上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
サトキマダラヒカゲの細密な翅の模様は、木の肌に良く似ています。
彼らにとっては迷彩服なのかもしれません。
木の肌にとまると、背景に溶け込んでしまいます。
サトキマダラヒカゲ 1105-01
撮影  2011年5月22日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/30  F6.7



真横から狙ってみても、やっぱり木の肌とそっくりです。
サトキマダラヒカゲ 1105-02
撮影  2011年5月22日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/60  F6.7  EV-0.5



今シーズン、まだ姿を見せていなかったサトキマダラヒカゲが、
今週の公園では、あちらの樹液場で、こちらの枝先でと、
たくさん見かけたのでした。
蝶が発生するタイミングというのは、申し合わせているかのように、
同じ種類が、いっせいに出てくる感じがします。

2011.05.24 Tue l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://aoikazeninoru.blog25.fc2.com/tb.php/612-b934e1cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。