上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
6月26日は休みでした。

それで、25日の深夜から、バス釣りに行ってきました。
先回、40UPを獲っている池を攻めます。

先回と同じように、水草の脇にキャスト。
デッドスローで、ゆっくり、ゆっくりルアー(グラブ)を巻いてきます。
だけど、このパターンでは反応がありません。
1時間近くアタリが無いと、
今日はダメか、別の池に行こうかなと考え出したりします。

キャストして、
狙いたいポイントを、グラブが通過して、
 (アタリが無い状態が続いていたので、集中力も欠けてきていました)
ルアーを回収しようと、リールを早く巻いて、
グラブが水面に引き波を立て手前に寄ってきたとき。

目の前で、ボコッン!!
という捕食音とともに、水しぶきが上がりました。
ひったくるように走るラインに合わせて上がってきたのは。
40cm
20140626 知多BASS 40㎝

今日は、このパターンかと思って。
いままで攻めてきたポイントを、グラブの表層引きで、もう一度チェックします。
が…何も、反応なし。


ふと、池全体を見渡して。
投げていない箇所は、池の真ん中=水草のど真ん中かなと思い、
グラブのしっぽを切って、「イモ」にして投げます。

1投目、2投目。
水草の引っかかりを感じながら、モソモソと引いていると、竿が重くなりました。
…早々に、水草に引っかけたかな。

ゆっくり竿をあおると、やっぱり重い。
でも、根掛りのような重量感に先に、何かが竿を引き込むのを感じました。

ん!?

そこで、竿を強くあおると。
バシャ!!
水面を割ったのは、魚の暴れる音でした。

それ以降は、水草のまっただ中でのファイトです。
一発暴れてから水草の中に突っ込まれたようで、
魚の引きというよりも、根掛かりのような重量感だけ、
ラインを切らないように少しずつ寄せますが、動かない…

いや、少し寄せられるけど、また動かない。
そんなやり取りをしながら、
やっと、手前まで寄せて来て、水草の重量感がなくなって、
何度かジャンプしながらも、出てきたのは、
44㎝
20140626 知多BASS 44㎝

その後、同じように水草の中を狙いますが、それ以降は何も反応なしでした。


いつのまにか、夜の暗さが霞んで夜明けの気配です。
少し空が明るくなり始めました。 ここで、今日まだ投げていない所は、
あの木の下。
池に張り出してかぶさるようにして立つ木の下は、暗闇では投げきれませんでした。
ちょうど減水しているため、水面と枝との隙間も空いています。

低い弾道で、グラブをキャストすると、
枝の下に吸い込まれて、木の根元、減水で露出している向うの地面に着地しました。
リールを巻くと、小さな着水音がして、かすかな波紋が岸際に立ちます。
そのまま、ゆっくりとリールを巻くと…巻くと…

クンッ! と竿先が入りました。

来た!!
37cm
20140626 知多BASS 37㎝


一つの池で夜明けまで竿を振り続けて3本。 楽しい時間をありがとうでした。
2014.06.29 Sun l 釣りのこと l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://aoikazeninoru.blog25.fc2.com/tb.php/894-9fbb0da9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。