上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ウラギンシジミ
ウラギンシジミ 1310-01
撮影  2013年10月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/500  F6.3  EV-0.3


翅の裏は名前の通り『銀色』。
いいえ、銀色と言うよりも白っぽく見えるのだけど。
ウラギンシジミ 1310-02
撮影  2013年10月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/50  F6.3  EV-0.3


でも、『白』とも少し違うと思うのです。
ウラギンシジミ 1310-03
撮影  2013年10月12日
SONY α200  DSLR-A200
SIGMA 400mmF5.6 APO TELE MACRO  1/500  F6.3  EV-0.3


『白銀』という文字が一番イメージに合っているように感じます。

裏銀小灰蝶(ウラギンシジミ)。
秋の公園、行く先々で姿を見つけました。
2013.10.13 Sun l 昆虫(蝶) l COM(4) TB(0) l top ▲

コメント

秋の蝶?
おはようございます。na-giさん
天高く馬肥ゆる秋。嘘です。ka-koさんち肥える秋です。
昨日までの暑さが嘘のように肌寒い朝。遠くで運動会のざわめきが
「ウラギンシジミ」て秋の蝶だったんですね。
?春先に岡崎のあの場所で見かけた様な。。
写真見て思ったんですが春に見たものより翅のいろが鮮やかです。
蝶。季節によって色合いが違うものが結構いるんですね。
いろんな方のブログ見させて頂いて解りました。
地域や気候によっても違う。
蝶の世界も奥が深いですね。
次は、何をアップされてるか楽しみにしてます
2013.10.13 Sun l kao. URL l 編集
ka-koさんへ
ウラギンシジミ
秋に目撃が多くなります。
成虫で越冬するので、
秋の陽の中で、キラキラと
翅を輝かせて舞うので、余計に目が行って
しまうのかもしれません。

TBSの番組。
今日、見ました。
水あふれる島、緑萌ゆる島、
生命が豊かな島ですね。
自然の中で、人が生かされているというのを、
強く感じました。
2013.10.13 Sun l na-gi. URL l 編集
雨の島
TV見て頂いて有難うございます。いかに屋久島が雨が多く、それゆえの自然が形成されている事が解る様な番組でした。
もう少し苔むした渓谷の姿、屋久島固有の植物に触れて欲しかった。
na-giさんに一度行って欲しい場所なので

屋久杉の原生林や屋久島固有のラン、シャクナゲなどは、父親の仕事の関係で身近にありました。
シャクナゲは、山から盗掘して里に持ってきてもあの鮮やかな色の花は、咲いてくれません。不思議な花です
本当東洋のガラパゴスかもしれません
見て下さって有り難うございました
2013.10.14 Mon l ka-ko. URL l 編集
ka-koさんへ
屋久島は、
たくさんの滝もあるのですね。
でも、人が簡単には近づけないような場所でした。

屋久島は、そのまま屋久杉が有名ですが、
屋久島がある環境を考えると、
杉ばかりではなく、ひとつひとつの植物でさえ、
固有種なのですね。

いつか行きたいと思っています。
2013.10.14 Mon l na-gi. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://aoikazeninoru.blog25.fc2.com/tb.php/799-279a23a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。