上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
日本最小。
世界でも、最小クラスのトンボ。

体長:2cm (ちなみに、1円玉の直径が2cm)
湿地のような限られた環境でしか生息できない小さな命。
ハッチョウトンボ オス
撮影  2012年6月30日 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  1/1500  F4.0  EV-0.5


ハッチョウトンボ
撮影  2012年6月30日 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  1/1000  F4.0  EV-0.5


最初、湿原の木道を一周して、
「やっぱり、簡単には見つけられないなぁ~」と思ったのです。
二周目は、日当たりのいい場所で、じっくり湿原の葉っぱを観察していました。

葉っぱの先の、唐辛子 見っけ!

一匹が見つかると、目が慣れて来るので、
あっちにも、こっちにも、そっちにも…
思っていた以上に、たくさんのハッチョウトンボを見つけました。
ハッチョウトンボ メス
撮影  2012年6月30日 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  1/1500  F4.0  EV-0.5


ハッチョウトンボ -メス
撮影  2012年6月30日 
SONY α900 DSLR-A900
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09)  1/1000  F4.0  EV-0.5


「ギフチョウ」を探しに来たときは、
駐車場に停められない車があるほどに、たくさんの人が来ていたのですが。
この日、駐車場には私の車が一台だけ(帰りには、私を含め車は2台)
撮影中に、だれもこの場所には来なかったので、
木道に腹ばいになり、ロープの隙間から顔を出し。
ガンバッテ(踏ん張って)撮ってきました。
2012.07.02 Mon l 昆虫(トンボ) l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

ホント 小さなトンボでした!
『唐辛子』と『アブ』 みたいなトンボでしたね。

天伯湿原は 湿原保護のため
木道入れず 幕が張ってあって
外から 幕越しに 体乗り出して撮ったり
ロープ下から 顔出して撮りました
殆ど 怪しい人でしたよ (汗

広角気味のショット良いですね。

ミカド・ミドリツァー 楽しそう!!
2012.07.02 Mon l アビー. URL l 編集
アビーさんへ
いつもありがとう

ロープ下から顔を出すのは、
na-giもやってきました(^^
そのロープ近くに、彼らが来てくれるのを、
(いつもの)お願いベースで、
来て来てコールをしておりました。
運の良いことに、土曜日であるのに、
他に来訪者が、全然いなくて、湿原を独り占め
してしまいましたよ。

今回は、広角ショットを記事にしましたが、
次回、望遠で寄った写真を載せたいと思います。
また、(優しい目)で見てくださいませ。

ミカド・ミドリツアー、ちょっと蝶達にお願いしてきますね~(^^



2012.07.02 Mon l na-gi. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://aoikazeninoru.blog25.fc2.com/tb.php/716-759e8d4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。