上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
死者、行方不明者あわせて、1万人を超える数字が発表された。

木材の残骸が広がる風景が、テレビの画面に映される。
かろうじて、鉄筋とわずかな壁が残った建物にカメラが寄る。
4階部分の窓ガラスが割れ、木片が突き刺さっていた。
どんな規模の津波が街を襲ったというのだろう。


最初に見た原子力発電所の映像は、
立方体が美しく並ぶ発電所の姿だった。
それが今は、ぼろぼろになり、煙を噴き、傾き
無残な姿に変わり果てていた。

放射能レベルが高いという報道を聞く。
でも、その中で、画面には映っていないが、
必死になって、最悪の事態を食い止めようと
作業を続けている人たちがいるんだと思う。

震災から6日が経過した。


あきらめていない人たちが、
生存者を探して、瓦礫と化した街を歩く。

あきらめていない人たちが、
核分裂の暴走を食い止めようと必死になっている。


・・・なんか、 
 電力会社の記者会見がはっきりしないとか。
 震災に対する政府の対応が悪いとか。
 ニュース番組で報道されていたけど。

そんな中でも、
あきらめない人が、きっと今のこの時間でも、作業をつづけているんだと思う。
2011.03.17 Thu l 仕事のこと l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://aoikazeninoru.blog25.fc2.com/tb.php/563-8a287af5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。