上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
母のお兄さんにあたる人。
母の故郷である鳥取の家を継いでいる。
つい数ヶ月前のお盆休みに遊びに行った時、
娘達を、とっても可愛がってくれた。

毎年、冬になると。
猟で捕れたといって、イノシシの肉を送ってくれた。

動物が好きで、
入院中に、窓際に寄って来たハトを餌付けして、
看護婦さんに怒られたそうだ。

そんな叔父が、
12月4日夕刻、他界した。

慌てる母親を連れて鳥取まで行ってきた。


眠っているような穏やかな顔で、
床に横たわる叔父がいた。

享年70歳。

2009.12.08 Tue l 家のこと l COM(6) TB(0) l top ▲

コメント

お悔やみ申し上げます。
70歳ですか・・・
若すぎますね。
さぞかし na-giさんのお母さまにとって
お辛い時でしょう。
力になってあげて下さいね。
2009.12.09 Wed l アビー. URL l 編集
アビーさんへ
他界したのが、金曜日。
入院したことは連絡があったので、
次の週の月曜日には行く予定で、
新幹線の切符とか、取っていた母親でした。

鳥取と愛知県
土地は離れていましたが、
兄妹という関係は、いつでもつながっているのでしょうね。
そんなことを思いました。



2009.12.11 Fri l na-gi. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.12.12 Sat l . l 編集
ベニマシコさんへ
ありがとうございます。

風邪をこじらせてしまったのですね。
お体、ご自愛くださいませ。

入院したという話は聞いていたのですが、急なことでした。
鳥取と愛知で離れてはおりましたが、
母も寂しくなると思います。

実家は、そこの長男が継いでいるので、
時々は遊びに行こうと思います。
2009.12.13 Sun l na-gi. URL l 編集
遅ればせながら・・。
私からもお悔やみ申し上げます。親兄弟の死別というのは、もの凄い喪失感があります。私も今年の10月に叔母(母親の姉)の葬儀に行って参りました。まあ、私の母の姉ですので、85歳の天寿でしたので、大とはいかないまでも立派な『往生』だと思いますが。
ただ、私の母親にしてみれば、両親も亡くなり、兄(私の叔父)も10何年も前に亡くなり、連れ合いだった親父も6年前に亡くし、最後の姉妹だった姉を今回亡くして『一人になってしまった』とポツリと言っておりました。私たちにしてみれば、息子達が居るじゃないか。とも思うのですが、自分の子供時代から思い出・時間を共有してきた身近な者を失った事からくる寂寞とした思いなのだと感じました。na-giさんもそんなお母さんのケアをしてあげて下さい。中々気持ちの穴というものを埋めるのは大変だと思いますが、これも家族でなければできない事だと思います。

長々とすみません。
2009.12.14 Mon l んがおダンナ. URL l 編集
んがおダンナさんへ
温かいお言葉をありがとうございます。
つい、今年のお盆のときに遊びに行っていたのにと思うと、
寂しさがつのる道行となりました。
母は、na-giが感じている以上の空白感を
感じているのかもしれません。
母の兄妹としては、一番上の兄が、まだ健在なのですが。
真ん中の兄の他界に際し、
一番上の兄は、終始泣いておりました。

na-giは、母の子としての時間しか知りませんから、
母が幼い頃に兄妹で過ごした時間というのは、
末娘として、野山に遊んだ日々の思い出なのでしょうね。
na-giには知りえないことです。

んがおダンナさんからの言葉を大切にいただきます。


2009.12.14 Mon l na-gi. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://aoikazeninoru.blog25.fc2.com/tb.php/385-57f68072
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。