1606-06
撮影  2016年6月11日
SONY α700  DSLR-A700
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/500    F6.7   EV-1.0


B型の翅模様も、輝きます。
ミドリシジミ 1606-07
撮影  2016年6月11日
SONY α700  DSLR-A700
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/250    F6.7   EV-1.0


日差しが強くなってくると、日影に入ってお休みです。
ミドリシジミ 1606-08
撮影  2016年6月11日
SONY α700  DSLR-A700
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/350    F6.7   EV-1.0


土曜日は、全国的にも暑かったようで、
朝に内は、姿を見せていたミドリシジミ達は、
10時を過ぎるころには、みんな日影に隠れてしまいました。
2016.06.12 Sun l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
6月4日(土曜日)
毎年のこの季節からしたら、
少し肌寒い朝でした。

天気予報では曇り。
ちょうど、
朝の陽が差し込むタイミングでは太陽は見えましたが。
その後は、雲に覆われて、晴れたり、曇ったりでした。
この気温の低さのせいか、
見つけたミドリシジミの数も少ないように感じました。

A型
ミドリシジミ 1606-01
撮影  2016年6月4日
SONY α700  DSLR-A700
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/250    F6.7   EV-1.0


B型
ミドリシジミ 1606-04
撮影  2016年6月4日
SONY α700  DSLR-A700
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/250    F6.7   EV-1.0


O型
ミドリシジミ 1606-02
撮影  2016年6月4日
SONY α700  DSLR-A700
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/250    F6.7   EV-1.0


AB型
ミドリシジミ 1606-03
撮影  2016年6月4日
SONY α700  DSLR-A700
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/250    F6.7   EV-1.0


葉の上に、ちょこんととまっているミドリシジミ。
なかなか翅を開かないから、
他の葉っぱにもいないかと、周囲の下草を探して回ります。

そしてまた、さっき見つけたミドリシジミの場所に戻ってくると、
いつのまにか翅を開いていました。

2016.06.06 Mon l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
ミドリシジミのポイントには、
毎年、ヤナギハナガサ(三尺バーベナ)が
咲く場所があります。

この花は蝶が良く来るので、
ミドリシジミを撮影をしながら気にしていると、
アゲハチョウが立ち寄っていました。
アゲハチョウ 1605-01
撮影  2016年5月29日
SONY α700  DSLR-A700
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO   1/500    F6.7   EV-1.0


ひとしきり、花に舞い。
派手な翅をひるがえらせて、
また、大空の中に翔んで行きました。
2016.06.01 Wed l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。