上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
陽が昇って、まだ間もない時間。
吐く息は白く漂います。

足元の草には、朝露がびっしりと降りていて、
早起きな鳥たちの声が、聞こえるだけの空き地でした。

そんな寒い夜を、一晩中葉っぱの先で過ごしていたのかな、
陽射しが差し込んでくる時間まで、あともう少しですよ。

ヤマトシジミ
ヤマトシジミ 1311-03
撮影  2013年11月24日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/1000  F3.5   


陽が差して、肌に触れる太陽の光から暖かさが伝わります。
朝露で濡れた草も、目を覚ます頃でしょう。
小さな蝶も目を覚ましたようです。
ヤマトシジミ 1311-04
撮影  2013年11月24日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/1000  F2.8   


夏の威勢のいい花たちの姿が消えたせいか、
タンポポの一輪が、とても目立ちます。
だから、そんな花には蝶が来るのでしょう。

ウラナミシジミ
ウラナミシジミ 1311-03
撮影  2013年11月24日 
SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF100mmF2.8 MACRO  1/2000  F3.5   


11月の後半。
朝晩は冷え込むようになりました。
でも、小さな蝶たちは、まだこの場所に翔んでいました。
2013.11.25 Mon l 昆虫(蝶) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://aoikazeninoru.blog25.fc2.com/tb.php/820-57b5797a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。