上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
太陽が少し高い位置に昇り、
暗かった林の中の散策道に陽射しが降り注ぐ頃。
どこに隠れていたのか、ミドリシジミが、ちらほらと舞い始めた。

一頭が下草にとまる。
カメラを俯瞰で構えて蝶の眼にピントを合わせる。
ミドリシジミ 0906-08
撮影  2009年6月8日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/125  F6.7 


これで翅が開けば、
真上から翅の色を見ることが出来るかもしれない。
そんな期待を込めながら(祈りながら)、翅が開くのを待つ。

待つ...待つ...    (想いは届かず翔び去ってしまうことが多いけど ... )

その瞬間は、突然やってきた。
開いた翅に見えたゼフィルスグリーン。
ミドリシジミ 0906-09
撮影  2009年6月8日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/125  F6.7 


しばらく、ポーズを決めていた彼は、
不意に翔び立って。
高く、梢の上に消えて行った。

2009.06.10 Wed l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://aoikazeninoru.blog25.fc2.com/tb.php/287-ab79ba24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。