上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
晴れ間は虫たちにもうれしいのでしょう。
先週の豪雨では、
雨宿りする樹や草でさえ、大粒の雨に打たれていたのですから。

公園についた時間。
太陽は、まだ雲の中でした。
でも、少し散策している間に、まぶしいほどの陽射が公園の木々や、草を照らしたのでした。
すると、
あちらこちらで、蝶が舞い始めます。

クサギの白い花は、雨に打たれて最盛期が過ぎてしまいましたが。
咲き残る花の甘い香りに誘われて、久しぶりに蝶達は翅を伸ばしているようです。
 ・・・ナガサキアゲハ
ナガサキアゲハ
撮影  2008年8月31日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/250  F6.7 


そして、初秋に咲く野の花 「ヤブガラシ」(別名:ビンボウカズラ)
ありがたくない名前をいただいている花ですが。
この花は、アゲハチョウ類が好んで集まる花なのです。
     (試しに花を摘んで舐めてみると、なるほど甘みを感じました)
近くでカメラを構えている人間のことなんか気にもせず、
目の前で吸蜜するカラスアゲハです。
カラスアゲハ 004
撮影  2008年8月31日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/350  F6.7  EV+0.5


アオスジアゲハも、この花が好きなようです。
アオスジアゲハ
撮影  2008年8月31日 
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/500  F6.7 


花の名前がどうであれ、
蝶達にとって、命をつなぐ蜜であることに、変わりはないのです。

2008.09.01 Mon l 昆虫(蝶) l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

No title
久しぶりの撮影会
na-giさんがカメラ片手にニコニコしながら公園へ向かう、そんな姿が目に浮かびました。

カラスアゲハはいつもながら眩しいほど綺麗なのですが、私はやっぱり憧れのアオスジアゲハのエメラルドグリーンの翅に魅せられてしまいます

良いか悪いか、地球温暖化なので私のところでもいつか本物見る事出来たらいいのにな!

ふと気が付いたのですがアオスジアゲハって意外と小さいですか?
2008.09.02 Tue l 玄太. URL l 編集
玄太さんへ
カラスアゲハと比べると、たしかに小さいですよ。
アオスジアゲハは、
アゲハの仲間のなかでは、小さい部類だと思います。

温暖化で北上しており。
とうとう、青森でも目撃されたようですから、
玄太さんの所で見つけられるのも、
時間のもんだいかもしれませんね。

na-giのところでは、
同様に温暖化で北上してきた「ナガサキアゲハ」を、
通常に見かけるようになりました。
2008.09.02 Tue l na-gi. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://aoikazeninoru.blog25.fc2.com/tb.php/63-4609b93f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。