上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
紅小灰蝶 (ベニシジミ)

草むらで一番出会っているベニシジミの紹介です。
ベニシジミ 0906-01
撮影  2009年6月12日 
SONY α900 DSLR-A900
SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE  1/750  F11.0  EV+1.0 


見かける機会が多くあるので、撮らずに見送ることもあるのですが。
カメラで、その翅色に近づくと、
赤い翅に模様を散りばめた姿がファインダーに広がります。
ベニシジミ 0906-02
撮影  2009年6月8日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/200  F6.7 


この蝶を見ると。
幼い頃に、虫取りをしていた草むらの記憶を思い出します。
ベニシジミ 0906-03
撮影  2009年6月12日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/750  F8.0  EV+0.5 


いまだに、その虫取り(虫撮り)から離れられないようですが ...(^_^;)

2009.06.20 Sat l 昆虫(蝶) l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

Excellent!
FISHEYE、決めちゃいましたね!実に素晴らしい!!

 丁度良い具合に太陽のまわりに雲があってくれたおかげで蝶の姿がわずかに浮かび出ています、きっと雲ひとつない快晴だったらこうは行かなかったのでしょうね。

 緑いっぱいの草原とヒメジオン&ベニシジミ、どれか一つくらいなくても十分絵になりそうなのに皆揃ってしまっている恐ろしい写真です。
「あっぱれ!」差し上げます!

大伸ばしして飾っておきたいな!!

2009.06.21 Sun l 玄太. URL l 編集
玄太さんへ
ありがとうございます。
FISHEYEを使って、撮りたかった構図です。
結構、近づいていますから、
カメラの背面液晶が可動式の方であれば、
ノーファインダーになって、撮りやすいかもしれません。

逆光構図が多くなりますから、
レフとか、フラッシュを射したほうが、
もっと、被写体が浮かび上がるかなと思いながらも、
レフ板を持って野山を歩くのも、
問題ありそうだなと考えています(^^;;
(α900には、内臓フラッシュが無いのですよ)
2009.06.22 Mon l na-gi. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://aoikazeninoru.blog25.fc2.com/tb.php/298-ddb20253
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。