上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
夏型のホソオチョウは、
翅の尻尾(尾錠突起)が、春型に比べて長いとのことなので。
「夏のホソオチョウ」を探しに行ってきました。

(先回)2011年5月9日に撮った姿(メス)
ホソオチョウ メス
撮影  2011年5月9日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/750  F6.7


(今回)2012年7月28日の姿 (メス)
ホソオチョウ メス 2012
撮影  2012年7月28日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1250  F6.3


発生地の揖斐川堤防に着いたら、
早速、翔んでいる姿がありました。
紙切れが舞っているようにも見えます、
翔んでいるのは全部オスのようです。

この蝶(特にオス)は、全然とまりません。
情報としては知っていましたが、撮影をしていた3時間ほどの間、
とまった姿は、1回しかありませんでした。
(メスは、少し翔んで、すぐにとまってくれました)

(先回)2011年5月9日 オス
ホソオチョウ オス
撮影  2011年5月9日
KONIKA MINOLTA α-7DIGITAL 
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/750  F6.7


(今回)オス 繁殖行動シーン。 唯一、オスがとまってくれた瞬間。
ホソオチョウ オス 2012
撮影  2012年7月28日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/1600  F6.3



…たしかに、春型に比べて夏型は尻尾が長いです(模様も微妙に違うようです)


炎天下の堤防沿いの野原。
照りつける太陽、地面からの熱気、
熱中症にならないように気をつけなきゃ。
2012.08.01 Wed l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://aoikazeninoru.blog25.fc2.com/tb.php/733-ddf7a938
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。