上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ウラゴマダラシジミが蛹で引っ付いているイボタの木の周りを、
未練がましく何度も確認して、羽化している蝶がいるかもしれないと探しますが、
やっぱりいないようです。

そんなことをしていると、
イボタの木のすぐ近く、枯れた木の幹に、なにやら虫の気配。

カタモンオオキノコムシ
カタモンオオキノコムシ
撮影  2012年5月19日 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  1/200  F2.8


ぱっと見は、木の肌についたコケか地衣類という雰囲気だったので、
こんなにかたまって虫がいるとは気がつきませんでした。

ヒメオビオオキノコムシ
 (カタモンオオキノコムシに中に、斑紋違いの少し大きいキノコムシがいます)ヒメオビオオキノコムシ
撮影  2012年5月19日 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  1/90  F2.8


・・・
2012.05.24 Thu l 昆虫(その他) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://aoikazeninoru.blog25.fc2.com/tb.php/681-56a839a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。